発起人による設立事項の決定|株式会社の設立(募集設立)|設立に役立つヒント|経営お道具箱|経営相談室|大阪の中小企業支援。大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

大阪産業創造館・経営相談室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
TOP>経営お道具箱>2.設立に役立つヒント>4.株式会社の設立(株式会社の特徴)>発起人による設立事項の決定
1.ビジネスプランフォーマット
2.設立に役立つヒント
  1.会社設立の為の
 基礎知識
  2.LLPの設立
  3.LLCの設立
  4.株式会社の設立
  5.合名・合資の設立
  6.事業開始に必要な諸機関への届出
7.開業に必要な許認可
3.運営に役立つヒント
4.日常業務に役立つヒント
5.貸入に役立つヒント

設立に役立つヒント

 | 株式会社の特徴(募集設立) > 設立準備行為 | 発起人による設立事項の決定 | 定款の作成 | 定款の認証 | 発起人による株式発行事項の決定 | 設立時募集株式に関する事項決定 | 設立時募集株式の申込み、割当て | 出資の履行 | 発起人全員の同意による発行可能株式総数の決定 | 創立総会 | 設立時代表取締役の選定(取締役会設置会社の場合) | 本店の所在場所の決定 | 設立登記 | 

4.株式会社の設立(募集設立)

発起人による設立事項の決定

株式会社を設立するにあたり、発起人により、設立事項の概要を決定します。直接発起人全員で定款の内容を決定することも当然問題ありませんが、株式会社設立時に資本金を払い込む金融機関によっては資本金の払込に際し下記参考例の内容を決めた発起人会議事録を要求する場合もあります。ただ、最近の金融機関は公証人の認証を受けた定款を要求するところが多いのであまり下記発起人会議事録は要求されることも少ないと思われます。尚、下記発起人会議事録は設立登記に際しての添付書類ではありません。

 

発起人会議事録(参考例)

 


前のページへ戻る