「テレビに取り上げてもらえる方法ってありますか?」の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

「テレビに取り上げてもらえる方法ってありますか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 「テレビに取り上げてもらえる方法ってありますか?」

    知り合いの会社がテレビに取り上げられていました。反響も大きかったようで、羨ましかったんですが、テレビに取り上げてもらえる方法って何かあるのですか?

    地道な広報活動こそ王道!ただタイミングは逃すな!


    テレビの力が弱くなったとは言え、とりあげられた際のその反響は、いまだに群を抜いて大きいと思います。確かに、知り合いの会社を画面で見た際には羨ましいと言う思いが強くなりますね。
    しかし、その会社はテレビ局と特別な「コネ」があったのでしょうか?多分、そうではないと思います。記者たちは、常に面白いネタがないかと目を皿のようにして探しています。もちろん新聞や雑誌の隅から隅まで読んで、探しているのです。なので、たとえ小さくてもよいので、どこかのメディアに記事として取り上げてもらっておかねばなりません。そのためには、良きネタが出てきた際には、面倒がらずにニュースリリースを出しておきましょう。出しておかねば、載りません。ですので、新聞で言えば、何も5大紙に限るものではありません。専門紙・業界紙でも取り上げてもらえれば、次に繋がります。そうしたメディアにも普段から目を通しておいて、どういったネタが取り上げられているかを調べておきましょう。そうしたことが最終的にテレビでの露出へと繋がるのです。あと、メディアに結局掲載されなくても自社メディアには、そのリリースは貼り付けておきましょう。テレビ局の「リサーチャー」と呼ばれる「ネタを探す人たち」は、ネット検索も怠りません。自社メディアであっても、シッカリ紹介しておけば、検索にひっかかる可能性はありますので、地道な広報活動こそが王道だと思って日々精進して下さい。あと、良きタイミングと言うのがあります。例えば、普段は見向きもされないが、何かのキッカケで注目される場合がありますので、そのアンテナだけは張っておきましょう。例えば、マイナースポーツの関連企業も五輪の際には注目される。大河ドラマや朝ドラの舞台になった地域は、そのOA期間は注目される、などのケースがありますので、PRできるものがあれば、タイミングを逃さずアピールしていきましょう。

回答した専門家
販売促進・広告戦略

大谷 邦郎

「PR」はアイデア勝負!大企業とも対等に戦える分野です。共に知恵を絞り、一緒に...

情報を「発信」することばかりに目を奪われないで下さい。自らを見つめ直すことこそが「PR」「宣伝」「ブランディング」の極意。本当の「強さ」を一緒に掘り起こしていきましょう。そこが、まず重要かと。あとは「アイデア」と「センス」と「行動力」の勝負。プレスリリースの作成、HPの改編、SNSや動画の活用など、共に考え、共に汗を流しましょう。

ライセンス

元放送局の記者(ラジオ報道部長・宣伝部長歴任)

重点取扱分野

費用をかけない「宣伝」「PR」分野を重点的に取り上げます

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る