助成金での検索結果 « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

    助成金で検索した結果(4件中 1件目~4件目を表示)

  • 教育訓練を計画的に実施したいが、留意点について知りたい

    わが社では、今まで計画的に教育訓練を実施していませんでした。今後は人材の早期育成と定着を図るため、教育訓練計画を作成したいと考えていますが、どのようなものを作ればいいのでしょうか。

    求める人材像をはっきりさせ、人事制度と連動をはかりましょう。
     長期的な考えを持たずに教育訓練を行っていると、効果はあまり期待できません。計画を立てることで、方向性が定まり、従業員も意欲を持って能力開発に取り組んでいくことができます。教育訓練関連の助成金も計画の作成が前提になっているものもあるようです。教育訓練計画を作成し、効果的かつ効...
    回答者
    労務管理
    増田 哲也
    回答の続きを読む
    回答者
    労務管理
    増田 哲也
    専門家の詳細を見る
  • 法人化しようと思っているのですが、法人化のメリット・デメリットを教えて下さい

    現在個人事業として活動しておりますが、法人化しようと思っています。法人化したときのメリット・デメリットを教えて下さい。

    法人化にはたくさんのメリットがあります。
    法人化した場合のメリット・デメリットですが、まずはメリットとして以下のものがあります。
    1 社会的信用の増大する
    一般的には、法人の方が事業を行う上で得意先や仕入先などからの信頼を得やすいと言えます。銀行からの融資などの際も、通常は法人である方が融資を受けやすいでしょう。
    特に規模が大きくなればなるほどこの信用度は重要になってくると思います。
    2 法人名義で銀行...
    回答の続きを読む
  • 労働時間を短縮し、成果を上げる働き方を実現するには?

    時間外労働に対する指導や規制が強まっている、と聞きました。未払い残業代請求も増えているとのことなので、労働時間を短縮し、かつ成果があがるようにしていきたいと思っていますが、どうしたらいいでしょう。

    投入した時間あたりの成果を可視化し、評価できる仕組みを作りましょう。助成金が活用できる場合もあります。
    労働時間の原則は、1日8時間、週40時間です。一定の例外扱いもありますが、基本的にこの時間を越えると、割増賃金を支払わなければならず、割増賃金率は、2割5分です。そして、平成22年の労基法改正で、月60時間を越える時間外労働の割増賃金率は5割増にしなければならないこととされました(中小企業は今のところ猶予。しかし2年後には適用される、という動きもあり)。
    解決策は、時間あたりの成果(生産性)をあげることです。その為には、以下のことを見直し、無駄や改善できるところははないか、現状分析してみましょう。
    ①個々の業務(会議のやり方や資料の整理も含む) ②業務フロー(人員配置や作業の流れ。部門間や人によるバラツキ)③管理手法・評価制度等の...
    回答の続きを読む
  • 在宅勤務(テレワーク)を行う場合の、労務管理上の注意点について教えてください

    育児や介護の問題を抱える社員から、「在宅勤務にしてもらえないか」という相談がありました。当社でも検討してみたいと思っていますが、どんな事に気をつければ良いですか。

    事業所の実態に合わせ、就業規則や雇用契約を整え、ITツールを積極的に活用しましょう。助成金が活用できる場合もあります。
    <テレワークとは>
    少子高齢社会の中,育児、介護など社員の要望に応じた、多様でフレキシブルな働き方が求められています。テレワークとは、情報通信技術(ICT)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと。次世代のワークスタイルとして政府も推奨しています。
    <就業規則にテレワーク(在宅勤務)規...
    回答の続きを読む

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る