全件の検索結果 « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

    全件検索した結果(595件中 1件目~10件目を表示)

  • 求人票で「働きやすい職場」をアピールしたいのですが気をつけることは何ですか

    求人を出してもなかなか応募がなく、なにかテコ入れしなければと考えています。
    「勤務時間は自由に選べます」などのキャッチコピーで働きやすい職場をアピール
    したいのですが問題はないでしょうか?

    メディア向けガイドラインに照らせば、書き方に配慮が必要です。
    「勤務時間は自由に選べます」
    求人広告でよくみかけるキャッチコピーですが、
    実はその表現が適正かどうか、悩ましいコピーです。

    その判断に参考となるのは、2020年11月に求人情報適正化推進協議会が発行した「追記版 求人情報提供ガイドライン」です。

    このガイドラインの主な対象は、
    求人メディア(WEB、新聞、雑誌等...
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    回答の続きを読む
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    専門家の詳細を見る
  • ニューノーマル時代の求人票、なにを書けば反響がよくなりますか

    求人を出そうと考えていますが、コロナ禍で「ニューノーマル時代の新しい働き方」などが話題になっています。今までと違うことをしなければ人は集まらないのでしょうか?どんなことを書けばいいでしょうか?

    求人票も広告です。時流を読んで内容を見直すことも大切です。
    新型コロナウイルスの影響で「ニューノーマル」ともいわれる昨今、時代に合った求人票の書き方に関心が寄せられています。
     
    求人相談の現場や求人票セミナーなどでお伝えしていますが、 
    「求人とは、集客。求人票も、広告。」です。
      
    広告である以上、想定する読み手(ターゲット)が存在します。
    そして、広告のコピーがそうであるように、求人票でも読み手(ターゲット)の
    興味・関心にフックするフレー...
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    回答の続きを読む
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    専門家の詳細を見る
  • インボイス制度が導入されますが、注意点などありますか?

    2023年10月1日から導入される「インボイス制度」について、注意点などあれば教えて下さい。

    インボイスの発行が必要な場合は、2023年3月31日までに登録申請が必要です。
    まず、消費税のインボイス(適格請求書)制度の概要を説明します。
    1.概要
    ① 2019年10月に軽減税率が導入され、複数の税率における納税を適切に行う上で新しい
     仕組みとして2023年10月1日から導入されます。
    ② インボイスとは、適格請求書の通称ですが、名前のとおり、売り先に交付する請求書で、登
     録番号、適用税率、税率ごとの消費税額が...
    回答者
    税務、会計
    見並 修
    回答の続きを読む
    回答者
    税務、会計
    見並 修
    専門家の詳細を見る
  • プロジェクトの遅延を防ぐ方法を教えて下さい。

    新製品開発やITシステム導入プロジェクトなどを進める時、求められた品質をめざし、限られた予算の中で、予定された納期通りにプロジェクトを完遂するための方法を教えてください。

    CCPM理論を活用しましょう
     様々なプロジェクトでQCD(品質、予算、納期)をすべて守ろうとすると、現場のメンバーに過重な負担を強いることになります。また、発生する課題に的確な優先順位がつけられず、対処療法的な対応を続けていると、真に重要な課題が先送りされ、プロジェクト全体の遅れへとつながることもよくあります。このように不確実性の高いプロジェクトのマネジメントに関わる問題に対して有効な解決策を与えるのが、CCPM理論(クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント理論)です。
     CCPM理論は、TOC(制約条件の理論)の考え方を基に、プロジェクトの最適なマネジメントを実現するために考えられたものです。CCPM理論には以下の5つの考え方があります。

    1.マルチタスクの排除
     個々の作業に集中し、タスク切り替えロスを削減するために、マルチタスクを排除します。
    2...
    回答者
    ISO・認証
    高野 淨
    回答の続きを読む
    回答者
    ISO・認証
    高野 淨
    専門家の詳細を見る
  • 雇用保険の「自己都合」と「会社都合」の違いについて教えて下さい。

    顧客とのトラブルが絶えない従業員に対し退職勧奨をしたところ、当該従業員から「『会社都合』による退職としてくれるなら、退職に応じてもよい。」との申出がありました。この申出に応じるべきでしょうか。

    「会社都合」による退職とする際のリスクに注意する必要があります。
     雇用保険の基本手当(一般に「失業手当」や「失業給付金」などと呼ばれたりします。)を受給する際に、企業を退職した理由が「会社都合」によるものか「自己都合」によるものかが問題となります。
     「会社都合」による退職とは、典型的には破産による解雇など、企業側の理由により退職した場合をいいます。なお、「会社都合」により退職した者とは、厳密には「特定受給資格者」又は「特定理由離職者」と定義されており、その範囲は多岐にわたります。詳しくは、特定受給資格者及び特定理由離職...
    回答者
    法律(弁護士)
    武田 宗久
    回答の続きを読む
    回答者
    法律(弁護士)
    武田 宗久
    専門家の詳細を見る
  • 時間外労働の規制が厳しくなったと聞きましたが、概要を教えて下さい。

    わが社では、従業員が遅くまで仕事しています。会社のため頑張ってくれていることには感謝していますが、最近時間外労働の規制が厳しくなったと聞きました。法律に違反しないためにも、概要を教えてください。

    時間外労働は、原則月45時間・年360時間が上限になります。
     労働基準法では、労働時間は原則1日8時間、1週40時間以内となっています。これを超えた労働時間は、時間外労働(残業)となります。この時間外労働は、厚生労働大臣の告示により限度時間が定められていましたが、法律の上限はなく、特別の事情がある場合は、限度時間を超えて際限なく時間外労働をさせることができていました。しかしながら長時間労働は、過労死や健康障害など様々な問題を引き起こす可能性があり、女性や高齢者などの就業を阻む原因にもなっていました。
     そのため、働き方改革の一環として、時間外労働の上限が罰則付で労働基準法に規定されました。2020(令和2)年4月から、建設、自動車運転業務など一部の例外はありますが、中小企業も含む原則すべての事業所に適用されています。これにより、時間外労働は、原則月45時間・年360時間が上...
    回答者
    労務管理
    増田 哲也
    回答の続きを読む
    回答者
    労務管理
    増田 哲也
    専門家の詳細を見る
  • 設備投資計画の採算計算の方法を教えて下さい。

    製造業で設備投資をしたいと思いますが、採算が合うにはどのように考えればよいのでしょうか。

    回収期間法で採算をみてみましょう。
     設備投資は大きな金額が動きますので、意思決定のもとになる指標が必要です。設備投資を検討されている理由は、顧客からの引き合いに応えるため、外注利用していた工程の内製化、設備の老朽化など、様々だと思います。
     設備投資をする場合に、採算が合うのか見積もります。設備投資の採算性を評価する方法として色々な方法がありますが、今回は「回収期間法」をご紹介します。
     回収期間法は、投資した設備金額をどれだけの期間で回収できるかを判断する手法です。具体的な下表の企業A社の事例で順番に算出してみ...
    回答者
    生産管理
    窪津 正充
    回答の続きを読む
    回答者
    生産管理
    窪津 正充
    専門家の詳細を見る
  • 巻紙分析について教えて下さい。

    部門を横断する改善手法として、巻紙分析があると聞いています。どのような手法でしょうか?

    巻紙分析の手法を学んで見える化を行って改善します。
     巻紙分析は、様々な部門で広く活用できる改善手法です。巻紙分析は、模造紙を使いながら目で見える形で行います。誰でも簡単にできる上に、費用のかからない業務改善手法です。事実をありのままに表すことで、本人に気づきを与えます。
    主な進め方のポイントを記します。
     ・実際に用いた業務日誌、実際に使用した帳票類、報告書を参考にヒアリングを行い、事実に基づいて業務内容・時間をポストイットに書き込み、模造紙上でフロー化を行います。
     ・伝票等は業務内容が分かる程度に縮小コピーして、模造紙に貼ります。
     ・気...
    回答者
    生産管理
    窪津 正充
    回答の続きを読む
    回答者
    生産管理
    窪津 正充
    専門家の詳細を見る
  • ハローワークや求人媒体、職種等で強い・弱いの傾向はありますか

    求人を出そうと考えています。CMなどを見ていると求人サイトや求人サービスが多すぎて、どこがいいのか迷ってしまいます。なにか傾向や特徴はありますか?どんなところに注意しておけばよいですか?

    「自社の基準」で最適な選定を。そして、もう一つ大切なことも。
    「どんな媒体に求人広告を出せば効果(応募)があるか?」
    求人・採用のご相談でよくお寄せ頂くご質問です。

    厚生労働省ホームページに、その傾向を読み解くデータが公表されています。
    「ハローワーク・民間職業事業者・求人メディア」の3区分
    「職種別求人数」上位10職種(2018年度)は以下の通りです
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    回答の続きを読む
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    専門家の詳細を見る
  • 中小企業がSDGsに取り組む手順

    中小企業がSDGsを実践する際に、どのようなステップを踏んで取り組めばいいのか教えてください。

    SDGコンパスを参考にしましょう
     企業がSDGs達成に向けた取り組みを実行すると、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながり、結果として利益向上につながることが徐々に理解されるようになりました。しかし、「どこから手をつけていいのかわからない」と考える中小企業も少なくありません。国連グローバル・コンパクトなどの3団体が、その道しるべになるよう共同開発したツールが「SDGコンパス」です。これを参考に中小企業がSDGsを実践するステップと留意点を考えてみましょう。

    ステップ1:SDGsを理解する
     まずは、企業内でSDGsの各目標やターゲットを理解し、情報を集めます。この際、自社に関連する社会・環境課題について深掘りします。
    ステップ2:優先課題を決定する
     バリューチェーン全般を通じて自社の事業活動がSDGsに及ぼすプラスとマイナスの影響を特定し...
    回答者
    ISO・認証
    高野 淨
    回答の続きを読む
    回答者
    ISO・認証
    高野 淨
    専門家の詳細を見る

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る