エネルギー原単位管理の方法について教えてください。の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

エネルギー原単位管理の方法について教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • エネルギー原単位管理の方法について教えてください。

    当社は電気使用量に削減目標を設定し省エネに取り組んでいます。しかし、受注拡大の結果、電気使用量も増え、目標の達成が困難となっています。このような場合の目標設定の方法を教えてください。

    目標設定には、総量削減目標の他に、原単位目標があります。


     省エネ活動を行う中で、電気などエネルギー使用量に削減目標を設定し、PDCAサイクルを回しながら取組みを進めることは大変有効な方法です。しかし、総量での削減目標を設定している場合、受注が増えるなどにより事業活動が活発になると、それに伴いエネルギー使用量が増えてしまい、目標を達成できず困っているという話しをよく聞きます。

     このような場合、目標として「エネルギー原単位」を用いることをお勧めします。「エネルギー原単位」とは、対象とする企業、建物、設備等の一定期間のエネルギー消費量を同じ期間の活動量で割った値です。ここで活動量とは、工場の生産数量、生産高、店舗の来客数、売上高、ビルの延べ床面積、在室人数など、対象とする企業、建物、設備等の活動の程度を表す値です。エネルギー原単位はエネルギーを有効に利用しているかどうかを測る物差しで、「エネルギー生産性」(の逆数)を評価することができます。

     「エネルギー原単位」の削減目標を設定すると、事業拡大でエネルギー使用量が増えた場合でも、効率的に使用する取組みを進めることで原単位は減少し、目標を達成することが可能となります。

     原単位を設定する場合、活動量の選定が重要で、対象とする企業、建物、設備等の活動の程度を表しエネルギー消費量と密接な関係を持つ量を採用する必要があります。

    原単位管理の事例の図

     図は、ある工場の電気使用量の原単位管理(生産数を活動量として採用)の事例です。毎月の電気使用量と生産数から、単月と累計(期初から当月までのエネルギー消費量の合計を、活動量の合計で割った値)のエネルギー原単位を算出しています。単月だけでなく累計での進捗を毎月把握することで、年間目標達成に向けた現時点の進捗状況を確認でき、適宜、挽回策等の対策を検討することができます。

回答した専門家
省エネ

小河 晴樹

豊富な省エネ診断実績と計測器や独自開発ツールをフル活用し、費用対効果の高い省...

昨今の電力料金やエネルギーコスト上昇により、企業様にとって省エネによるコスト削減は喫緊の課題です。
また、これまで省エネをあまり意識されなかった企業様にとっては、コスト削減の絶好のチャンスです。
豊富な省エネ診断実績と計測器や独自開発ツールをフル活用して、費用対効果の高い省エネ対策の実施を支援します。

ライセンス

エネルギー管理士
中小企業診断士

重点取扱分野

◇ 省エネ診断・省エネ推進
・計測診断を駆使した省エネ...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る