製造現場のムダを削減する方法の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

製造現場のムダを削減する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 製造現場のムダを削減する方法

    製造現場のムダを削減すると生産性が向上すると聞きました。ムダを削減するには、どのような取り組みをすればよいでしょうか。

    製造現場のムダを発見し、排除する活動を行っていきます。


    製造現場には、多くのムダがあり、ムダを発見し、ムダを削減することにより、付加価値の高い業務が多くなり生産性が向上します。製造現場での即効性のある3大ムダが、手待ちのムダ、運搬のムダ、在庫のムダ、になります。
    1.手待ちのムダ
     手待ちのムダとは、その名の通り作業をすることなく手が待ち状態のことです。例えば、ライン生産の場合、改善前のラインの効率を表すラインバランス効率は 
    ラインバランス効率=工程の所要時間/(ピッチタイム×工程数)
    =(8750+7500+6250+5000+7000)/(8750×5)=78.9% で21.1%と手待ちが多いですが、工程を配分した改善後のラインバランス効率は、
    ラインバランス効率=(7000+6250+6750+7500+7000)/(7500×5)=92.0% 
    となり、全体の8%しかムダがなくなり、生産量を増やすことが可能になります。

    製造現場のムダ削減のサイクルタイム図

    2.運搬のムダ
     運搬のムダとは、パレットからパレットへ移しかえる動作、棚から手元へモノを運ぶ動作などの小さな動作など、倉庫から工場へモノを運ぶまでの一連の動きをいいます。この中で付加価値がつく動作は一つもありません。
    倉庫は必要か、直接材料を材料置場や機械場へ納入できないか、などを検討してみましょう。工具は、工具台車などを作成し、必要な工具を手元におく手元化を行うことで、工具の運搬するムダが省かれます。
    3.在庫のムダ
     在庫のムダとは、余分なモノを買いすぎたり、造りすぎたりすることに起こるムダで、材料、部品、仕掛品、完成品などの全てが対象となります。もちろん「必要な在庫」はあります。必要な在庫と、買いすぎ、造りすぎた在庫を区別しないと、ムダな在庫が発生します。いつ使われるのかはっきりしない、余分に造っておけば後工程に迷惑をかけないという安心感、といった管理の甘さから在庫のムダが発生します。すべての在庫は、そこに存在する理由があり、なぜそこにおいてあるのか説明できなければ、全てムダな在庫になります。

回答した専門家
生産管理

窪津 正充

企業様の気になる問題について、深く考えて支援いたします。お気軽にご相談して下...

社長様の想いを現場レベルまで行き届けるのが信条です。企業の方向性に寄り添いながら、ともに高みを目指して支援いたします。現場が好きで、現場・現物・原則の三現主義に基づいて、その場その場に応じて企業とともに考えていきます。コンサルティングにあたっては、現場に入り込むことにより実践的な診断・支援をしたいと思っております。

ライセンス

中小企業診断士
危険物取扱者甲種

重点取扱分野

■生産管理、現場改善
・5Sによって現場を見える化し、...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る