効果的なお店のPRを教えてください。の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

効果的なお店のPRを教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 効果的なお店のPRを教えてください。

    新規店舗をオープンします。どのようにお店をPRしたら効果的に集客できますか?

    対象顧客の求めているベネフィット(機能的便益・感情的便益)を明らかにしましょう。


    新規店舗のオープンということですが、どんなお客様を対象顧客にしているお店でしょうか?実は、同じ商品・サービスを扱っている店でも、対象顧客が違うだけでPRの内容・やり方は全く異なります。

    例えば、カフェの場合、対象顧客が「営業活動に励んでいるサラリーマン」と「幼稚園の送り迎えママ」では、そのPRの内容・やり方が異なる理由は容易に分かりますよね。これが、一見似通っているように思える、「営業活動に励んでいるサラリーマン」と「ノマドワーカー(=自宅や会社のオフィスではなく、カフェなどでIT機器を使って仕事をする人)」でも、PRの内容・やり方は大きく異なります。なぜならば、「営業活動に励んでいるサラリーマン」と「ノマドワーカー」がお店に求めているベネフィット(=便益)は、それぞれ違うからなのです。

    ベネフィット(=便益)には機能的便益と感情的便益があります。カフェの場合、機能的便益は、そのカフェ利用により得ることのできる便利さや効用です。感情的便益は、そのカフェが顧客に与える感情(例えば、「カフェで自由に仕事をすることができる優越感」など)です。

    効果的なお店のPRを検討する際は、まずは、集客したい顧客のベネフィット(=便益)を追求する必要があります。この時に是非チャレンジして欲しいのは、集客したい顧客のペルソナを作ることです。ペルソナとは、あなたのビジネスの最も重要で象徴的なユーザーモデルのことです。集客したい顧客の基本情報(年齢・性別・職業など)のほか、抱えている悩み・問題や、願望・理想の状態などを追求してペルソナを完成させます。これができたら、お店のPRは、そのペルソナに語りかけるメッセージを発信すればいいだけです。

    自店が集客したい顧客について、その顧客の求めているベネフィット(機能的便益・感情的便益)を明らかにしたい場合は、是非一度専門家にご相談ください。

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る