大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

モーターへのインバータ導入による省エネについて教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • モーターへのインバータ導入による省エネについて教えてください。

    モーターを使用している機器にインバータを取り付けることで、大幅な省エネを実現することができると聞きました。具体的な方法と効果ついて教えてください。

    インバータによりモーター使用機器の大幅な省エネが実現します。


    ポンプやファンなど、モーター使用機器の大幅な省エネを実現する切札はインバータの導入です。ここでは、インバータの概要と効果事例について解説します。

    電力会社から供給される電気の周波数は50または60Hzで固定されているため、電気駆動のモーターは、周波数とモーターの極数で決まる一定速度で回転します。そこでモーターで動くファンやポンプの空気や水の流量調整は、ダンパやバルブを絞ることにより行っていますが、そこでは非常に大きなエネルギー損実が発生しています。

    インバータは、図1(a)に示す簡単な構成でモーターに接続することにより、任意の周波数の電気をモーターに供給し、モーターの回転数を自在に制御することができます。

    図1(b)は、所定の流量をダンパやバルブで設定した場合と、インバータで制御した場合の消費電力の比較です。ダンパやバルブを用いた場合は、定格値に比べ流量を60%に低減しても消費電力は約80%消費するのに対し、インバータ制御では約23%と大幅に低減することができます。

    現状、ダンパやバルブで流量調整している場合や、過剰な流量のまま使用している場合、インバータを導入することで大幅な省エネを実現することができます(図中の効果試算例では年間約62万円)。

回答した専門家
省エネ

小河 晴樹

豊富な省エネ診断実績と計測器や独自開発ツールをフル活用し、費用対効果の高い省...

昨今の電力料金やエネルギーコスト上昇により、企業様にとって省エネによるコスト削減は喫緊の課題です。
また、これまで省エネをあまり意識されなかった企業様にとっては、コスト削減の絶好のチャンスです。
豊富な省エネ診断実績と計測器や独自開発ツールをフル活用して、費用対効果の高い省エネ対策の実施を支援します。

ライセンス

エネルギー管理士
中小企業診断士

重点取扱分野

◇ 省エネ診断・省エネ推進
・計測診断を駆使した省エネ...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る