売上での検索結果 « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

    売上で検索した結果(89件中 1件目~10件目を表示)

  • 消費税が10%になったときの飲食店対策を教えてください。

    消費税が10%になりましたが、飲食店としてどのような対策が必要でしょうか?

    消費税軽減税率制度そのものをしっかりと理解することです。
    消費税がこれまでの8%から10%へ上がりましたが、これまでにも増税したときの「価格転嫁」の難しさや、「売上の落ち込み」を思い出すと、その不安や心配はどの事業者も同じだと思います。当然、売上の落ち込みを回避し「利益を確保すること」が一番の課題です。

    ただ、今回の消費税増税には、「軽減税率」というものがあります。すでにご存じの皆さまも多いとは思いますが、これが少しやっかいです。まずはその制度をしっかりと理解することが求められます。

    「消費税軽減税率制度」とは、簡単に言うと「食品に関しては、現行の8%のままでいいですよ」...
    回答の続きを読む
  • スタッフを採用する際、面接で注意すべきポイントを教えて下さい。

    新しく店舗を開業します。その際、求人で応募してきた人と面接を行ない採用の可否を判断したいと思います。面接で注意すべきポイントを教えて下さい。

    スタッフは売上を左右する重要な人材です。しっかり準備して取り組みましょう。
    スタッフは店舗の運営を左右する重要な存在であり、売上にも影響する大切な存在です。履歴書等の書類と共に、面接を行う事で採否を考える事は重要です。面接は採用する側にとって重要ですが、応募してこられている人にとっても重要です。つまり、店舗の姿勢、内容、経営者像が判断されるという事で...
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    回答の続きを読む
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    専門家の詳細を見る
  • 店舗をはじめます。効果的な求人方法を教えて下さい。

    近々、飲食店をオープンします。内外装は業者さんと打合せを行ない進んでいますが、人材採用が進んでいません。どうすれば効果的な求人ができますか?

    新規開業は求人のチャンスです。効果的な求人で店舗アピールも行ないましょう。
    スタッフは店舗にとって欠かせない存在であり、スタッフの能力次第では売上を左右する事がある程の重要な存在です。
    しかし、ついつい内装や設備を優先し、人材確保が後回しになってします。
    人材は必要コストですが、費用対効果を高める事ができるコストです。
    理想的なスタッフは、店舗の近く...
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    回答の続きを読む
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    専門家の詳細を見る
  • キャッシュレスで店の売り上げを伸ばせますか

    この頃QRコード決済の会社が導入を勧めてきますが、導入すれば売り上げは伸びるのですか、教えて下さい。

    売り上げを伸ばす事は可能です。
    「キャッシュレスになると売り上げは伸びますか」の質問に対して背景から説明します。
    現在日本は観光立国として2020年に年間外国観光客の訪日4000万人を目指し、外国人労働者を5年間で345000人を受け入れる体制を引き大学等の留学生枠も拡大します。
    去年の観光客が多かった国は「中国」「韓国」...
    回答者
    店づくり・店舗運営
    堀越 昭夫
    回答の続きを読む
    回答者
    店づくり・店舗運営
    堀越 昭夫
    専門家の詳細を見る
  • 消費税の増税は資金繰りにどのように影響するでしょうか。対策があれば教えてください。

    2019年10月からの消費税増税により、8%の税率が10%になった場合、資金繰りにどのような影響が出るのか、また、どのような対策があるのか教えてください。

    納税額の増加だけでなく、支払い額の増加やキャッシュレス決済の増加の影響を考慮する必要があります。
    消費税の増税によって、資金繰りに与える影響は少なくありません。
    1)8%から10%になることにより、支払金額そのものが増える
    2)8%から10%になることにより、消費税の納税額が約1.25倍に増える
    3)キャッシュレス決済ポイント還元事業の影響により入金が後になる金額が増える
    このような...
    回答者
    税務、会計
    神佐 真由美
    回答の続きを読む
    回答者
    税務、会計
    神佐 真由美
    専門家の詳細を見る
  • 売上が低迷しています。何から手を付ければいいでしょう?

    売上が減少しており、回復の見込みがありません。なんとか手を打ちたいのですが、何から取り組めばいいのでしょう?

    まずは、現状分析をして売上につながっていない業務やサービスを整理、重点的に取り組む内容を決めましょう
     売上の低下の原因は大きくは、環境の変化に自社のサービスや体制がついていっていない事にあります。顧客数の減少や単価のダウンなど、なんとなく感じている事を、数値で分析して明確にしてみましょう。さらに現場で接客や営業をしている人やお客さまにヒヤリングしてみると、取り組むべき課題が...
    回答者
    マーケティング戦略
    泊 悦子
    回答の続きを読む
    回答者
    マーケティング戦略
    泊 悦子
    専門家の詳細を見る
  • 営業の見える化で情報共有すべきポイントについて教えてください

    今まで営業に関しては、日報を書かせる位で営業マン任せでやってきました。
    「営業の見える化」をしていきたいのですが、何をどのように情報共有していけばいいのでしょう?

    「目標との差異と見通し」がリアルタイムでわかるように情報共有をしていきましょう
     個々人が頑張れば売上が上がっていた時代ではなくなり、属人化を防ぎ、組織営業をしていくためには「営業の見える化」必要です。
    かといって、日々の行動や営業の内容をすべて見える化する事は不可能であり、営業担当者の負担を増やすだけになりかねません。また日報のように終わったことの結果...
    回答者
    マーケティング戦略
    泊 悦子
    回答の続きを読む
    回答者
    マーケティング戦略
    泊 悦子
    専門家の詳細を見る
  • スマートフォンやタブレットをビジネスに活用するメリットは?

    最近、スマートフォンやタブレットを業務に利用している会社が増えていると聞きます。どのような活用法があるのか具体的に教えてください。

    ビジネスの現場ですぐに「記録する」、「見る」、「見せる」場合に力を発揮します。
    スマートフォン・タブレット(以下、スマホ等)には、①持ち運びしやすい、②タッチ操作で簡単に使える、③アプリで機能のカスタマイズが可能という特徴があります。この特徴から、ビジネスの現場ですぐに「記録する」、「見る」、「見せる」場合に力を発揮します。
    ①現場で「記録する」
    これは、野外で作業記録を取ることが必要な事業者に有効です。例えば農家の場合、技術力向上やトレーサビリティの要望に対応するため、種まき、肥料の散布などの作業を、いつどれだけ実施したかの記録が必要です。しかし、野外で作業するため、一つひとつメモを取るのは大変で...
    回答の続きを読む
  • ホームページからの集客を増やすにはどうすればいいですか?

    ホームページを開設して、お客様からの問い合わせや商品の注文に対応できるようにしていますが、思ったように成果が上がりません。何かよい方法を教えてください。

    ホームページからの集客を増やすためにも原則があります。
    ホームページ(以下、HP)からの集客を増やすための原則を3つに分けて説明します。
    原則1:お客様に安心感を与える、
    原則2:SEO対策を実施する
    原則3:マーケティング手法を駆使する
    【原則1:お客様に安心感を与える】
    HPにも「事業所らしさ」「お店らしさ」が必要になります。実際の事業所や店舗でも、手がけているビジネスや商品に応じたオフィスや店舗としている...
    回答の続きを読む
  • エネルギー原単位管理の方法について教えてください。

    当社は電気使用量に削減目標を設定し省エネに取り組んでいます。しかし、受注拡大の結果、電気使用量も増え、目標の達成が困難となっています。このような場合の目標設定の方法を教えてください。

    目標設定には、総量削減目標の他に、原単位目標があります。
     省エネ活動を行う中で、電気などエネルギー使用量に削減目標を設定し、PDCAサイクルを回しながら取組みを進めることは大変有効な方法です。しかし、総量での削減目標を設定している場合、受注が増えるなどにより事業活動が活発になると、それに伴いエネルギー使用量が増えてしまい、目標を達成できず困っているという話しをよく聞きます。

     このような場合、目標として「エネルギー原単位」を用いることをお勧めします。「エネルギー原単位」とは、対象とする企業、建物、設備等の一定期間のエネルギー消費量を同じ期間の活動量で割った値です。ここで活動量とは、工場の生産数量、生産高、店舗の来客数、売上高、ビルの延べ床面積、...
    回答者
    省エネ
    小河 晴樹
    回答の続きを読む
    回答者
    省エネ
    小河 晴樹
    専門家の詳細を見る

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る