大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

新規顧客開拓を効率的に進める方法はありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 新規顧客開拓を効率的に進める方法はありますか?

    ある程度のお客様はお店に定着して頂いているのですが、新規顧客の開拓が思うように
    できていません。新規顧客を増やさないとだんだん心細いような感じです。何か良い方法
    はありませんか?

    今のお客様の分析をして、お店の魅力を再定義しましょう。


    店舗にとって、「新規顧客」と「既存顧客」のバランスは永遠の課題ですね。どちらも大切ですし、フォローも必要です。店舗の成長の時期に応じて、どちらに軸足を置いてゆくバランスが異なります。さて、ご質問の新規顧客の効率的な開拓方法ですが、以下のようなステップで検討し、取り組んでみて下さい。
    ①「既存顧客の棚卸」
    ②「お店の魅力の分析をして、コトを発見」
    ③「新規顧客の想定」
    ④「ニーズのヒアリング」
    ⑤「お店の魅力のブラッシュアップ」
    ⑥「新規顧客へのアプローチ」
    です。
    ①「既存顧客の棚卸」とは、現在ご来店頂いている、既存のお客様の棚卸をして下さい、とい
    う意味です。つまり、どういうきっかけで来店されたか? 何を購入さるか?何を飲食さ
    れるか? どのような人の一緒にご来店されるか? 年代や役職等々、既存のお客様をア
    ンケート等で情報収集してモデルパターン的にイメージできるように分析してみて下さ
    い。新しい発見があります。
    ②「お店の魅力の分析をして、コトを発見する」とは、①で棚卸したお客様から、お店の魅
    力を分析しましょう、という事です。お客様がご来店されるのは、お店にモノを購入する
    為ではありません。モノの後ろ側にある「コト」(居心地感、満足感等々)を得るために
    ご来店されます。あなたのお店の「コト」を発見してください。
    ③「新規顧客の想定」とは、②で発見した「コト」を必要としているお客様を想定してみて下
    さい、という意味です。①の既存顧客と似てくるかもしれませんが、新しい視点で考えて
    みる事が必要です。こんなライフスタイルの人にお店の「コト」が必要です、といえるイ
    メージを想定してみて下さい。
    ④「ニーズのヒアリング」とは、③で想定したお客様へ実際にニーズのヒアリングをして下
    さい、という意味です。店頭で街頭アンケートを実施したり、③のお客様がおられそうな
    場所でお客様に聞いてみて下さい。最初は少し度胸が必要ですが、以外といろいろな事が
    わかります。動くことで反応が得られます。
    ⑤「お店の魅力のブラッシュアップ」とは、④でヒアリングした内容と、②で想定したコト
    のすり合わせを行い、お店の魅力のブラッシュアップをして下さい、という意味です。表
    現方法や、見せ方にも工夫をし、絞り込む事が重要です。
    ⑥「新規顧客へのアプローチ」とは、⑤でブラッシュアップした魅力を③で想定したお客様に
    実際にアプローチしてゆきましょう、という意味です。④でヒアリングした様に、店頭で
    アプローチをしたり、近隣の競合でない店舗へチラシやクーポン等を置いてもらいましょ
    う。ターゲットを絞り込んだ事でお客様に届きやすくなります。まずは行動しましょう。

回答した専門家
販売促進・広告戦略

戸田 浩司

あなたに必要な答えはここにあります。課題解決を共に考え、行動し、成功への時間...

★信条
中小企業の成長時期には、現場は外部からの知識指導のみでは成長は難しい。
中小企業にこそ、経営者・現場と共に考え、行動できるコンサルタントが必要である。
机上での論理的なアドバイスだけでなく、共に成長できるコンサルティングの提供を行う。
★相談内容について
なんでも気軽にご相談下さい。マーケッティングから人生相談までOK!!

ライセンス

宅地建物取引主任

重点取扱分野

●マーケッティング
→ビジネスモデル立ち上げ時のマーケ...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る