第98回 企業の健康診断?!|あきない・えーどのなかのひと|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

企業の健康診断?!

  • 企業の健康診断ツール「ローカルベンチマーク」とは?
  • ローカルベンチマークの概要
  • 対話ツールとしての活用

企業の健康診断ツール

ブログをご覧になっているみなさん、こんにちは。

みなさんは、どのようにご自身の健康管理をなさっていますか?
私はついこの間、年に1度の人間ドックを終えたところですが、気になる数字がいくつか…。

人間も企業も健康診断が大事ですね

生活習慣を見直さなければならないなと改めて痛感しました。定期的に点検するって大切ですよね。

企業も同様に健康診断が大切ということで、検討されたのが「ローカルベンチマーク」。
2016年3月に経済産業省から発表されました。通称は「ロカベン」

このローカルベンチマークは、企業の経営状態を把握するために、経営の観点から「健康診断」を行うツールとして、平成27年5月から検討が行われてきました。
健康診断を連想させる聴診器をモチーフにしたロゴも作られています。

ローカルベンチマークの概要

ローカルベンチマークでは、「参考ツール」を活用して、「6つの財務情報」と「4つの非財務情報」に関する各データを入力して、経営状態を把握します。

6つの財務指標
  1. 売上高増加率(売上持続性):(=(売上高/前年度売上高)-1)
  2. 営業利益率(収益性):(=営業利益/売上高)
  3. 労働生産性(生産性):(=営業利益/従業員数)
  4. EBITDA有利子負債倍率(健全性):(=(借入金-現預金)/(営業利益+減価償却費))
  5. 営業運転資本回転期間(効率性):(=(売上債権+棚卸資産-買入債務)/月商)
  6. 自己資本比率(安全性):(=純資産/総資産)
4つの視点
  1. 経営者への着目
  2. 関係者への着目
  3. 事業への着目
  4. 内部管理体制への着目

対話ツールとしての活用

これらの情報を整理・確認をすることを通じて、企業の経営者が自社の経営状態を客観視することのみならず、

金融機関や支援機関等が当該企業の状態をこれらの評価指標を把握することによって、双方が同じ目線で対話を行うための基本的な枠組みとして用いられることになるため、事業性評価の「入口」として活用されることが期待されています。

ご関心がおありの方はぜひ下記のページをご覧ください。
ローカルベンチマーク

経営相談室 スタッフコンサルタント 東が担当しました。

▼東 純子( あずま じゅんこ )のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 東 純子( あずま じゅんこ )のプロフィール

(2016年7月27日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)