出店での検索結果 « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカン経営相談室

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

    出店で検索した結果(15件中 1件目~10件目を表示)

  • 越境ECに取り組む上での留意事項を教えてください

    越境ECを利用してA国に販売することを考えています。越境ECには様々なやり方があるようですが、何をどのように気を付けて進めれば良いでしょうか?

    向く品物か、宣伝費をどうするか、物流と在庫、がポイントです。
     まず越境ECに向く品物かどうかを確認しましょう。越境ECに向く品物は、日用品、化粧品や美容関係、衣料品、加工食品など消費者向けの品物です。一般的に、かさばらず、軽く、100ドル程度以下の単価の品物です。これに対し、機械など事業者向けの品物は越境ECでの販売には向いていないようです。
     越境ECモールか自社サイトで販売するかですが、A国を対象とするECモールに出店すれば集客はモールが行います。しかしモール内で自社を見つけてもらうための活動や宣伝費が必要です。
    自社サイト構築の場合、モール内宣伝費はかかりませんが、何十億、何百億あるインターネットの世界で見つけても...
    回答者
    海外取引
    芳賀 淳
    回答の続きを読む
    回答者
    海外取引
    芳賀 淳
    専門家の詳細を見る
  • 新しく出す店をFC本部にしたいのですが、可能ですか?

    新しく飲食店を出店する予定です。この飲食店をFC本部にして、将来FC加盟店を集めて多店舗化していきたいと考えています。まだ店舗が無い状態で、これから出店する店舗をFC本部にすることは可能ですか?

    しっかり準備をすれば、これから出す店をFC本部にすることは可能です。
    通常、飲食店のフランチャイズは、繁盛しているお店をモデルとしながら、ノウハウと実績を凝縮して再現性のあるビジネスモデルにブラッシュアップすることでFCモデルを構築します。しかし、これから新規出店する場合でも、FC化を考慮にいれて事業モデル化に取り組めばFC本部として構築することは可能です。次のステップをベースにして取り組んで下さい。
    ①立地を定義する
    どのような場所に出店するか、その理由を文字にしてください。立地は店舗ビジネスにとって集客を左右する大きな要因です。多少、場所が良くなくても集客できるノウハウを並行して構築することが重要です。立地の定義と共に、集客見込み、売上見込みを想定してください。
    ②ターゲ...
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    回答の続きを読む
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    専門家の詳細を見る
  • アフターコロナ時代に合った、FCビジネスの選び方を教えて下さい

    今の事業は新型コロナウイルスの影響が大きく縮小を考えています。その代わりにフランチャイズに加盟して出店をしたいと考えています。どんなフランチャイズに加盟すればいいですか?

    アフターコロナの時代のFCは、小さなFCから始めるのがおすすめです。
    時流に合うアフターコロナに適したフランチャイズビジネスを見極め、選択することが大切です。アフターコロナ時代に適したFCを選ぶ時のポイントは次の3つです。

    ① 少額投資で開業できること
    少額投資で開業できることです。アフターコロナ時代のビジネスで大切なことは失敗するリスクを減らすこと、変化に対応することです。時代が大きく変わる時なので、時流に合わせて撤退や業態変更できることが重要です。少額投資で開業することで、時流の変化に対応で...
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    回答の続きを読む
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    専門家の詳細を見る
  • アフターコロナ時代に合った店舗立地の考え方を教えて下さい

    新しく飲食店の出店を考えています。新型コロナウイルス感染症の影響で、以前では手が届かなかった良い場所への出店ができそうです。以前より賃料も安いようです。出店にあたりアドバイスをお願いします。

    アフターコロナ時代において成功には新しい視点での出店が必要です。
    コロナ以前の店舗立地には次の3つが重要と言われていました。
    ①人通りが多いこと(店前通行量)
    店舗前の人の通行量が多いこと(ロードサイド型では人を車に置き換えて下さい)
    ②目立つこと(視認性・認知性)
    手前から歩いていった際、店舗が判りやすく、認識しやすいこと(ロードサイド型では車での手前から通行した場合です)
    ③近くに目印があること(ラ...
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    回答の続きを読む
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    専門家の詳細を見る
  • 頻繁に割引サービスを行っても売上アップにつながらない場合は?

    客数アップを図るため、頻繁に割引サービスを実施しているのですが、なかなか売上アップにつながりません。どうすればいいのでしょうか?

    割引は安易に考えず、時期、対象顧客・商品等を絞って検討しましょう!
    割引は多くの店の方が最初に思いつく販促手段ですが、簡単に実施できる反面、安易に使ってはいけない危険な手法です。
    割引サービス(セール)は一時的に集客が見込めますが、何度も繰り返すと、お客様は割引価格が実勢価格と思うようになり、定価で商品を買わなくなります。その結果、割引を行えば行うほど利益が減少し、徐々に経営を圧迫する恐れがあります。
    また、割引によって引寄せられる顧客には、1円でも安い...
    回答者
    店づくり・店舗運営
    伊津田 崇
    回答の続きを読む
    回答者
    店づくり・店舗運営
    伊津田 崇
    専門家の詳細を見る
  • 越境EC(WEB活用国際通販取引)への取組みで、検討すべき点を教えて下さい。

    インターネットを活用した国際間取引(越境EC)への取組みを考えています。進出するにあたって、検討すべき点を教えて下さい。

    越境ECを成功させるには、様々に進化するツールを、いかに上手く活用出来るかが鍵です。
    越境EC(クロスボーダーEC・WEBを活用した国際通販取引)は、近年急速に成長しており、これからの国際間取引ビジネスにおいて、大変注目をされています。
    越境ECへの取組みにあたっては、扱い商品が海外のどのようなニーズに合うのかを調査され、販売手段として、Web上のモール(Web上にオンラインショップが複数集まったサイト)への出店や、自社によるECサイトの立ち上げ等を、検討する必要があります。
    Web上のモールサイトには、CtoC、BtoC、BtoB販...
    回答者
    海外取引
    山本 雄彦
    回答の続きを読む
    回答者
    海外取引
    山本 雄彦
    専門家の詳細を見る
  • 「インターネット通販を利用した、海外ビジネスでの注意点は何がありますか?」

    海外ビジネスへの進出を考えていますが、直接投資や直接輸出を行うのはハードルが高く、リスクも感じています。このため、まずはインターネットを活用して、海外ビジネスに取組んでみたいと思っています。その際に、注意すべき点を教えて下さい。

    インターネットでの海外ビジネスで成功するには、注意すべきポイントがあります。
    インターネットを活用した海外ビジネスは「越境EC」とも呼ばれ、低い初期投資や、実店舗が無くても展開出来るといったハードルの低さから、昨今海外向けのBtoCやCtoC展開の手法として組まれる方が増えています。
    海外へ向けてインターネット通販を行うためには、販売の窓口として①収益をすべて自社に取込め、詳細な商品説明も可能な、自社による販売サイトの作成。②AmazonやeBay、TAOBAOといった、手数料や登録料は発生するが、運営や決済、配送等のサービスも備えた国際的なインターネットモールへの出店とい...
    回答者
    海外取引
    山本 雄彦
    回答の続きを読む
    回答者
    海外取引
    山本 雄彦
    専門家の詳細を見る
  • 小さな会社ですが社員がやる気になるノウハウを教えて下さい

    焼き肉屋を3店舗経営している会社ですが、業績は良くなく会社の雰囲気も悪くなっていますし、社員もやる気が段々と低下している様に感じます。
    経営的にも苦しいので、社員がやる気になって欲しいのですが、良い方法はありますか?

    小さな組織ほど役職と等級と評価システムがあれば大丈夫です。
    小さな会社の社員の特徴として仕事を覚えた後、自分の人生設計で金銭的・社会的な部分が見えてこないので3カ月から3年で退職するか、人材では無く常に受け身で会社に居るだけの人「人在・じんざい」になってしまうのです。
    この現象をクリアーする為には明確な社内組織と役職や等級が必要になります。
    たとえば 平社員を3つの等級に別け 主任を5つに別け店長代理を2つに分けた場合、毎年勤務査定で評価され頑張った者に対して等級を昇進させる方式を採用すると、社員は10年後には店長になれるキャリアプランが明確にな...
    回答者
    店づくり・店舗運営
    堀越 昭夫
    回答の続きを読む
    回答者
    店づくり・店舗運営
    堀越 昭夫
    専門家の詳細を見る
  • 飲食店を経営している、年々売上げが下がるが利益を出す方法はあるのか

    郊外型のうどん屋ですが色々な外食チェーンが近くに出店してきてピーク時と比較すると150万円ほど売り上げが減少しています。
    このままだと赤字の累積が増えてしまい不安が一杯ですが、対策はありますか?

    大丈夫です。考え方を売り上げ主義から営業利益主義に変えましょう。
    日本のマーケット事情は右肩上がりの高度成長期に考えられた経営手法が通用しない新しい時代に既に変化しているのです。
    まずは現段階で営業利益が赤字か否かを確認する必要性と今後の対策を考える為に、毎日の売上げ、客数、同伴人数、売れたメニユーの数と 期首在庫金額+納品金額-期末在庫金額=使用原材料を明確に帳面に付ける習慣を身に付けて下さい。
     下記の手順で自分の店舗の問題点を発見して改善しましょう。...
    回答者
    店づくり・店舗運営
    堀越 昭夫
    回答の続きを読む
    回答者
    店づくり・店舗運営
    堀越 昭夫
    専門家の詳細を見る
  • 創業時に店舗はどうやって探せばいいですか?

    飲食業で創業しようと準備中です。実際にどうやって店舗を探せばよいのですか?店舗の上手な探し方と、気を付ける点等あれば、教えて下さい。

    出店後の店舗は動かせません。しっかり探して成功しやすい場所を探しましょう。
    創業時の店舗の探し方ですが、この回答では店舗を探す事に焦点を絞って回答させて頂きます。店舗を探した後の、商圏調査、立地調査、店舗決定等々は今回の回答では紙面が少ない為、別の機会に回答させて頂きます。
     基本的な店舗探しの方法として、①自分で歩く、②不動産屋さんの活用、③インターネットの活用、④友人、知人の活用があります。
    ①自分で歩くとは、対象と考えている地域を自分の足で歩いて店舗を探すという事です。これは必ず行って下さい。自分の足で歩く事で街を知る事ができます。街を知るとは、...
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    回答の続きを読む
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    専門家の詳細を見る

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る