大阪の中小企業支援機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

    売上で検索した結果(66件中 1件目~10件目を表示)

  • 管理会計と内部管理体制の強化で会社を強くする

    会社の管理力アップを実現するためにはどうしたら良いでしょうか?

    管理会計の仕組みを取り入れ、内部管理体制を強化し組織力をアップしましょう。
    1.予算制度の導入
    計画的な経営には目標管理・実行のための予算制度が有効です。過去の実績から平均5%の売上成長であれば前年比5%アップの売上予算、家賃や人件費などある程度一定の「固定費」は前年据置、広告費、出荷量に対応する梱包費など販売量の増加に比例する「変動費」は売上の増減率に比例させるといった方...
    回答の続きを読む
  • 業績向上と改善に役立つ財務分析のポイント解説

    業績を良くし、改善するために日々の経営数字から会社の状況を把握して次につなげるヒントが欲しいです。何か良い方法はありませんか?

    財務分析を通じて自社の状況把握、計画的な経営を行いましょう。
    ①期間比較分析
    通常3期程度のB/S、P/Lを比較します。B/Sでは資産と負債・流動資産と固定資産のバランス、手元資金の悪化、未回収の売掛債権・売れない在庫等の滞留状況、子会社・親族への貸付、借入金の増減傾向など、推移から具体的な数値で会社の変化に気付くことができます。P/Lからは業績の好不調がどの項目に...
    回答の続きを読む
  • 「5S」活動を定着させるための具体的な取組み方法

    「5S」活動を社内に定着させたいのですが、なかなか上手くいきません。どのように取組めば良いか、具体的に教えてください。

    「5S」活動の目的と、目指す姿を全員で共有しながら進めましょう。
    「5S」活動とは、単に見た目をきれいにすることが目的ではありません。「5S」活動を行う目的とは、①売上を増やしてコストを低減させること、②良い組織文化の醸成にこそあります。
    即ち、この活動自体が経営効率の向上に直結する活動であることを推進する側が強く認識する必要があります。
    ①-1 売上を上げる効果
        ・会社自体をショールーム化することで、見学に来られたお客様の心を射止める効果
        ・「整理、整頓」による、探す、迷うなどのムダを削減するこ...
    回答の続きを読む
  • 【業種別開業のポイント】家事代行サービスでの創業を考えています。

    家事代行サービス業で開業を考えています。家事代行サービス業といえばどのような業種があるのでしょうか。また、開業を行ううえで許認可等は必要になるのでしょうか。

    代表的な家事代行業サービスは、ベビーシッター、ハウスクリーニング、訪問介護、惣菜宅配などが上げられます。事業内容によって許認可のいる業種、いらない業種があります。

    【この業種の特徴】
     高齢化や核家族化の進行、所得水準の向上により家事代行サービスの需要は確実に伸びてきております。しかし、参入障壁が高くないことから参入業者が増え競合が多い業種でもあります。よって、創業準備では、競合との差別化、お客様が自社を選んでいただけるメリット...
    回答の続きを読む
  • 創業計画書に、添付すると良い資料があれば教えて下さい。

    公的金融機関所定の創業計画書は中身がシンプルなので、私の事業プランを書ききれません。別の事業計画書を添付しても大丈夫ですか。また創業計画書に添付したほうが良い資料があれば教えてください。

    事業コンセプトや資金計画をわかりやすく伝える資料の添付が大事です。
     日本政策金融公庫や信用保証協会の申込に添付する創業計画書は、お金を借入するにあたって最低限のことを記載する書式なので、より詳しい事業計画書を作成して添付することをオススメします。その際はあきないえーどの「経営お道具箱」を参考にして下さい。
     創業融資を審査する担当者が見るポイントとして、相談される方の自己資金の状況や資産・借入の状況の確認は当然ですが、何より重視するのは、創業者の方がどのような経験や技術を生かして、何をウリにして、どんなコンセプトで創業するのか、そのための資金計画はきちんと練られているかというこ...
    回答者
    創業全般
    永井 俊二
    回答の続きを読む
    回答者
    創業全般
    永井 俊二
    専門家の詳細を見る
  • 生産工場や販売会社などの海外拠点を設立する際の流れと留意点について教えてください。

    初めての海外進出を計画しています。生産工場や販売会社などの海外拠点を設立するまでの流れと留意点について教えてください。

    海外進出には海外進出の目的を明確にしておくことと十分な事前調査が重要です。
    取引先の海外移転や国内市場の縮小傾向などにより、海外に進出し、新たな市場を開拓しようと目指す企業が増えています。
    1.取引先からの要請、海外の成長市場開拓、生産コスト抑制など、さまざまな海外進出の動機があります。しかしながら、海外市場への大きな期待からの漠然とした進出目的では商習慣・環境が日本とは大きく異なる海外市場では通用せず、早晩失敗につながる可能性があります。現地事情をよく事前調査...
    回答者
    海外取引
    塙 博夫
    回答の続きを読む
    回答者
    海外取引
    塙 博夫
    専門家の詳細を見る
  • 売上を伸ばすには何に着目して考えればいいですか?

    最近、売上が減少してきています。売上を伸ばす方策を考えたいのですが、何に着目して考えればいいでしょうか?

    既存顧客、新規顧客、商品単価の3点に着目して考えましょう。売上を伸ばすためには、次の3点に着目して考えましょう。
    1. 既存顧客
    2. 新規顧客
    3. 商品単価

    その前にまず、現状をしっかり把握する必要があります。商品や販売チャネルなどで状況が異なるということはありませんか。売上が減少しているのは、全分野なのか、一部の分野なのかを数値で把握するようにします。

    その上で、売上減少が数量の減少...
    回答者
    マーケティング戦略
    片山 祐姫
    回答の続きを読む
    回答者
    マーケティング戦略
    片山 祐姫
    専門家の詳細を見る
  • スマートフォンやタブレットをビジネスに活用するメリットは?

    最近、スマートフォンやタブレットを業務に利用している会社が増えていると聞きます。どのような活用法があるのか具体的に教えてください。

    ビジネスの現場ですぐに「記録する」、「見る」、「見せる」場合に力を発揮します。
    スマートフォン・タブレット(以下、スマホ等)には、①持ち運びしやすい、②タッチ操作で簡単に使える、③アプリで機能のカスタマイズが可能という特徴があります。この特徴から、ビジネスの現場ですぐに「記録する」、「見る」、「見せる」場合に力を発揮します。
    ①現場で「記録する」
    これは、野外で作業記録を取ることが必要な事業者に有効です。例えば農家の場合、技術力向上やトレーサビリティの要望に対応するため、種まき、肥料の散布などの作業を、いつどれだけ実施したかの記録が必要です。しかし、野外で作業するため、一つひとつメモを取るのは大変で...
    回答者
    e-ビジネス・WEB活用
    乾 竜夫
    回答の続きを読む
    回答者
    e-ビジネス・WEB活用
    乾 竜夫
    専門家の詳細を見る
  • ホームページからの集客を増やすにはどうすればいいですか?

    ホームページを開設して、お客様からの問い合わせや商品の注文に対応できるようにしていますが、思ったように成果が上がりません。何かよい方法を教えてください。

    ホームページからの集客を増やすためにも原則があります。
    ホームページ(以下、HP)からの集客を増やすための原則を3つに分けて説明します。
    原則1:お客様に安心感を与える、
    原則2:SEO対策を実施する
    原則3:マーケティング手法を駆使する
    【原則1:お客様に安心感を与える】
    HPにも「事業所らしさ」「お店らしさ」が必要になります。実際の事業所や店舗でも、手がけているビジネスや商品に応じたオフィスや店舗としている...
    回答者
    e-ビジネス・WEB活用
    乾 竜夫
    回答の続きを読む
    回答者
    e-ビジネス・WEB活用
    乾 竜夫
    専門家の詳細を見る
  • 事業を維持するために必要な目標売上高の計算方法について。

    毎期の経営目標を立てる時や、創業・第二創業の計画を行う時、堅実に事業を維持していくために目標とするべき売上高について、どのように計算すれば良いか、考え方を教えて下さい。

    損益分岐点売上高の考え方を理解することが重要です。
     目標売上について、「いくら上がればいいな。」という願望ではなく、実際に事業を維持するために「これだけ達成しなければならない。」というノルマを計算しておくことは、個々の販売促進施策や商品価格設定、資金繰り計画を策定するためにも重要になります。このため理解しておきたい財務に関する知識は「損益分岐点売上高」の計算方法です。
     損益分岐点売上高とは、利益がちょうどゼロになる(=赤字が出ない最低限)売上高という意味です。元々は金融機関などが、企業の収益性や安全性を評価するため利用する財務分析手法ですが、企業の側においては必要な売上を試算する計算方法として応用が可能なのでご紹介します。
     計算をするた...
    回答者
    創業全般
    永井 俊二
    回答の続きを読む
    回答者
    創業全般
    永井 俊二
    専門家の詳細を見る

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る