創業時の不安を解消して資金調達にもつながる手法についての相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

創業時の不安を解消して資金調達にもつながる手法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 創業時の不安を解消して資金調達にもつながる手法について

    店舗(小売店、サービス業など)の創業を考えていますが、仕事に直結した業務経験がなく、考えている品揃えやサービスで集客できるのか不安があります。融資を受けるときにもこの点を問題視されそうです。不安を解消する方法はありませんか。

    ターゲット顧客に対するアンケートをとることが不安解消につながります。


     事業内容について不安を抱える経験が浅い方や、市場設定に迷いがある方に、私がお勧めしている手法は、顧客アンケートをとることです。想定する品揃えやサービスの内容への評価やニーズなどを聞き取って、実際に足を運んでみたいかどうかということを記載してもらいます。もちろん許可を取ってメールアドレスなど連絡先も収集しましょう。
     見込み顧客アンケートは、ご自身が想定している店舗に集客力があるのかどうかリサーチが出来るだけでなく、価格設定の参考、サービス内容のブラッシュアップも可能です。加えてオープン後の見込み顧客としてDMによる案内も可能となります。足で稼ぎ手間をかけるリサーチは創業計画の不確実性を低減することができます。

     事例として婦人靴店を創業される女性の方は、友人や勤務先の同僚から、足に関する悩みや靴店へのニーズを聴きとるアンケートを創業前に実践され、10年続く繁盛店を経営しておられます。ライブ演奏を特徴とするBarを開業する男性の方は、アルバイト先のライブハウスや飲食店において、オーナーの協力のもと、好みの音楽やBarのスタイルについてのアンケートと、自身が提供する予定のライブに対する興味を聞きとるアンケートを実施して、自身を持って創業準備をすることができました。

     アンケートの効用は、リサーチや、見込み客の確保に止まらず、創業融資を受ける際のアピール資料にもなります。
     金融機関が、未経験の業種を創業する申込者に、「集客の見込みはありますか。」という質問をすることは当然のことです。この時、「やってみないとわかりません。」と回答すれば、事業の計画性を疑われることになります。店舗周辺の人口や、ライバル店の調査を行うことに加えて、アンケートを実施し、その内容を創業融資審査時に担当者に見せることによって、見込み顧客の確保状況をアピールできるだけでなく、創業にかける熱意を伝えることにもなります。
     一石二鳥の「見込み顧客アンケート」、創業計画練り上げに不安のある方はぜひ実践することをお勧めします。

回答した専門家
創業全般

永井 俊二

創業支援の最前線で得た経験を生かして、起業・経営される皆様を親身にサポートし...

創業や経営は、不安と隣り合わせですよね。「資金は、計画は、これで大丈夫だろうか?」と感じた時に、どうぞお気軽にご相談ください。
金融機関の創業支援、融資の最前線で経験した豊富な支援事例を踏まえて、主に資金調達や事業計画書作成の面で、融資課長のホンネを交えたわかりやすい説明とアドバイスをお届けします。皆様の創業や経営を全力でサポートさせていただきます。

ライセンス

中小企業診断士
一級販売士

重点取扱分野

○資金調達・融資を前提とした創業計画書・事業計画書の作成

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る