若手後継者・経営者必見!なにわあきんど塾|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)|第268回 あきない・えーどのなかのひと

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

若手後継者・経営者必見!なにわあきんど塾

  • 若手後継者・経営者のためのカリキュラム
  • 学びの集大成!中期経営計画書
  • 学び場を通じて得られる貴重な仲間

若手後継者・経営者のためのカリキュラム

みなさん、新年あけましておめでとうございます。経営相談室の東です。
今年は子年。十二支の最初の年、令和になって初めての元旦も重なり、新たなスタートの年となりそうです。

1年間じっくり自分と会社に向き合いませんか?

さて、話は変わりますが、産創館では、次代の大阪を担う若手後継者・経営者のための塾「なにわあきんど塾」を毎年運営しております。

なにわあきんど塾
https://www.sansokan.jp/akindo/

私も7年前から事務局として、塾生のみなさまのサポートをさせていただいており、現在、35期生の募集を行っています。

対象者は、30~40代を中心に、
・社長に就任して10年程度以内の後継社長
・創業して3~10年程度以内の起業家
・承継予定の会社に入社後2年以上経過している後継者
となっています。

学びの集大成!中期経営計画書

カリキュラムはなんと1年間!

前半は、後継者・経営者としてどうあるべきかを考えます。
そのうえで、創業時から今に至るまでの会社の状況を時間をかけて分析します。

後半は現状分析をもとに、将来に時間軸を移して、今後自社はどこを目指すべきかという3~5年後の中期経営ビジョンを描き、また、そのために何をすべきかを計画書にまとめていただいています。

ほぼ毎週木曜日というハードスケジュールではありますが、計画書作成に必要な知識や考え方を段階的に学び、じっくりと会社と自分自身に向き合いながら作り上げる計画書は自らの意思を落としこんだ貴重な成果物です。

日常の業務とは違う空間で自社と自分を客観視し、提出期限が決められた条件下でやらざるをえない中、多忙な時間をやりくりして全塾生に計画を作成していただいています。

さらに、2月の合宿で全員が発表し、卒塾後の決意表明を語っていただいています。

計画書作成の過程で、「資産を蓄積してきてくれた先代に感謝の念がわいてきた」、「自分の会社が好きになった」、「今後何をしていくかが明確になり、自分の考えに自信が持てるようになった」など嬉しいお声をいただいています。

学び場を通じて得られる貴重な仲間

そして、塾生から一様に声が挙がるのが仲間の存在です。

毎週のように顔を合わせ、ともに学ぶことでお互いを深く知り合い、講義後に毎回開催される懇親会やさまざまな交流機会を通じて、何を考え悩んでいるかを本音で語り合える仲間ができるのもあきんど塾の特徴です。

事務局の立場である私からは伝えられない塾生の声をみなさまにも聞いていただきたいので、2020年1月29日(水)に説明会を開催いたします。

□【なにわあきんど塾】35期生募集説明会
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=29094

当日は卒塾生2名に登壇いただき、あきんど塾について、忌憚なく語っていただきます。
ご関心おありの方はぜひご参加ください!

経営相談室 スタッフコンサルタント 東 が担当しました。

▼東 純子(あずま じゅんこ )のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 東 純子(あずま じゅんこ )のプロフィール

(2020年1月8日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)