第193回 起業を伴走支援する立志庵|あきない・えーどのなかのひと|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

起業を伴走支援する立志庵

  • 半年かけて起業を伴走支援する立志庵
  • ワークショップやプレゼンを通じて、事業を具体化する
  • 多様な価値観から得るもの

半年かけて起業を伴走支援する立志庵

みなさん、こんにちは。大阪産業創造館 経営相談室の岡島です。

起業を決意している方は立志庵がオススメです

産創館の伴走型支援に立志庵というインキュベーション施設があります。
14階の見晴らしの良いスペースを拠点として
半年間で起業の準備や実践から検証までを行います。

経営相談室のコンサルタントが担当制でサポートにあたり、
半年かけて事業化することを目的としています。
起業の家庭教師」と言えば、イメージしていただきやすいでしょうか。

ワークショップやプレゼンを通じて、事業を具体化する

スタートしたときの状況は皆それぞれですので
その方の状況に応じて面談をさせていただいたり
ワークショップで同期の方と共に議論を深めていきます。

また、経営者になるために知っておいてほしいことは
勉強会を通じて知識補充を行います。

そうした半年間の活動を経て、
事業の全体像や今後のビジョンについて
支援機関や立志庵の卒業生などの関係者の前でプレゼンテーションしていただくのが
最終の成果発表です。

「この事業を、こんな手法で進めていく」と多くの方の前で宣言する場です。
この機会が皆さんの成長を後押ししていることは間違いないと思います。

実際に、先月末にも成果発表を拝聴しましたが、
入居時は何かしらの不安を抱えていた起業家の皆さんが
最終発表で、今後の方向性を堂々と発表されていたのが印象的でした。

多様な価値観から得るもの

年齢・性別・業界という枠組みを超えて
多様な価値観を持つ起業家仲間に同期として出会えることも
貴重な財産になると思います。

同期以外にも立志庵の先輩、後輩とのつながりができ
利害関係を超えた信頼関係が育まれています。

私自身も、立志庵でのつながりによって様々な刺激を受けることができ、
楽しみながら担当させいただいています。

募集は年に4回とあまり多くないので、
起業は決意しているけど、不安を抱えている方は
立志庵を検討ください。

(ちなみに私は現在申し込みを募集している10月スタートの回を担当する予定です)

お会いできるのを楽しみにしています。

経営相談室 スタッフコンサルタント 岡島 が担当しました。

▼岡島 卓也( オカジマ タクヤ )のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 岡島 卓也( オカジマ タクヤ )のプロフィール

(2018年7月11日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)