中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

創業融資を成功させる事業計画書作成のポイント②

  • プロフィール作成のポイント
  • 創業動機・目的のポイント
  • 事業概要のポイント

プロフィール作成のポイント

みなさん、こんにちは。
大阪産業創造館 経営相談室の岡島です。

前回に続き、事業計画書作成のポイントをお伝えさせて頂きます。

事業計画書作成のポイントは?

事業計画書作成のポイントは?

今回は、ひな形に沿って、具体的に作成する際の記載のポイントについてです。
http://www.sansokan.jp/eveoubo/KJ2017_jigyoukeikaku.xls
※事業計画書のひな形は、上記URLからダウンロードできます。

まず、最初にプロフィール作成のポイントについては、自己の棚卸を実施することです。

単に、○○会社で営業職というだけでなく、どういう立場で、どのような役割を担っていて、どのような成果を出したのかを整理してください。

その経験が、取り組まれる事業でどのように生かせるかが重要です。

例えば、
全国の営業マンの中で、2年連続成績トップとか社長から優秀賞を頂いたなども、営業力があることを、客観的な評価で示すことができて説得力があります。


創業動機・目的のポイント

次に、創業動機・目的の記載ポイントです。

ここでは、熱意ややり抜く覚悟をアピールしてください。
どのような背景やきっかけで、この事業を思い立ったのか、なぜ、自分でなくてはいけないのかを記載ください。

どのような原動力で、この事業に取り組むのかが伝わると、利害関係者を巻き込む力にもなります。

いかに、共感を得ることができるかが重要です。

そのため、前職の不満や職場での人間関係の悩みなど、ネガティブな情報は控えた方がいいでしょう。

事業概要のポイント

次に、事業概要の記載ポイントです。

ここで大事なことは、事業概要で全体像をイメージさせることができるかです。

どのような対象へ
どのような強みを生かして
どのような商材・サービスを通じて
どのような価値を提供(どのような社会を実現)する

に沿って、端的に事業の魅力を表現してください。

最初に、事業の全体像を共有できれば、この先の個別戦略の理解が深まります。

特に、事業概要で商品・サービスの性能や機能ばかりを記載する計画書をよく目にしますが、商品・サービスはあくまでも手段のため、それを通じて、どのような価値を提供(どのような社会を実現)するのかを明確にしてください。

ポイントは、事業者の視点ではなく顧客の視点が重要です。

次回は、マーケティング戦略の作成項目のポイントをお伝えします。

経営相談室 スタッフコンサルタント 岡島 が担当しました。

岡島 卓也(おかじま たくや)のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 岡島 卓也(おかじま たくや)のプロフィール

(2021年5月19日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)