カテゴリー[マーケティング戦略]での検索結果 « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

    カテゴリー[マーケティング戦略]で検索した結果(50件中 1件目~10件目を表示)

  • 契約書作成の要否について

    取引先と契約をするときには,契約書を交わす必要がありますか。契約書を作らなかったり,契約書に署名押印をしなかった場合,契約は成立するのでしょうか。

    契約は,契約書がなくても当事者の合意があれば成立します。しかし,契約書があれば,契約の成否や内容をめぐって後日トラブルになるのを防止するのに役立ちます。契約書に当事者がそれぞれ署名や押印,特に実印を押印していれば,更にトラブルの防止に効果があります。
    1.契約の成立要件
      契約とは,売買や貸借など何らかの法的効果が発生する当事者間の合意のことです。契約書を作成する必要はなく,内容について当事者間の合意があれば成立します。
    2.契約書作成が望ましい理由
    しかし,一般に契約については,「契約書を交わした方がいい」とされています。なぜでしょうか。
    ...
    回答の続きを読む
  • 無料求人広告を申し込んだのに有料と言われ料金を請求された

    私の会社は、業者から『3週間無料で求人広告を出しませんか』と電話勧誘を受けて申し込みました。ところが『その後は自動更新で有料です』と後で年間広告料30万円を請求されました。支払うべきでしょうか。

    支払いを拒否することができます。
     平成30年頃から、(ハローワーク等で求人募集している)中小事業者等を狙って、広告業者を名乗る業者が自社サイト等での一定期間の無料広告を勧誘しておいて、申込書面等にこっそり『無料期間経過までに解除しない限り自動更新となり有料広告となる』というような条項を潜ませ、何も言わずにこ...
    回答の続きを読む
  • 訪問販売で消火器を購入したが不要なので契約解除できないか

    私は、個人事業主ですが、自宅兼事務所を訪れた業者から消火器の設置を勧められたので、勢いで購入しましたが、やはりよく考えると不要でした。今からキャンセルできないでしょうか。

    事業者であっても、クーリングオフ解除ができる場合があります。
    特定商取引法では、訪問販売について、契約書面等を受け取った日から(その日を含めて)8日以内に無条件で契約を解除(クーリングオフ)することができます。
     クーリングオフとは、業者に突然訪問されて契約してしまったが頭を冷やしてやっぱり契約をなかったことにする(契約解除)、という制度です。
     ここで問題になるのが、個人事業主であってもクーリングオフが可能か、です。
     同法では、購入者等が「営業のため若しくは営業として」締結する取...
    回答の続きを読む
  • 価格競争から脱却する方法

    競合他社が1割も安い価格提示をしています。価格競争から脱却するには、どのような取り組みをすればよいのでしょうか。

    価格以外の視点からお客様に訴求しましょう
    価格競争が起こった場合には、いくつかの戦略が考えられます。どの戦略を選択するのか考えてみてください。
    1.原価を見直して価格競争に勝ち抜く
     原価を見直して価格競争に勝ち抜く戦略です。通常、売価は原価に利益分だけ足した価格をつけます。しかし、これではなかなか思うような売価に...
    回答者
    生産管理
    窪津 正充
    回答の続きを読む
    回答者
    生産管理
    窪津 正充
    専門家の詳細を見る
  • インターネット掲示板等による誹謗中傷の書き込み等の対応について

    インターネット掲示板等に自社に関わる誹謗中傷が投稿された場合、どのように対処すればよいですか。また、自社の従業員等がSNS等で業務に関連した不用意な発信をしないようどのように教育すればよいでしょうか。

    サイト運営者等に対し削除依頼や削除の仮処分を求めることになります。従業員には、SNS等の特徴や投稿によりどのような結果を生じるのか理解させることが重要です。
     インターネット上にはあらゆる情報が氾濫し、個人でもSNS等で全世界に容易に情報を発信できる環境にあります。顧客や競業者等から、商品や顧客対応等について、誹謗中傷を投稿され、拡散されることもあるかもしれません。また、企業の従業員が発信すべきでない勤務中の情報(例えば有名人のプライ...
    回答者
    法律(弁護士)
    岸野 正
    回答の続きを読む
    回答者
    法律(弁護士)
    岸野 正
    専門家の詳細を見る
  • 売上が低迷しています。何から手を付ければいいでしょう?

    売上が減少しており、回復の見込みがありません。なんとか手を打ちたいのですが、何から取り組めばいいのでしょう?

    まずは、現状分析をして売上につながっていない業務やサービスを整理、重点的に取り組む内容を決めましょう
     売上の低下の原因は大きくは、環境の変化に自社のサービスや体制がついていっていない事にあります。顧客数の減少や単価のダウンなど、なんとなく感じている事を、数値で分析して明確にしてみましょう。さらに現場で接客や営業をしている人やお客さまにヒヤリングしてみると、取り組むべき課題が...
    回答者
    マーケティング戦略
    泊 悦子
    回答の続きを読む
    回答者
    マーケティング戦略
    泊 悦子
    専門家の詳細を見る
  • 営業の見える化で情報共有すべきポイントについて教えてください

    今まで営業に関しては、日報を書かせる位で営業マン任せでやってきました。
    「営業の見える化」をしていきたいのですが、何をどのように情報共有していけばいいのでしょう?

    「目標との差異と見通し」がリアルタイムでわかるように情報共有をしていきましょう
     個々人が頑張れば売上が上がっていた時代ではなくなり、属人化を防ぎ、組織営業をしていくためには「営業の見える化」必要です。
    かといって、日々の行動や営業の内容をすべて見える化する事は不可能であり、営業担当者の負担を増やすだけになりかねません。また日報のように終わったことの結果...
    回答者
    マーケティング戦略
    泊 悦子
    回答の続きを読む
    回答者
    マーケティング戦略
    泊 悦子
    専門家の詳細を見る
  • 新規開拓をするのに、商談会や展示会で成功するポイントは?

    当社製品の顧客開拓や新製品の販路開拓をするために、展示会への出展を考えています。どのように進めたらいいのか、また成果を出す秘訣やポイントを教えてください。

    「事前・当日・事後」の流れと「プレゼンテーション」が大事です。
     展示会、商談会は、“魅力ある商材や企業の発掘・新規取引”という明確な目的を持った企業と一挙に商談できる絶好の場です。出展の目的は「顧客開拓・販路開拓」です。
    ①事業計画と連動した「出展の目的(課題)とコンセプトの明確化」
    ②ターゲット顧客へのきちっとした「中身の濃い打ち出しと特...
    回答者
    マーケティング戦略
    佐々木 武
    回答の続きを読む
    回答者
    マーケティング戦略
    佐々木 武
    専門家の詳細を見る
  • BtoCビジネスで売上を伸ばすにはどうすればいいですか?

    BtoCのビジネスを行っていますが、売上が安定しません。売上を一定水準に保ちながら、さらに伸ばしていきたいと考えています。

    忘れられないように情報発信を定期的に行いましょう
     BtoCビジネスの売上は商品×見込み客で表現されます。ビジネスをされている多くの方は商品について考えたり、増やしたり、改良するのは好きだと思いますので、見込み客についてお話ししていきます。BtoCに限らずですがビジネスで売上が上がらなくなるのは、売れないとき、すなわち次のどちらかが多いです。
    1.営業できる見込み客がいない
    2.自分たちの存在を見込み客から忘れられる
    この両方をなくすために、見込み客を増やし続け、忘れられないように情報を発信し続けるということが必要です。
     情報の発信についてはたくさん手法があります。ホームページ、ダイレクトメール(DM)、チラシ、メール...
    回答者
    マーケティング戦略
    清水 群
    回答の続きを読む
    回答者
    マーケティング戦略
    清水 群
    専門家の詳細を見る
  • POSデータや営業日報などのデータはどうやって活用すればいいですか?

    毎日データは溜まっていくのですが、溜めるだけで使っていません。何とか活用したいのですが、どのようにすべきかがよくわかりません。

    まずはデータを一覧表にまとめてグラフ化しましょう
     まずこれらのデータをなぜ活用するかというと、業務内容や業績の改善が目的です。改善出来ているかどうかを把握するには、数字やグラフなど目に見えるようにしなければなりません。そのため、まずは全ての情報をエクセルなどの表計算ソフトで一覧表を作成しておきましょう。
     POSデータなどは項目がまとまっているため、データの抜き取りや転記で問題ないかもしれませんが、営業日報はまとめる項目を先に決めておく必要があります。例えば、訪問先企業ごとに売上はいくらだったのか、何回目の訪問なのか、初回の訪問事由や先方の役職、訪問した担当者などです。もちろん項...
    回答者
    マーケティング戦略
    清水 群
    回答の続きを読む
    回答者
    マーケティング戦略
    清水 群
    専門家の詳細を見る

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る