?헪での検索結果 « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

    ?헪で検索した結果(229件中 1件目~10件目を表示)

  • 消費税が10%になったときの飲食店対策を教えてください。

    消費税が10%になりましたが、飲食店としてどのような対策が必要でしょうか?

    消費税軽減税率制度そのものをしっかりと理解することです。
    消費税がこれまでの8%から10%へ上がりましたが、これまでにも増税したときの「価格転嫁」の難しさや、「売上の落ち込み」を思い出すと、その不安や心配はどの事業者も同じだと思います。当然、売上の落ち込みを回避し「利益を確保すること」が一番の課題です。

    ただ、今回の消費税増税には、「軽減税率」というものがあります。すでにご存じの皆さまも多いとは思いますが、これが少しやっかいです。まずはその制度をしっかりと理解することが求められます。

    「消費税軽減税率制度」とは、簡単に言うと「食品に関しては、現行の8%のままでいいですよ」...
    回答の続きを読む
  • スタッフを採用する際、面接で注意すべきポイントを教えて下さい。

    新しく店舗を開業します。その際、求人で応募してきた人と面接を行ない採用の可否を判断したいと思います。面接で注意すべきポイントを教えて下さい。

    スタッフは売上を左右する重要な人材です。しっかり準備して取り組みましょう。
    スタッフは店舗の運営を左右する重要な存在であり、売上にも影響する大切な存在です。履歴書等の書類と共に、面接を行う事で採否を考える事は重要です。面接は採用する側にとって重要ですが、応募してこられている人にとっても重要です。つまり、店舗の姿勢、内容、経営者像が判断されるという事で...
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    回答の続きを読む
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    専門家の詳細を見る
  • 店舗をはじめます。効果的な求人方法を教えて下さい。

    近々、飲食店をオープンします。内外装は業者さんと打合せを行ない進んでいますが、人材採用が進んでいません。どうすれば効果的な求人ができますか?

    新規開業は求人のチャンスです。効果的な求人で店舗アピールも行ないましょう。
    スタッフは店舗にとって欠かせない存在であり、スタッフの能力次第では売上を左右する事がある程の重要な存在です。
    しかし、ついつい内装や設備を優先し、人材確保が後回しになってします。
    人材は必要コストですが、費用対効果を高める事ができるコストです。
    理想的なスタッフは、店舗の近く...
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    回答の続きを読む
    回答者
    販売促進・広告戦略
    戸田 浩司
    専門家の詳細を見る
  • 食品製造業におけるHACCP導入のステップ

    食品製造業として、食の安全を確保するための国際規格であるHACCPを導入したいと考えています。どのような手順で取り組めばいいのでしょうか?

    HACCPの7原則12手順に従って取り組みましょう
     HACCPは危害要因分析と必須管理点を意味します。原材料受入から最終製品までの各工程で予め危害を予測し、危害防止につながる特に重要な工程を継続的に監視・記録することで、食品の安全性を維持する手法です。7原則を含む12手順でHACCP計画を作成します。

    手順1:HACCPチームの編成
     現場...
    回答者
    ISO・エコアクション21
    高野 淨
    回答の続きを読む
    回答者
    ISO・エコアクション21
    高野 淨
    専門家の詳細を見る
  • 中小企業がSDGsを経営に活かす方法

    SDGsという言葉をよく耳にするようになりました。中小企業もSDGsに取り組む必要はあるのでしょうか? またSDGsを経営に活かすにはどのようにすればいいのでしょうか?

    SDGsの17の目標と自社の事業目的(本業)とをひも付けしましょう
     SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年〜2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。SDGsには17の目標があり、その下に達成手段を示した169のターゲットがあります。SDGs...
    回答者
    ISO・エコアクション21
    高野 淨
    回答の続きを読む
    回答者
    ISO・エコアクション21
    高野 淨
    専門家の詳細を見る
  • 小さな飲食店でのHACCP導入のポイント

    食品衛生法の改正で、食に関連するすべての事業者にとってHACCPに沿った衛生管理が制度化されることになったと聞きました。小さな飲食店の場合、HACCP導入にどのように取り組んでいけばいいのでしょうか?

    業界団体作成の手引書に基づいた衛生管理を実施しましょう
     厚生労働省のホームページに「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書(小規模な一般飲食店事業者向け)」が掲載されていますので、これを参考にします。一般衛生管理をベースにしながら、必須管理点における温度管理等を中心としたモニタリング&コントロールを加えて、以下の手順でP...
    回答者
    ISO・エコアクション21
    高野 淨
    回答の続きを読む
    回答者
    ISO・エコアクション21
    高野 淨
    専門家の詳細を見る
  • 認証取得企業がISOの形骸化を防ぐ方法

    取引先から要求され、ISO9001を認証取得し運用していますが、審査のためにISOの運用をしているようで、仕事の負担になっています。形だけの運用になっていて、経営が良くなっている実感がありません。どうすればISOを経営に役立てることができるのでしょうか?

    会社のマネジメントの仕組みとISOの運用を一体化させましょう
     ISOを形骸化させないためには、会社のマネジメントの仕組みとISOの運用を一体化させることが重要です。そのためには、次の2点を実施しましょう。

    1.品質マニュアルの見直し
     ISO9001の品質マニュアルを通常の経営管理サイクルや日常業務の運用実態と照らし合わせて見直しを行います。見直...
    回答者
    ISO・エコアクション21
    高野 淨
    回答の続きを読む
    回答者
    ISO・エコアクション21
    高野 淨
    専門家の詳細を見る
  • 特許権を他社と共有している場合に、他社の同意が必要な行為は?

    他社と特許権を共有しているのですが、この特許権の発明を適用した製品の製造・販売をしようと考えております。他社の同意は必要ですか?また、会社Aにライセンスをしたいと考えています。他社の同意は必要ですか?

    自社の製品の製造・販売に同意は原則不要で、ライセンスに同意は必要です。
     他社と共同で特許出願を行った場合に、特許されると特許を他社と共有することになります。特許が共有の場合に、どのような行為を行うのに他社の同意が必要となり、どのような行為を行うのに他社の同意が不要なのかをご説明させて頂きます。
     自社の特許発明の実施については、契約で実施が制限...
    回答者
    知的財産
    竹口 美穂
    回答の続きを読む
    回答者
    知的財産
    竹口 美穂
    専門家の詳細を見る
  • 特許出願に関し進歩性がないとの拒絶理由に対して応答書を作成する際の留意点とは?

    特許出願を行ったところ、引例に記載された発明に対して本願発明は進歩性がない、との拒絶理由通知を受けました。その対応を検討するに当たり、留意すべき点について教えてください。

    意見書での反論、特許請求の範囲の補正、分割出願等を検討しましょう。
     進歩性欠如の拒絶理由に対しては、次のような流れで対応するのが基本となります。
    (1) 審査官の判断の妥当性について検討する
     (a)請求項に係る発明の認定に誤りがないか
     (b)引用発明の認定に誤りがないか
     (c)論理付けに誤りがないか
      ① 主引例に記載された発明(主引...
    回答者
    知的財産
    岡本 直樹
    回答の続きを読む
    回答者
    知的財産
    岡本 直樹
    専門家の詳細を見る
  • 特許等の出願に関して所定の手続期間を過ぎてしまった場合の対応策は?

    特許出願を行いましたが、事情があり出願審査の請求を行えないまま審査請求期間(出願日から3年)を経過してしまいました。この場合、遅れて審査請求手続きを行うことは可能でしょうか?

    「正当な理由」が認められれば、救済される可能性があります。
     特許法等で定められた手続期間についても、拒絶理由通知で指定された応答期間についても、期間徒過後に手続を行うことが容認される場合があります。なお、詳細については、公表されている「期間徒過後の救済規定に係るガイドライン」等で確認してください。

    (1)法定の期間を徒過した場合
    ...
    回答者
    知的財産
    岡本 直樹
    回答の続きを読む
    回答者
    知的財産
    岡本 直樹
    専門家の詳細を見る

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る