中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

中小企業の人材採用の現状

  • 社員の定着が悪いとどうなるか?
  • ある企業の採用戦略
  • 経営相談室の専門家との相談(無料)

社員の定着が悪いとどうなるか?

最近、中小企業から人材の件でよく相談を受けます。
先日、ある小規模企業の社長から、「なかなか人が定着しない」と相談がありました。

ヒトの問題は永遠の課題です!

その会社では、「ハローワークで求人→入社した人に仕事を教える→入社した人がすぐ辞めてしまう→また求人→入社した人に仕事を教える→・・・・」をずっと繰り返す、極めて非効率な状況に陥っており、社長はほとほと疲れているようでした。

ある企業の採用戦略

別の中小企業の社長からは、「今や日本全体が人手不足のため、中途採用で即戦力を求めてハローワークや民間の人材紹介を活用しても、欲しい人材は中小企業になかなか応募してくれない」といったことを聞きました。

今、その会社は、新卒採用に力を入れ、また中途採用については労働者市場から人を引っ張ってくるのではなく、社員に知り合いを引っ張ってきてもらうことに力を入れており、少しずつ社員が増え、それに伴って売上も増えています

 

経営相談室の専門家との相談(無料)

社員が定着しない原因は様々なことが絡み合っているため、どうすれば社員が定着するかを簡単に答えることはできません。

しかし一方で、縁があって入社してくれた人をうまく育てて使わなければ、会社は成長しません。ヒトという経営資源は使い方や育て方一つで価値が大きくも小さくもなるものです。

経営相談室には労務・人事・組織の専門家が多数登録していますので、一度、相談(無料)してみてはいかがでしょうか。

経営相談室 スタッフコンサルタント 泉 仁史 が担当しました。

▼泉 仁史( イズミ ヒトシ )のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 泉 仁史( イズミ ヒトシ )のプロフィール

(2018年2月14日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)