第276回 メリットの多い電子申告。青色申告の特別控除額にも影響が。|あきない・えーどのなかのひと|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メリットの多い電子申告。青色申告の特別控除額にも影響が。

  • 確定申告書の提出方法
  • 電子申告のメリット
  • 青色申告特別控除額が変わります

確定申告書の提出方法

みなさん、こんにちは。
大阪産業創造館 経営相談室の岡島です。

前回は確定申告の選択肢についてお伝えさせて頂きました。

電子申告をお勧めします

今回は引き続き、申告の方法について
お伝えさせて頂きます。

従来の申告書の提出方法は、3通りあります。

  1. 住所地等の所轄税務署の受付に持参する
  2. 郵便または信書便により、住所地等の所轄税務署に送付する
  3. e-TAXにより電子申告する

※国税庁 申告書の提出方法
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki/2018/a/02/2_03.htm

①の提出方法のように、所轄税務署に持ち込んだことがある方はご存知と思いますが、
申告期間の税務署はとても混み合います。

電子申告のメリット

そこで、お勧めなのが、③のe‐TAXによる電子申告です。

メリットはいくつかあります。

  • 自宅から24時間ネットで申告できる
  • 添付書類の提出省略
  • 還付がスピーディー

※国税庁 国税電子申告・納税システム(e-Tax)をご利用ください
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/campaign/h29/Dec/04.htm

電子申告というと、難しそうなイメージがありますが、2019年1月より、簡便化されました。

2018年までは、マイナンバーカードの取得が必須でしたが、2019年1月から簡便化により、事前に税務署で本人確認することでID・パスワードが発行されて、それにより電子申告が可能になりました。

そのため、従来の「マイナンバーカード方式」に加えて「ID・パスワード方式」を選べるようになりました。

※e-Tax利用の簡便化の概要について
http://www.e-tax.nta.go.jp/kanbenka/index.htm

青色申告特別控除額が変わります

更に、2020年分の所得税確定申告から、
青色申告特別控除額が、65万円から55万円に変わります。
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/h32_kojogaku_change.pdf

但し、電子申告又は電子帳簿保存を行うと引き続き65万円の青色申告特別控除が受けられます。

電子申告に取り組んではいかがでしょう。

経営相談室 スタッフコンサルタント 岡島 が担当しました。

▼岡島 卓也(オカジマ タクヤ)のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 岡島 卓也(オカジマ タクヤ)のプロフィール

(2020年3月4日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)