中期経営計画と短期経営計画の違いを教えてください。の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中期経営計画と短期経営計画の違いを教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 中期経営計画と短期経営計画の違いを教えてください。

    短期経営計画として予算は毎年作成していますが、中期経営計画は作成したことがありません。両者はどのように違うのでしょうか。

    中期経営計画は進むべき方向性を明確にし、短期経営計画は「今を知るモノサシ」です。


     経営計画は、大きく3つに区分することができます。
     長期経営計画(10年程度)、中期経営計画(3〜5年)、短期経営計画(1年)です。
     まず、それぞれの違いを把握しておきましょう。
     
     長期経営計画は、経営方針や長期的なビジョン、例えば10年後にありたい姿などをまとめたものです。
     中期経営計画は、もう少し短いスパンで、長期的なビジョンを実現するために、企業の進むべき方向性を明確にし、「今、何をなすべきか」を明らかにすることを狙いとして策定されるものです。「現状から見た将来を示すもの」と言えます。
     それに対し、短期経営計画は数値計画などを詳細に立てたものであり、「今を知るためのモノサシ」だと言えるでしょう。

     「先が見えやすい」という意味で、作りやすいのは短期経営計画ですが、中期経営計画あっての短期経営計画の方が効果的です。
     例えば、赤字に苦しんでいる企業の場合、1年後に黒字にするのは至難の業かもしれません。せっかく計画を立てても、実践する意欲にはつながらないかもしれません。しかし、中期経営計画であれば、1期目が赤字でも「数年後には黒字になる」という希望を持つことができます。

     まとめると、中期経営計画を作成したうえで、そこから短期経営計画に落し込むことで予算化し、予実管理を行うことが望ましいといえるでしょう。

     最後に作成の頻度についてですが、中期経営計画は、「現状から見た将来を示すもの」です。現状が変われば将来も変わりますので、毎年作り直すことが理想的です。短期経営計画は、その実現のために、年度ごとの実行計画を策定したもの。予算と実績の差異を測り、現在地を知る「モノサシ」ですから、一度作ったら変更はしないのが原則です。

回答した専門家
税務、会計

神佐 真由美

夢や目標、ありたい姿を語って下さい。実現のために一緒に「何をどうするか」を考...

事業を継続するだけで大変な時代だと言われます。だからこそ、「自分の商品で世の中をよくしたい」「働きがいのある会社を作り、輝く人を増やしたい」・・・と事業をされている方、承継される方、起業を志される方の挑戦を応援したいです。経営は常に挑戦だと言われます。一番身近なパートナーとして、ビジネスドクターとして、皆さんが経営=挑戦に専念できる環境づくりを支援したいです。一緒に未来を描きましょう。

ライセンス

税理士
認定経営革新等支援機関

重点取扱分野

1)絵に描いた餅にならない魂の入った経営計画の策定(資金...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る