第58話「M&A(会社売却)を行うには経営者の残りの人生も描く必要あり」|事例に学ぶ 事業承継|【公的機関】事業承継なんでも相談所|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

読み物
事例に学ぶ 事業承継
事業承継相談員が見聞きした事業承継にまつわる「うそのような本当にあった出来事」をシリーズで紹介していきます。
ただし、みなさまに問題点をわかりやすく考えていただくため、少し脚色しています。その点はご容赦ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

第58話「M&A(会社売却)を行うには経営者の残りの人生も描く必要あり」

日本の中小企業を取り巻く喫緊の問題が“廃業数の増加”であると、官民挙げて問題提起しています。
それを解決する手段として大いなる期待をされているのが『M&A』です。
しかし、現実にはそんなに簡単に取り組める課題ではありません。
それが顕著にみられる事例に遭遇しました。

創業半世紀を越えようとしている建設資材卸の会社がありました。
社長は創業者の長男で2代目。
古希を超え、事業承継が経営の大きな課題となっていました。
事業は順調で、その点では何の問題もありませんでしたが、後継候補者が見当たらなかったのです。

長男は学者として、長女はファッション系で、それぞれ確たる地位を確立し、会社を継ぐ可能性は殆どありませんでした。
社員は日ごろの業務をこなす人材としては問題ありませんでしたが、経営を担う人材としては社長の目に適う人は見当たらず、社員継承の可能性もありませんでした。
そこで考えたのがM&A、会社売却でした。

私が社長と面識を持ったのは丁度この頃でした。
社長は取引銀行やM&A仲介会社などに声をかけていました。
その動きを聞いたときの社長の返答は
「銀行も仲介会社も私の思いを汲んだ会社を紹介してこない。
何でもいいから手数料を稼げたらいい、という姿勢が丸見えだ。」
ということでした。

社長は親から引き継いだ会社に深い思い入れを持っておられました。
その思いを汲み取り、引き継いでくれる先を欲していたのですが、そうした先を紹介されることがなかったようでした。

しばらくそうした交渉の不調が続いていたのですが、ある日、いい相手を紹介されたというニュースが届きました。
社長も納得し、
「今度の先は私の思いを感じてくれるいい先だ。
(M&Aの)話を進めてみたいが、とりあえず見合いから進める。」
ということでした。

そして、順調に交渉が進んでいると思われた半年後に、社長から電話がありました。
「あの話は止めた。話を進めていくと私の思いとはかけ離れた相手であることがわかったから。」
ということでした。
その顛末を詳しく聞きながら、社長のことを次のように理解することができました。

社長は、現段階では会社を売却する決意まで至っていない。
つまり、会社、社長家族の置かれた状況を考えると、事業承継の方法としてはM&A以外は見つからないことは理解できている。
しかし、古希を過ぎたばかりで残りの人生もまだまだあり、身体も健康であることから、引退してしまうことに寂しさを実感されている。
結論を先送りしたいというのが本音なんだと。

それから5年ほどが経過しましたが、現役でバリバリ社長業をこなされています。

事業承継の手段としてM&Aが取り上げられますが、それが可能かどうかは社長の決断次第です。
引退して何もなくなった時の、特に男性の身の置き所は、サラリーマンの定年後が話題になりますが、経営者とて同じことが言えます。
見事な引退劇(第7話第13話第23話第27話第31話)がある一方で、いつまでも社長業にしがみつく姿(第2話第53話)も見てきました。
しかし、それを決して非難することはできないと思わせる出来事でした。

(2018年10月23日更新)

担当:事業承継相談員 田口 光春(タグチ ミツハル)

「会社売却は会社の思いを継いでくれる先にしたいもの」
「経営者のM&A後の残りの人生の過ごし方が描かれているかが重要」
事業承継のご相談はこちら

買い手も売り手もご相談ください!

バックナンバー

準備・課題への対策は、「事業承継 無料相談サービス」で、お気軽にご相談ください。

写真

事業承継に必要な準備へのアドバイス、また行動のためのサポートを行っていきます。経営者・後継者どちらのお立場の方でも、お気軽にご相談下さい。

事業承継 無料相談サービスの詳細はこちら

大阪産業創造館 事業承継なんでも相談所事務局

06-6264-9939
(月~金 10:00~17:30※祝日除く)