第15回 ビジネスプランコンテストに見る、起業に必要な要素とは|あきない・えーどのなかのひと|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

ビジネスプランコンテストに見る、起業に必要な要素とは

  • スタートアッパービジネスコンテストとは
  • 事業と経営者に必要な要素とは
  • さっそく第3回の募集が始まっています

みなさん、こんにちは。大阪産業創造館 経営相談室の岡島です。

先日の7/18、第2回大阪起業家スタートアッパービジネスプランコンテストが開催されました。当日は、来場者による投票も行われるため、私も応援に行ってきました。

ビジネスプランコンテストに見る起業に必要な要素とは

本日はその時に感じたことをお伝えしたいと思います。

スタートアッパービジネスコンテストとは

まず最初に受賞までの大きな流れとしてはこのようになります。

創業支援機関(推薦機関)実施のプログラムへの参加

推薦期間による選抜・推薦

1次審査(書類審査)

2次審査(プレゼンテーション審査)

受賞者決定

受賞者3名は以下の支援策が利用できます。

  • 補助金(100万円/年を上限、補助率1/2):3年間
  • 起業経験者等によるハンズオン支援:2年間

ご覧のように2次審査に出場するだけでも、いくつかの段階をクリアしなくてはいけません。これらをクリアした、7名の起業家のみが最終選考のプレゼンテーションに臨めます。200名近く収容できる会場で、プレゼンテーションするのですが、見ているこちらにまで伝わってくるような熱気と緊張感がありました。

厳しい選考をクリアした起業家だけあって、みなさん素晴らしいプレゼンテーションでした。

事業と経営者に必要な要素とは

今回のように厳しい選考をクリアした起業家の共通項は何かを考えてみました。大きくは、事業面と経営者自身の要素があると思います。事業面では次の3つの要素です。

  • 社会性
  • 継続性
  • 収益性

事業は社会に認められなくては存在できません。折角の善い事業も一過性では価値が下がります。継続するためには、収益が必要になります。これらをバランスよく併せ持つことが必要です。

更に経営者の要素です。

  • 強い熱意
  • 明確な目的
  • 行動力

いくらすばらしいビジネスモデルを構築しても、結局はそれを実行する経営者に期待感を感じなければ協力は得られません。そのためにも、強い熱意と明確な目的は必須ともいえます。更に、今回の参加者のように行動に移すことで前に進んでいきます。

これらの要素を持っている今回の最終選考に残った起業家の皆さんなら、きっと成功への道が拓けると感じました。

さっそく第3回の募集が始まっています

ところで、スタートアッパービジネスコンテストですが、さっそく第3回の募集が始まっています(締切:2014年9月30日(火)17時必着)ので、起業を目指すみなさまも、これらの要素を意識して是非ともチャレンジしてください。

経営相談室 スタッフコンサルタント 岡島が担当しました。

▼岡島 卓也(オカジマ タクヤ)のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 岡島 卓也(オカジマ タクヤ)のプロフィール

(2014年8月20日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)