第149回 クリエイターとして独立できる人の共通点|あきない・えーどのなかのひと|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

クリエイターとして独立できる人の共通点

  • 立志庵のクリエイターたち
  • クリエイターはアーティストではない!
  • クリエイターがクライアントに選ばれるには

立志庵のクリエイターたち

創業をめざす人を支援するため、大阪産業創造館には立志庵という創業準備オフィスがあります。

立志庵をつうじて知り合った方に、マンガを使って広告用の動画やチラシを制作する方や、ウェブデザイナーなど、いわゆるクリエイターと呼ばれるフリーランスが何人かいます。

顧客の思いを形にするのがクリエイターです!

最近この人たちと話をして、独立してやっていけるクリエイターについて考えました。

クリエイターはアーティストではない!

プロのクリエイターは「自分はアーティストではない」ということを認識して業務を行っています。

アーティストとクリエイターの違いを一言で言うと、自分の思いを形にするのがアーティスト、クライアントの思いを形にするのがクリエイターということです。

つまり、クリエイターの仕事は、自分をなくしてクライアントの要望を徹底的に追求することであり、自分の個性を発揮して作品を生み出すことではないのです。

 

クリエイターがクライアントに選ばれるには

それではクリエイターはどうやって他のクリエイターとの違いを打ち出していけばいいのでしょうか?

クリエイターの仕事は「自分をなくすこと」である一方、やはりゼロから何かを生み出す場合、他人とまったく同じものを生み出すことはできません。生み出したものにはクリエイターの個性がおのずとにじみ出てしまうものであり、同じ人から生み出されたものにはどこか共通する味わいがあるものです。

その味わいこそがその人のオンリーワンの強みであり、クライアントに選ばれる理由になるのです。

したがって、創業間もないクリエイターは、どんな小さな仕事であってもまずは実績を作らなければならず、その実績が次の仕事につながっていくものなのです。

経営相談室 スタッフコンサルタント 泉 が担当しました。

▼泉 仁史( イズミ ヒトシ )のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 泉 仁史( イズミ ヒトシ )のプロフィール

(2017年8月23日公開)

まずはスタッフコンサルタントにお電話ください。

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)