大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

ビジネスモデルを考える際のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • ビジネスモデルを考える際のポイント

    起業ビジネスのビジネスモデルを検討する際の主なポイントを教えてください?

    初期段階では、3C分析手法でビジネスモデルを考えましょう。


    ビジネスモデルを体系的に考える手法としては、様々な手法が存在します。その際、起業ビジネスの内容に応じて適切な手法を採用することが肝要です。どのようなビジネスでも、初期段階では、最も基本的な手法である3C分析と言う手法が共通的に有効と思います。3Cとは、顧客(Customer)、競合相手(Competitor)、自社(Company)であり、経営に最も重要な利害関係のある切り口から経営戦略を構築していくものとして活用されています。
     ①顧客の視点
    まずはビジネスを考える際に最も重要なファクターである顧客と言う視点で考えてみましょう。これには顧客の特性・ニーズ・行動パターンというミクロの切り口と、市場規模・構造・成長率というマクロの切り口があります。まずは、身近なミクロの切り口を整理してみて顧客が具体的に見えているかを確認してください。
    ②競合相手の視点
    競合(ライバル)の数、強さ、特徴、戦略、差別化ポイントと言う切り口があります。強い競合の多いところへ出て行っても勝ち目は少ないでしょう。競合とどう対するのか、現実的な具体策があることが重要です。「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」という諺通り、敵を知ることはビジネスの成否に通じます。また、今現在、競合が無くても、すぐに出てくるものとして、その際の対策も考えておくに越したことはありません。
    ③自社の視点
    自社の規模・業績・経営資源・差別化ポイント・経営状況・戦略という視点を考えてみましょう。手前味噌ではなく、客観的に整理してみることが肝要です。それを上記①②と比較検討し、伸ばす部分、対策を講じる部分を明確にし、進めていくことが重要です。
     起業を考えるとき、どうしても視野が狭くなり手前味噌な発想ばかりしがちですが、一度立ち止まって、上記の3つの視点から起業ビジネスを考え直すことは有効です。特に、どのような顧客にどのような価値を提供できるのか、客観的に評価して見てください。この3C分析を収斂していけば、基本的なビジネスモデルが構築できると思います。

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る