集客での検索結果 « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

    集客で検索した結果(26件中 1件目~10件目を表示)

  • 自社に向いた無理なく続けられるソーシャルメディアの選び方

    FacebookやLINE、ツイッターなど、話題になったソーシャルメディアはいろいろ試してみたのですが、どれも効果が出ず長続きしませんでした。自分にはWEBは向いていないのでしょうか。

    自社の業種や課題、顧客層にあったWeb活用策を選ぶことが重要です。
    これまで企業のWEB活用の手段はいろいろ出てきましたが、せっかく始めても続けられる方は少ないようです。これは、業種や業態、さらには自社の課題にあったWEB活用策を選んでいないことが原因です。本来はそれぞれ目的が違うものなので、自社のマーケティング戦略の中に位置付けて、その本当の目的を理解したうえで取り組むことが重要です。

    WEB活用策の中でも、ソーシャルメディアの特徴は、利用者とのコミュニケーションです。運営者からの情報発信に加えて、運営者とユーザーとの、あるいはユーザー同士の会話によりコンテンツが作られます。ユーザーからのコメントには、好意的なものだけではなく、お店や製品・サービスへの不満...
    回答の続きを読む
  • ホームページの効果が上がらない本当の理由

    ホームページに対してSEOやリスティング広告を積極的に行っているのですが、会社の業績への効果が出ません。WEBではなく、チラシ等の手段に販売促進の重点を移そうと考えているのですが。

    ホームページの運用においては、何を目的とするかがいちばん重要です。
    今ではほとんどの事業者の方がホームページを持っています。しかし、そのホームページの目的を明確にしている方はあまり多くはありません。
    例えばチラシを作る際は、新商品の売り出しや新店への集客といった、明確な目的を設定することが普通です。
    しかしホームページを作る際には、このような明確な目的をもたないことが多いです。
    集客目的のチラシでしたら、来店客数が目標を下回ればチラシは失敗と判断でき、デザインや配布先の見...
    回答の続きを読む
  • 広告宣伝をしているのに客が来店しません。

    チラシ、DM、メルマガ、インターネット広告など広告宣伝にお金をかけていますが、全く効果がなく、客が来店しません。どうしたらいいのでしょうか?

    広告宣伝を実施する前に、「ビジネスを繁盛させるための3大原則」をおさえましょう。
    「ビジネスを繁盛させるための3大原則」とは、次の3つの質問に対して、経営者として明確な答えを持つことです。
    (1)あなたはビジネスを、どんなお客様のために行っているのですか?
    (2)そのビジネスによって、そのお客様はどんなハッピーを得ることができますか?
    (3)あなたはどのようにして、お客様のハッピーを実現させるのですか?

    <(1)あなたはビジネスを、どんなお客様のために行っているの...
    回答の続きを読む
  • 店舗の集客のやり方を教えてください。

    店舗オープンして数年が経ちますが、安定した集客が実現できず、売上・利益が上がりません。

    「顧客の種類」に応じて「集客の打ち手」は異なります。
    集客を行う前に、まずは顧客の種類について知っておく必要があります。「市場(マーケット)→見込客→新規客→固定客→ファン客」です。

    特定の「市場(マーケット)」があって、その中に、自社の商品・サービスに興味をもってくれそうな「見込客」がいるわけです。見込客が一度でも商品・サービスを買ってくれたら「新規客」になります。そして、新規客が何度もリピートをしてくれて「固定客」になります。その固定客の中で自社との...
    回答の続きを読む
  • 効果的なお店のPRを教えてください。

    新規店舗をオープンします。どのようにお店をPRしたら効果的に集客できますか?

    対象顧客の求めているベネフィット(機能的便益・感情的便益)を明らかにしましょう。
    新規店舗のオープンということですが、どんなお客様を対象顧客にしているお店でしょうか?実は、同じ商品・サービスを扱っている店でも、対象顧客が違うだけでPRの内容・やり方は全く異なります。

    例えば、カフェの場合、対象顧客が「営業活動に励んでいるサラリーマン」と「幼稚園の送り迎えママ」では、そのPRの内容・やり方が異なる理由は容易に分かりますよね。これが、一見似通っているように思える、「営業活動に励んでいるサラリーマン」と「ノマドワーカー(=自宅や会社のオフィス...
    回答の続きを読む
  • ホームページやインターネット広告の効果を見える化したいのですが。

    売上アップを目論み、ホームページをリニューアルしてSEOやリスティング広告、Facebookによる情報発信を始めました。投資に見合った効果が出ているのか、どうしたら確認できますか。

    ホームページ上のアクセスデータと現場の問い合わせ情報の両方を勘定しましょう。
    ホームページ関連施策の効果は、Google Analytics(グーグル・アナリティクス)等のアクセス解析ツールや広告配信媒体の管理ツールを用いて数字で把握することができます。

    アクセス解析ツールを利用することで、基本的な数字では、ホームページに何人が訪問しているか、どこから訪問したか、どのページが見られているか、お問い合わせフォームが何回利用されたかといった情報をタイムリーに把握することができます。
    そして、「どのキーワードで検索した方がお問い合...
    回答者
    e-ビジネス・WEB活用
    松尾 健治
    回答の続きを読む
    回答者
    e-ビジネス・WEB活用
    松尾 健治
    専門家の詳細を見る
  • 創業時の不安を解消して資金調達にもつながる手法について

    店舗(小売店、サービス業など)の創業を考えていますが、仕事に直結した業務経験がなく、考えている品揃えやサービスで集客できるのか不安があります。融資を受けるときにもこの点を問題視されそうです。不安を解消する方法はありませんか。

    ターゲット顧客に対するアンケートをとることが不安解消につながります。
     事業内容について不安を抱える経験が浅い方や、市場設定に迷いがある方に、私がお勧めしている手法は、顧客アンケートをとることです。想定する品揃えやサービスの内容への評価やニーズなどを聞き取って、実際に足を運んでみたいかどうかということを記載してもらいます。もちろん許可を取ってメールアドレスなど連絡先も収集しましょう。
     見込み顧客アンケートは、ご自身が想定している店舗に集客力があるのかどうかリサーチが出来るだけでなく、価格設定の参考、サービス内容のブラッシュアップも可能です。加えてオープン後の見込み顧客としてDMによる案内も可能となります。足で稼ぎ手間をかけるリサーチは創業計画の不確実性を低...
    回答者
    創業全般
    永井 俊二
    回答の続きを読む
    回答者
    創業全般
    永井 俊二
    専門家の詳細を見る
  • 求人に反響がありません。求職者は求人票のどこに興味が・・・

    求人サイトなどで求人広告を出したりハローワークで求人票を出したりしていますが、
    応募につながるような反響がありません・・・
    やっぱり、お金をかけて広告したり、賃金を高くしたりしないとダメなんですかね・・・

    求人とは、集客。求人票への興味、必ずしも賃金ではありません。
    1.欲しい人材はどこを見る 「求人票の科学」
      求職者は、求人票のどこに興味があるのでしょうか?
    それを科学的に検証した研究報告書が、労働政策研究・研修機構から公表されています。
    求職者の“視線の動き・注視時間”を視線計測装置で計測、その数値を色と濃度に
    変換し表現する「アイトラッキング・ヒートマップ」の2つの手法で検証...
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    回答の続きを読む
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    専門家の詳細を見る
  • 街中で飲食店をしているので外国人観光客で売り上げを伸ばしたい

    ラーメン店を経営していますが、競合店も多く集客に困っています。街には外国人が観光で来ているので、外国人が来店してくれればと考えています。外国人に来店してもらえる方法があれば教えて下さい。

    外国人が来店してくれる方法はあります。安心して下さい。
    年間4000万人の外国人が訪日する時代に進んでいる事と、国内は少子高齢化で消費人口が減少している事から外国人の取り込みは大変良いビジネスチャンスです。
    外国人が頻繁に店舗前を通過しているとすれば、日本人の集客方法と同じく購買心理を活用すべきですが、タペストリーなどで注意・興味を引く為にはビジュアルが大切です。外国人は日本語が読めないのでタペストリーやメニューに外国語表記を入れる事です。外国人の中には豚肉・牛肉を宗教上食べない...
    回答者
    店づくり・店舗運営
    堀越 昭夫
    回答の続きを読む
    回答者
    店づくり・店舗運営
    堀越 昭夫
    専門家の詳細を見る
  • パート・正社員を募集しても・・・ 効果的な求人票の書き方とは

    ハローワーク等で求人募集をしていますが、反響が少なく、反響があってもなぜか、
    イメージの違う人からの応募が・・・

    マーケティングと広報の視点で、求人票のブラッシュアップを。
    1.「求人とは集客」 マーケティングと広報(PR)活動です。
      求人募集とは、「望むイメージの応募者を集める活動」。みなさんの会社の集客と同じ、
    マーケティングと広報の視点が大事です。
     ですが、ご注意頂きたいことは、「人材像(求人ターゲット)の明確化」
    会社のPR活動に置き換えてみてください。「ターゲットの明確化」は最初の一歩。
    P...
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    回答の続きを読む
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    専門家の詳細を見る

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る