第289回 コロナの今こそSWOT分析。新しい一手を考えるきっかけに。|あきない・えーどのなかのひと|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

コロナの今こそSWOT分析。新しい一手を考えるきっかけに。

  • コロナで廃業・解散が膨らむ
  • SWOT分析の効能
  • 適応力と元気

コロナで廃業・解散が膨らむ

新聞に「コロナの影響で今年は廃業・解散が膨らむ」との記事が出ていました。道を歩いていても、飲食店のシャッターに廃業の挨拶が貼っているところがあります。

私が相談に乗っていた方も、拠点を構えてやっていた事業を、コロナで休業せざるを得なくなり、結局、店を閉めることになりました。

今こそSWOT分析をしてみませんか?

今こそSWOT分析をしてみませんか?

今まで人生をかけてやってきた事業をやめるのは、経営者にとって無念の決断だと思うと、残念でなりません。

SWOT分析の効能

一方で、コロナを契機に、先行き不透明な事業環境の中で、「何か新しいことにチャレンジしなければ」と考えている経営者も数多くいます。私はそういう経営者には、「まずはSWOT分析をしてみてはどうか」と勧めています。

SWOT分析とは、強み(Strength)・弱み(Weakness)・機会(Opportunity)・脅威(Threat)の頭文字から命名されたフレームワークです。この4つの視点で現状を整理し、次の一手を考えるために使われます。

コロナのような危機的状況で、一人で頭の中だけで考えると、ネガティブなことやお金のことで頭がいっぱいになり、うまく考えがまとまらないものです。強み・弱み・機会・脅威を紙に書き出すことで頭が整理され、何か新しいアイデアが浮かんでくるかもしれません。

適応力と元気

ちなみに私が相談に乗っていた方は、店は閉めましたが、WEBを使って身軽な形で事業を開始することになりました。もともとスキルが高く、ファンもいましたので、既に売上も上がっています。

結局、冷静に現状を踏まえ、それに適応する力と元気のある人や企業が生き残っていくのだと、つくづく感じる次第です。

経営相談室 スタッフコンサルタント 泉 が担当しました。

▼泉 仁史( イズミ ヒトシ )のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 泉 仁史( イズミ ヒトシ )のプロフィール

(2020年6月17日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)