確定申告の選択肢|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)|第270回 あきない・えーどのなかのひと

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

あきない・えーどのなかのひと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

確定申告の選択肢

  • 確定申告とは
  • 青色申告と白色申告のメリット・デメリット
  • 無料の専門家相談サービス

確定申告とは

みなさん、こんにちは。
大阪産業創造館 経営相談室の岡島です。

そろそろ確定申告の時期になりますね。

青色申告をお勧めします

所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。

一般的に給与所得者は、お勤め先の会社が年末調整してくれますが、給与収入が2,000万円を超えるような高収入の方や、最近ニュースでも取り上げられる副業で一定額以上の所得がある方も対象となります。

当然、個人事業主も対象となり、2020年は3月16日までに自己申告することになります。

青色申告と白色申告もメリット・デメリット

確定申告には、大きく2つの選択肢があります。

青色申告白色申告です。

それぞれにメリットデメリットがありますが、

青色申告の代表的なメリットは
・65万円の所得控除
・赤字の繰越
・青色事業専従者給与
などです。

青色申告について詳しくは下記URLをご参照ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2070.htm

反面、青色申告のデメリットは
・事前の申請が必要
・複式簿記で記帳するため白色申告より複雑
などです。

そのため、白色申告のメリットは記帳が簡易で事前の申請が不要ということくらいです。

また、最近の会計ソフトは優秀なので、専門的な知識が無くとも複式簿記で決算書が作成できます。

無料の専門家相談サービス

確定申告期には、税務署内で申告相談を行っている署や、署外に相談会場を設けている署があります。

詳しくは、所轄税務署にお問い合わせください。
下記URLより所轄税務署を探すことができます。
http://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm

更に、管轄の税務署で「税理士による個別の記帳指導」を申込むことで、税理士から帳簿のつけ方から決算・確定申告の手続きまで、無料で年数回の指導を受けることもできます。

個別の記帳指導については、下記URLをご参照ください。
https://www.nta.go.jp/about/organization/osaka/topics/shotokuzei/pdf/shidou.pdf

経営相談室でも、税理士に無料でご相談頂けますので、是非とも、青色申告に取り組んでみてください。

経営相談室 スタッフコンサルタント 岡島 が担当しました。

▼岡島 卓也(オカジマ タクヤ)のプロフィールはこちらからご覧いただけます。
→ 岡島 卓也(オカジマ タクヤ)のプロフィール

(2020年1月22日公開)

大阪産業創造館 経営相談室(あきない・えーど)

06-6264-9820
(9:00~17:30※土日祝除く)