集客での検索結果 « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

    集客で検索した結果(37件中 1件目~10件目を表示)

  • 新卒採用を考えています。学生は会社選びで何を重視していますか

    当社では若い人材を確保するため、新卒採用を考えています。「今どきの学生は中小企業へのイメージが良くなく、大企業志向」などと聴いたことがありますが、実際のところ何を重視して就活しているんでしょうか?

    “規模の大小”より、もっと重視していることがあります。
    学生が「会社選びで重視すること」

    近畿経済産業局が、近畿圏の学生を対象に調査を行った
    レポート「学生に響く中小企業の魅力発信」では
    以下のような結果が報告されています。
     ・「企業規模が大きいこと」:50.1%
     ・「やりたい仕事ができる」:86.2%
     ・「自分に合った仕事ができる」:92.6%
     ・「会社・職場の雰囲気...
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    回答の続きを読む
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    専門家の詳細を見る
  • 求人を出しても応募が・・・お金をかけないと採用って厳しいですか

    人手不足で、いろいろなところに求人を出してみましたが、応募がなく採用できていません。やっぱりホームページとか、求人サイトとかにお金をかけて求人しないと採用って厳しいんでしょうか?

    求人にかける費用の多寡よりも、大切な視点があります。
    ・「ハローワーク」は8割超の企業が利用、その4分の3が採用につなげた実績
    ・「自社ホームページでの告知」は4分の3の企業が利用するものの、
     それによって採用した実績のある企業は、4分の1程度にとどまる

    このコメントの出典は、大阪経済リサーチセンターの令和元年度調査研究 No.181 
    各種求人媒体の利用から採用実績までの推移を調査、以下の結果が報告されてい...
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    回答の続きを読む
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    専門家の詳細を見る
  • 越境EC等のオンラインツールを活用した海外販売先、仕入先の開拓について教えて下さい

    海外の販売先、仕入先を開拓するのに、越境EC等のオンラインツールを活用してチャレンジをしようと考えています。取組みを成功させるためには、どのような点に気を付けるべきか。ポイントを教えて下さい。

    ツールの特性を理解し自社にあったものを選定し取組むことが重要です。
    近年のインターネットの進化は、国際貿易においても越境ECという形でオンラインツールを活用したビジネスに発展しています。
    オンラインでの販売を行う売り場として、既成のフォーマットに多数のショップが集まっているオンラインショッピングモールと、自社でインターネット上にネットショップを開設するものとがあり、オンラインショッピングモールでは、集客はしやすいのですが、その中でいかに差別化するかといった特徴...
    回答者
    海外取引
    山本 雄彦
    回答の続きを読む
    回答者
    海外取引
    山本 雄彦
    専門家の詳細を見る
  • 店の固定客を増やすには?

    お店を開いて1年近く経つのですが、なかなか固定客の獲得につながりません。どうすれば自店のお得意様(固定客)を増やすことができるのでしょうか?

    個性ある店づくりとお客様とのコミュニケーションを心がけましょう!
    固定客とは繰り返し購入してくれる顧客、つまり、お得意様です。固定客は何らかの理由でその店が気に入り、何度もその店で購入する、いわば店のファンです。一般にお得意様(ファン)の購買額が店の利益全体の7〜8割を占めるといわれており、いかに多くのファンを獲得するかが店の利益向上の大きなカギとなっています。
    固定客が増えない原因として主に2つ考えられます。
    1つ目は自店のお客様をしっかり捉えていない場合です。「通行客=お客様」ではありません。すべての人をターゲットにするのは不可能です。
    2つ目はお客様とのコミュニケーション不足が考えられます。店のファンづくりには、お客様とのコミュニケ...
    回答者
    店づくり・店舗運営
    伊津田 崇
    回答の続きを読む
    回答者
    店づくり・店舗運営
    伊津田 崇
    専門家の詳細を見る
  • 頻繁に割引サービスを行っても売上アップにつながらない場合は?

    客数アップを図るため、頻繁に割引サービスを実施しているのですが、なかなか売上アップにつながりません。どうすればいいのでしょうか?

    割引は安易に考えず、時期、対象顧客・商品等を絞って検討しましょう!
    割引は多くの店の方が最初に思いつく販促手段ですが、簡単に実施できる反面、安易に使ってはいけない危険な手法です。
    割引サービス(セール)は一時的に集客が見込めますが、何度も繰り返すと、お客様は割引価格が実勢価格と思うようになり、定価で商品を買わなくなります。その結果、割引を行えば行うほど利益が減少し、徐々に経営を圧迫する恐れがあります。
    また、割引によって引寄せられる顧客には、1円でも安い...
    回答者
    店づくり・店舗運営
    伊津田 崇
    回答の続きを読む
    回答者
    店づくり・店舗運営
    伊津田 崇
    専門家の詳細を見る
  • 飲食店でインターネットを使って売上を上げる方法は?

    現在、飲食店を経営しています。新型コロナウィルスの影響で苦戦しています。今後インターネットへの取り組みを通じて、売上を上げてゆきたいです。具体的に売上を上げるためにどの様に取り組んでいけばいいですか?

    ホームページ、SNS等を出来るところから活用していきましょう
    いまやホームページは店舗にとってチラシのような存在になりつつあります。初めてのお客様もリピート顧客も店舗のホームページや情報サイトからお店の情報を得たり、店舗を選択する際のチェックをしています。

    ① インターネットを活用して告知宣伝&集客する
    スマホの普及と共にインターネット環境が身近になり、どこでも情報を収集・確認する事ができる時代になってきています。インターネットを活用して告知宣伝情報の発信や集客はこれからの店舗にとって必須です。
    ② 活用する媒体の種類を知る
    イン...
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    回答の続きを読む
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    専門家の詳細を見る
  • 飲食店を開業したいのですがコロナ後で変化したことはありますか?

    飲食店の開業準備をしようと思っています。このたびの、新型コロナウイルスでは、多くの飲食店も大打撃を受けているので、自分にできるか不安です。コロナ禍の前後で、大きく変化したことはありますか?

    飲食店の核となる「店舗選びの条件」が大きく変わりました。
    新しい生活様式(ニューノーマル)が、飲食店にも大きな影響を与えています。飲食店は「物件選び」が、とても重要ですので、ここでは「物件について」お伝えします。今までと大きく変化したことは「一般的な優良物件の定義(条件)」の内容です。どのように変化したのか、以下の三つにまとめました。

    ① 「こぢんまりとした小さめの物件」→三密を避けるため、適正な席数が作れません
    ② 「隠れ家的な地下の物件」→窓がなく、換気ができません
    ③ 「駅チカの店舗」→リモートワーク導入企業増で、ビジネスマンが減少する可能性があります。
    ① についてですが、今までは、個人で小さな飲食店(居酒屋...
    回答者
    店づくり・店舗運営
    木村 美季
    回答の続きを読む
    回答者
    店づくり・店舗運営
    木村 美季
    専門家の詳細を見る
  • Webを活用したB to Bビジネスの新規開拓をする方法

    B to C企業が、ホームページやSNSを使って知名度や売上向上につなげているイメージはありますが、当社はB to Bビジネスをしています。B to BでもWebで新規開拓できますか?

    BtoBビジネスの販路開拓は、Web活用が効果的です。
    企業には解決したい問題(ニーズ)があり、価格や技術力、品揃え、品質、納期対応など、その条件が明確にあるため、B to CビジネスよりもB to Bビジネスの方がWeb活用で成果を上げやすいと考えています。
    しかしながら、取引構造が硬直的なためホームページは必要ない、当社と同じような技術を持つ企業は限られている・業界内で知名度があるからわざわざからPRしなくても問い合わせがくる、と考えているB to B企業の経営者も多いです。みすみすビジネスチャンスを逃しておられ、もったいないことです。
    ...
    回答の続きを読む
  • ホームページのアクセス解析で売り上げを伸ばす

    ホームページからお問い合わせを増やして、売上をアップさせたいです。
    専門書を読んでいたらアクセス解析をしましょうと書かれています。社内で取り組む場合、どのようにしたらよいでしょうか?

    実施面では仮説と検証指標の設定、運営面では社内体制や予算設定が大切です。
    ホームページにアクセス解析ツールを導入することで、どのくらいの人がホームページに訪れているか、どこから来ているかに始まり、詳細なマーケティング情報を得られます。
    アクセス解析ツールは様々ですが、代表的なものに無料(2018年7月時点)で使用でき、
    インターネットや書籍で情報を得やすいGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)があります。

    アクセス解析にあたって必要なのは、どうしたら成果が出るのかという仮説と、その成果を図る指標です。
    仮説...
    回答の続きを読む
  • ホームページやインターネット広告の効果を見える化したいのですが。

    売上アップを目論み、ホームページをリニューアルしてSEOやリスティング広告、Facebookによる情報発信を始めました。投資に見合った効果が出ているのか、どうしたら確認できますか。

    ホームページ上のアクセスデータと現場の問い合わせ情報の両方を勘定しましょう。
    ホームページ関連施策の効果は、Google Analytics(グーグル・アナリティクス)等のアクセス解析ツールや広告配信媒体の管理ツールを用いて数字で把握することができます。

    アクセス解析ツールを利用することで、基本的な数字では、ホームページに何人が訪問しているか、どこから訪問したか、どのページが見られているか、お問い合わせフォームが何回利用されたかといった情報をタイムリーに把握することができます。
    そして、「どのキーワードで検索した方がお問い合...
    回答の続きを読む

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る