大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

トラブルになる前に弁護士に相談してほしいと言われますが,どのようなメリットがあるのですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • トラブルになる前に弁護士に相談してほしいと言われますが,どのようなメリットがあるのですか?

    弁護士に相談に行くと,トラブルになる前に弁護士に相談してほしかったと言われました。
    トラブルになる前に弁護士に相談すると,どのようなメリットがあるのでしょうか。

    紛争解決に様々な手法を選べたり,紛争解決コストが安価で済むことがあります。


    メリットとしては,主に以下のメリットがあげられるでしょう。
    ① 潜在的な紛争に関し,その解決のためにより多数の選択肢が選べる
    ② 潜在的な紛争に関し,その解決にかかる時間が短時間ですむ場合がある。
    ③ 弁護士費用が安価で済む可能性がある。
    ④ 弁護士に会社のことをより詳細に把握してもらえる。
     まず,①についてですが,例えば,ある新商品を開発して売り出す場合に,新商品の商標について何も調査せずに売り出したとします。そうすると,第三者から,自社の商品の商標を侵害しているとして,商標権侵害で損害賠償請求をされる可能性があります。裁判を提起されたならば,何等かの形で和解をしない限り,裁判で白黒つける必要がでてきます。仮に,事前に,例えば商品名決定の段階で弁護士に相談していれば,商標調査をし,商標の同一性判断をしたうえで,同一と評価されない程度に修正した商標に変更して売り出すことにしたり,まったく異なる商標にしたり,リスクを許容したうえで同一の商標で売り出したり,事前に商標について第三者と交渉したり,その解決のために多数の選択肢が選べることになります。
     つぎに,②についてですが,例えば上記事案であれば,一旦裁判になれば,裁判の終了まで長期に亘る可能性があります。しかし,事前に商標調査等をするだけであれば,数日乃至数週間で潜在的なトラブルを回避できる場合があります。
     さらに,③については,これも,事前の相談だけであれば,弁護士費用は数万円で済んだ可能性があるにもかかわらず,訴訟になれば,訴額にもよりますが,数時間分の相談料よりも高額の弁護士費用がかかる可能性が極めて高いでしょう。
     その他にも,会社側から企業法務をおこなう弁護士への要望として,よく,「もっと会社の実情を知って欲しい」ということが挙げられます。普段から,ささいなことでも事前に弁護士に相談することで,その会社の実情を弁護士に知ってもらっていれば,④弁護士がより詳細に会社のことを把握できるようになります。
     このように,会社がトラブルになる前に弁護士に相談すると様々なメリットがあるのです。

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る