よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

よくある経営・法律相談

アクセスの多い相談を見る

  • 消費税が10%になったときの飲食店対策を教えてください。

    消費税が10%になるのが、延期になると報道等で確認しています。正直、ほっとしているところですが、今から少しでも対策を考えておきたいと思っています。どの程度の準備が必要でしょうか?

    消費税軽減税率制度そのものをしっかりと理解することです。
    消費税が現行の8%から10%へ上がる(増税)予定が、平成29年4月から、平成31年10月に延期するという意向が政府から発表されました。過去5%から8%へ上がったときの「転嫁」の難しさや、「売上の落ち込み」を思い出すと、その不安や心配はどの事業者も同じだと思います。当然、売上の落ち込みを回避し「利益を確保すること」が一番の課題だと思います。

    ただ、今回の消費税増税には、軽減税率というものがあります。すでにご存じの皆さまも多いとは思いますが、これが少しやっかいです。まずはその制度をしっかりと理解することが求められます。

    「消費税軽減税率制度」とは、簡単に言うと「食品に関しては、現行の8%のままでいいですよ」という...
    回答者
    店づくり・店舗運営
    湯川 俊彦
    回答の続きを読む
    回答者
    店づくり・店舗運営
    湯川 俊彦
    専門家の詳細を見る
  • 売上を伸ばすには何に着目して考えればいいですか?

    最近、売上が減少してきています。売上を伸ばす方策を考えたいのですが、何に着目して考えればいいでしょうか?

    既存顧客、新規顧客、商品単価の3点に着目して考えましょう。売上を伸ばすためには、次の3点に着目して考えましょう。
    1. 既存顧客
    2. 新規顧客
    3. 商品単価

    その前にまず、現状をしっかり把握する必要があります。商品や販売チャネルなどで状況が異なるということはありませんか。売上が減少しているのは、全分野なのか、一部の分野なのかを数値で把握するようにします。

    その上で、売上減少が数量の減少...
    回答者
    マーケティング戦略
    片山 祐姫
    回答の続きを読む
    回答者
    マーケティング戦略
    片山 祐姫
    専門家の詳細を見る
  • セル生産方式の特徴とメリット・デメリット

    よく耳にする「セル生産方式」とはどのような生産方式ですか?メリットとデメリットを教えて下さい。

    1人または少数の作業者チームで、製品の組立工程を完成まで受け持つ生産方式です。
    セル生産方式とは、1人または少数の作業者チームが、部品や工具をU字型などに配置したセルと呼ばれるラインで、製品の組立工程を完成まで受け持つ生産方式です。

    従来の大量生産型のモノづくりで採用されてきたライン生産方式は、単一の製品を大量に作るのには適していましたが、
    ・ 分業を進めるほど、投入から完成までの仕掛り在庫は増加し、製造リードタイムが長くなる
    ・ 段取り替え時間がライン全体に影響するため、頻繁な生産品目の変更に追従しにく...
    回答者
    生産管理
    顯谷 敏也
    回答の続きを読む
    回答者
    生産管理
    顯谷 敏也
    専門家の詳細を見る
  • 開業時や会社設立時には消費税がかからないって本当ですか?

    開業時や会社設立時には消費税がかからないって聞いたことがありますが、具体的にどういったことですか?

    原則として、開業時や会社設立時は2年間、消費税の納税義務が免除されます。
    消費税は、すべての法人や個人事業主に納税義務がある税金ではありません。原則的には、「基準期間」における「課税売上高」が1,000万円を超えた場合に初めて消費税の納税義務が生じます。
    ここで出てくる「基準期間」っていうのは、2年前を指しています。つまり、消費税を課税するかどうかの判断は、「2年前」の「課税売上高等」で判定することになるわけです。したがって、開業時や会社設立後2年間は、「基準期間」自体が存在しないため、消費税が課税されない「免税事業者」ということ...
    回答の続きを読む
  • 「事業性評価融資」とは何ですか?

    最近、「事業性評価融資」が着目されているようです。通常の融資とは何か異なる点があるのでしょうか?

    事業内容や成長可能性等も評価して行う融資のことです。
    「事業性評価融資」とは、決算書の内容や保証・担保だけで判断するのではなく、事業内容や成長可能性等も評価して行う融資のことです。

    ○一般的な融資  … 財務データと保証・担保で融資可否を決定
    ○事業性評価融資 … 事業内容や成長可能性等も評価して融資可否を決定

    従来の金融機関のスタンスとしては、借入の申込を受けた時には、決算書の内容や保証・担保の有無をもとに判断することが一般的でした。貸したお金が返済しても...
    回答者
    マーケティング戦略
    片山 祐姫
    回答の続きを読む
    回答者
    マーケティング戦略
    片山 祐姫
    専門家の詳細を見る

ページトップへ戻る

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る