BtoCビジネスで売上を伸ばすにはどうすればいいですか?の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

BtoCビジネスで売上を伸ばすにはどうすればいいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • BtoCビジネスで売上を伸ばすにはどうすればいいですか?

    BtoCのビジネスを行っていますが、売上が安定しません。売上を一定水準に保ちながら、さらに伸ばしていきたいと考えています。

    忘れられないように情報発信を定期的に行いましょう


     BtoCビジネスの売上は商品×見込み客で表現されます。ビジネスをされている多くの方は商品について考えたり、増やしたり、改良するのは好きだと思いますので、見込み客についてお話ししていきます。BtoCに限らずですがビジネスで売上が上がらなくなるのは、売れないとき、すなわち次のどちらかが多いです。
    1.営業できる見込み客がいない
    2.自分たちの存在を見込み客から忘れられる
    この両方をなくすために、見込み客を増やし続け、忘れられないように情報を発信し続けるということが必要です。
     情報の発信についてはたくさん手法があります。ホームページ、ダイレクトメール(DM)、チラシ、メールマガジン、ブログ、FacebookやInstagramなどのSNS、ほかにもたくさんあります。それぞれで情報が届く見込み客は異なりますので、どの情報発信が正解というものはありません。まずはブログやSNSのようにコストがかからずに気軽に始められるものがいいかもしれません。発信する情報は商品ばかりではなく、発信者の情報や気づき・体験なども適しています。何を買うかも大切ですが、誰から買うかも重要視される時代ですので、どのような人が売っているのか知ってもらうことも有効です。
     見込客の増やし方ですが、お金をかけるか時間をかけるかです。お金をかけてもリストを集めることはできますが、やはり地道に時間をかけて増やしたほうが見込客との関係性が構築されますので、その後の売上にはつながりやすいです。ブログでしたら読者登録、Facebookでしたら友達、Instagramでしたらフォロワーを増やしていきましょう。ダイレクトメールの住所やメールマガジンのメールアドレスはアンケートからも情報収集できますし、名刺交換をする機会があれば名刺からも収集できます。ただし住所やメールアドレスについては情報の取り扱いに注意いただき、情報発信の許可を得てから行ってください。

回答した専門家
マーケティング戦略

清水 群

頑張っても売上が上がらない。社内に隠れたデータを分析すれば、そんな状態からV字...

頑張っているわりに売上が上がらない。
経営者の勘と経験だけでは当たり外れがあり、結果的に努力に見合った成果が売上として表れません。
そういった状況を変えられるのは、決算書や顧客・POSデータなどの分析です。どの市場がいいのか、どの販路がいいのか、どのようにプロモーションすればいいのか、マーケティングは顧客データなどの分析をすれば成功できます。文系でも問題ありません。一緒にV字回復を果た...

ライセンス

中小企業診断士

重点取扱分野

◆データ分析に基づくV字回復支援
・顧客データなど社内...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る