中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

創業融資を成功させる事業計画書作成のポイント➄

  • 資金計画書とは
  • 損益計画書とは
  • 資金繰り表とは

資金計画書とは

みなさん、こんにちは。
大阪産業創造館 経営相談室の岡島です。

前回に続き、事業計画書作成のポイントをお伝えさせて頂きます。
https://www.sansokan.jp/eveoubo/KJ2017_jigyoukeikaku.xls
※こちらからダウンロードできます。

楽観的な数値計画には注意を

楽観的な数値計画には注意を

今回は、数値計画についての記載ポイントです。

数値計画の最初のページが、資金計画書です。

資金計画書とは、事業の全体像を数値で示した表で、一般的に、左側に資金の使い方を記載して、右側にその資金の調達方法を記載します。
ポイントは、左側と右側の合計額は一致するということです。

資金の使い方は大きく「設備資金」と「運転資金」に分類します。

設備といっても、物件の保証金や会社設立費用なども含んでおり、初期にかかる費用を記載します。

運転資金とは、赤字の吸収や仕入、更には売掛の立て替え分など、事業を運営するにあたり必要な資金のことです。

必要な資金が自己資金だけで賄えない時は、自己資金の2倍から3倍以内の借入額に抑えることがポイントです。


損益計画書とは

次に月別の損益計画を作成します。

ここでポイントとなるのは、売上げの内訳を分解して、根拠をどれだけ示すことができるかです。

利益からの逆算した数値だけではなく、根拠をもとに積み上げた数値で、現実的な損益を試算してください。


資金繰り表とは

最後に資金繰り表を作成します。

資金繰り表とは、キャッシュの出入りだけに着目した表で、損益計画をもとに毎月の現金残高を予測します。

作成した資金繰り表で、現金残高がマイナスになるタイミングが予測できれば、資金調達の額や時期を把握できます。

キャッシュが無くなると、正常な事業運営が困難になるため、資金繰り表でキャッシュの動きを掴むことは重要なポイントです。

以上、5回を通じて事業計画書作成のポイントをお伝えしてきました。

事業計画書の作成に取り組みたいという方は、気軽にご相談ください。

経営相談室 スタッフコンサルタント 岡島 が担当しました。

起業について知りたい方の入門セミナー
【無料!起業スタートアップセミナー】はじめはここから!起業の全体像をつかむ!セミナー
(12/4開催)

当セミナーでは、事業計画書作成の目的、メリット、注意点や作り方について解説するほか、経営者としての心構えや、よいスタートを切るために知っておきたい起業準備のポイントを一般的な起業スケジュールに沿ってお届けします。

岡島 卓也(おかじま たくや)のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 岡島 卓也(おかじま たくや)のプロフィール

(2021年11月10日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)