大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

製造業が納期遵守率を上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 製造業が納期遵守率を上げる方法

    製造業が受注した製品を納期通りに納めるためにはどのような管理をすればいいのでしょうか。

    リソースの使用状況を意識した生産計画を作成し、進捗管理を徹底することです。


     納期を守るためには予め納期に間に合うような生産計画を立て、それを死守しなければなりません。そのためには、納期に間に合うように生産着手日を決める必要があります。その際、複数の顧客からの注文に対して限られたリソース(設備や人員)が重ならないように標準の生産リードタイムを遡って生産着手日を決めていきます。
     プロジェクトの進捗管理の手段として使われているガントチャートという視覚化ツールがあります。横軸を連続した時間軸とし、作業の開始日時と終了日時を横棒(バー)で表現した図表です。リソースを考慮した生産計画を立案する際に、このガントチャートを使用することができます。縦軸を受注番号や品種ではなく設備や人などのリソースとし、受注品種をバーで配置していきます。バーの長さは受注品種の各リソースでの標準作業時間とします。受注品種の手順計画を予め作成しておき、使用するリソースの順序に従ってバーを配置していき、最終のリソースでの作業完了日時が納期前になるようにします。
     こうしたリソースガントチャートを使うと生産余力が見える化されますので、たとえば緊急注文などが入ってきた時に対応できるかどうかの判断もしやすくなります。限られたリソースの中で、できるだけ無駄なくリソースが使われるような計画を組むことが計画担当者の腕の見せどころとなります。要求量に対して生産能力が少ないボトルネック工程がありますと、生産着手日がより前倒しになり製造リードタイムが長くなります。製造リードタイムを短縮するには、まずボトルネック工程をフル活用し、その後ボトルネック工程の能力を向上させることが重要になります。
     生産現場では、機械の故障、作業員の欠勤、資材入荷の遅れ、外注先からの納品の遅れ、不良の発生、気温や湿度による作業時間の変化など、様々な変動要因があります。そこで、計画時点で最終納期を保護する出荷バッファ、ボトルネック工程を保護する保護バッファ、組立工程の前など合流地点での仕掛品到達遅れを保護する合流バッファを設けておくことで、こうした変動要因を吸収することができます。バッファの減り具合をチェックしながら進捗管理を徹底することで、納期遵守率を高めることができます。

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る