第48回 新たな収益の柱を構築するには|あきない・えーどのなかのひと|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

新たな収益の柱を構築するには

  • 中小企業の共通の課題とは?
  • 新たな収益の柱を構築するには?
  • 大阪トップランナー育成事業とは?

中小企業の共通の課題とは?

みなさん、こんにちは。大阪産業創造館 経営相談室の岡島です。

さて、経営相談というと「資金が・・・」「売上げが・・・」などと
少し後ろ向きなイメージもあるかもしれませんが、中には前向きな相談もあります。

良い事業計画書の5つのポイントは?

先日、2代目社長となった若い経営者の方が相談に来られましたが
決算書を拝見すると、ほぼ文句のつけようのないすばらしい業績でした。

但し、既存事業は順調であるものの、特定の取引先との良好な
関係によるもので、今後について漠然とした危機感があるとのことでした。

売上不振で苦労している企業にとっては、羨ましい悩みですが、
経営者として、とても素晴らしい感覚をお持ちだと感じました。

現在の事業が順調でも、経営環境の変化によっては
急激に業績が悪化することもあります。

そのリスクを回避するために、収益の柱を複数確保することは
中小企業にとって、共通の課題といえます。

新たな収益の柱を構築するには?

業績が悪化してから対策を考えていては後手に回るので、
順調なときにこそ、先手を打つことが重要です。

但し、収益の柱を複数持つために、既存事業で得た資金を
関連のない異業種へ参入することはリスクが高すぎます。

更に、新たに顧客と商品(サービス)を開発するのは、
時間もお金もかかり成功の確率も低下しますので、
可能な限り既存事業の資源を活用して相乗効果を追求します。

そのために、まずは現在取り扱っている商品(サービス)を
新たな顧客に販売できないか、もしくは既存の顧客に対して、
新たな商品(サービス)を提供できないかを考えていただきます。

とはいえ、新たな収益の柱を構築することは容易でありません。

様々な課題が発生するたびに対策を検討するには
時間に加えて専門性や資金が必要となります。

大阪トップランナー育成事業とは?

そこで、更なる成長を目指す中小企業の支援策として
「大阪トップランナー育成事業」の募集がはじまっています。
 →大阪トップランナー育成事業について

特長として、ライフ(健康・医療・介護など)・グリーン(環境・エネルギーなど)分野で、
市場性や新規性が高いプロジェクトを大阪市が認定します。

認定されたプロジェクトには、コーディネータが
担当につき、それぞれの課題や状況に応じて、
オーダーメイド型の継続的サポートを実施します。

新たな収益の柱を構築したい企業にとっては
心強いサポートなので、応募要項を確認の上でご活用ください。

経営相談室でも、応募に向けた計画書作成を
支援しておりますので、気軽にお声掛けください。

経営相談室 スタッフコンサルタント 岡島が担当しました。

▼岡島 卓也(オカジマ タクヤ)のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 岡島 卓也(オカジマ タクヤ)のプロフィール

(2015年5月20日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)