大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

飲食店舗のお客様を増やす方法はありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 飲食店舗のお客様を増やす方法はありますか?

    飲食店を経営しています。最近お客様が減っている感じです。来客数を増やす方法は
    ありませんか?

    自分の店舗を顧客視点で再定義しましょう。


    地域分析→ポジション分析→ニーズ仮説→コンセプト化→実践+検証→ブラッシュアップ 次のステップで店舗の位置づけを再定義しましょう。
    ①「地域分析」
    ②「ポジション確認」
    ③「ニーズ仮説」
    ④「コンセプト化」
    ⑤「トライ&エラー」
    ⑥「ブラッシュアップ」
    です。
    ①「地域分析」とは、自分の店舗を外から見た視点(顧客視点)で見直してみましょう、という事です。つまり、店舗を取り巻く環境をまず見てみましょう。周辺にはどのような人々が生活していますか?オフィスですか?住宅街ですか?どのような店舗がありますか?意外と自店舗以外は注意して見ていないものです。一度じっくり研究してみましょう。
    ②「ポジション確認」とは、①で行った分析から、自分の店舗の位置づけを考えましょう、という事です。地域によって、お客様が変わりますので、店舗を利用する理由は異なります。気軽に利用できる店舗なのか?ちょっとおしゃれしてゆく店舗なのか?ご自分の店舗は地域の中でどのような位置づけにあるのか?を考えてみて下さい。また、同時に店舗の商品やサービスのブラッシュアップも行って下さい。
    ③「ニーズ仮説」とは、②で考えた位置づけにある場合、お客様はどのようなニーズがあるでしょうか?という事です。ニーズ・必要性がなければお店に来て頂く事はできません。お客様のニーズの本質を考えてみましょう。モノを売るのではなく、コトを販売するという視点で考えて下さい。
    ④「コンセプト化」とは、③で考えたニーズに対する回答を、コンセプトとして見える形にまとめてゆきましょう、ということです。お客様に伝えるための形です。お客様が来店頂く理由に繋がってきます。ポイントはどのようなお客様をターゲットに考えるか?という視点が大切です。
    ⑤「トライ&エラー」とは、④で作ったコンセプトを色々な方法を使ってお客様にアピールしてゆきましょう、ということです。チラシ配布、ポスティング、折込、店頭POP、想定したお客様との接点をどうやって作ってゆくかをトライ&エラーで実施して下さい。動く事で必ず変化が出て来ます。
    ⑥「ブラッシュアップ」とは、上記の内容を常に考え、どんどんレベルアップしてゆきましょう、という事です。常に顧客視点で考え、何を、誰に、どのように伝えるか?を考えて下さい。お客様の来店は必ず増えます。徹底して行う事が大切です。

回答した専門家
販売促進・広告戦略

戸田 浩司

あなたに必要な答えはここにあります。課題解決を共に考え、行動し、成功への時間...

★信条
中小企業の成長時期には、現場は外部からの知識指導のみでは成長は難しい。
中小企業にこそ、経営者・現場と共に考え、行動できるコンサルタントが必要である。
机上での論理的なアドバイスだけでなく、共に成長できるコンサルティングの提供を行う。
★相談内容について
なんでも気軽にご相談下さい。マーケッティングから人生相談までOK!!

ライセンス

宅地建物取引主任

重点取扱分野

●マーケッティング
→ビジネスモデル立ち上げ時のマーケ...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る