大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

    ?헪で検索した結果(296件中 1件目~10件目を表示)

  • 求人票で「働きやすい職場」をアピールしたいのですが気をつけることは何ですか

    求人を出してもなかなか応募がなく、なにかテコ入れしなければと考えています。
    「勤務時間は自由に選べます」などのキャッチコピーで働きやすい職場をアピール
    したいのですが問題はないでしょうか?

    メディア向けガイドラインに照らせば、書き方に配慮が必要です。
    「勤務時間は自由に選べます」
    求人広告でよくみかけるキャッチコピーですが、
    実はその表現が適正かどうか、悩ましいコピーです。

    その判断に参考となるのは、2020年11月に求人情報適正化推進協議会が発行した「追記版 求人情報提供ガイドライン」です。

    このガイドラインの主な対象は、
    求人メディア(WEB、新聞、雑誌等...
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    回答の続きを読む
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    専門家の詳細を見る
  • ニューノーマル時代の求人票、なにを書けば反響がよくなりますか

    求人を出そうと考えていますが、コロナ禍で「ニューノーマル時代の新しい働き方」などが話題になっています。今までと違うことをしなければ人は集まらないのでしょうか?どんなことを書けばいいでしょうか?

    求人票も広告です。時流を読んで内容を見直すことも大切です。
    新型コロナウイルスの影響で「ニューノーマル」ともいわれる昨今、時代に合った求人票の書き方に関心が寄せられています。
     
    求人相談の現場や求人票セミナーなどでお伝えしていますが、 
    「求人とは、集客。求人票も、広告。」です。
      
    広告である以上、想定する読み手(ターゲット)が存在します。
    そして、広告のコピーがそうであるように、求人票でも読み手(ターゲット)の
    興味・関心にフックするフレー...
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    回答の続きを読む
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    専門家の詳細を見る
  • インボイス制度が導入されますが、注意点などありますか?

    2023年10月1日から導入される「インボイス制度」について、注意点などあれば教えて下さい。

    インボイスの発行が必要な場合は、2023年3月31日までに登録申請が必要です。
    まず、消費税のインボイス(適格請求書)制度の概要を説明します。
    1.概要
    ① 2019年10月に軽減税率が導入され、複数の税率における納税を適切に行う上で新しい
     仕組みとして2023年10月1日から導入されます。
    ② インボイスとは、適格請求書の通称ですが、名前のとおり、売り先に交付する請求書で、登
     録番号、適用税率、税率ごとの消費税額が...
    回答者
    税務、会計
    見並 修
    回答の続きを読む
    回答者
    税務、会計
    見並 修
    専門家の詳細を見る
  • 巻紙分析について教えて下さい。

    部門を横断する改善手法として、巻紙分析があると聞いています。どのような手法でしょうか?

    巻紙分析の手法を学んで見える化を行って改善します。
     巻紙分析は、様々な部門で広く活用できる改善手法です。巻紙分析は、模造紙を使いながら目で見える形で行います。誰でも簡単にできる上に、費用のかからない業務改善手法です。事実をありのままに表すことで、本人に気づきを与えます。
    主な進め方のポイントを記します。
     ・実際に用いた業務日誌、実際に使用した帳票類、報告書を参考にヒアリングを行い、事実に基づいて業務内容・時間をポストイットに書き込み、模造紙上でフロー化を行います。
     ・伝票等は業務内容が分かる程度に縮小コピーして、模造紙に貼ります。
     ・気...
    回答者
    生産管理
    窪津 正充
    回答の続きを読む
    回答者
    生産管理
    窪津 正充
    専門家の詳細を見る
  • ハローワークや求人媒体、職種等で強い・弱いの傾向はありますか

    求人を出そうと考えています。CMなどを見ていると求人サイトや求人サービスが多すぎて、どこがいいのか迷ってしまいます。なにか傾向や特徴はありますか?どんなところに注意しておけばよいですか?

    「自社の基準」で最適な選定を。そして、もう一つ大切なことも。
    「どんな媒体に求人広告を出せば効果(応募)があるか?」
    求人・採用のご相談でよくお寄せ頂くご質問です。

    厚生労働省ホームページに、その傾向を読み解くデータが公表されています。
    「ハローワーク・民間職業事業者・求人メディア」の3区分
    「職種別求人数」上位10職種(2018年度)は以下の通りです
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    回答の続きを読む
    回答者
    人事、組織
    野間 信行
    専門家の詳細を見る
  • 悪質なクレーマーに対してどう対応したらいいでしょうか?

    居酒屋を経営しています。アルバイト従業員が料理をテーブルにこぼしてしまいました。お客さまの服が汚れることはなかったのですが、お客さまは「土下座しろ。」・「料理の代金は払わない。」と大声で叫んでいます。どのような対応をすればよいでしょうか。

    悪質なクレーマーに対しては、毅然とした対応をとる必要があります。
     正当なクレームであれば、企業活動を改善する貴重なきっかけとなります。しかし、何ら理由のない不当なクレームを申し立てる悪質クレーマーには、毅然とした対応をとる必要があります。
     質問において、アルバイト従業員が料理をこぼしてしまったのはこちらのミスであり、謝罪の必要があることは間違いありません。しかし、だからといって店に土下座をする義務や、料理代金の免除をしなければならない義務があるわけではありません。むしろ、その場を収めるために土下座をしたり料理...
    回答者
    法律(弁護士)
    武田 宗久
    回答の続きを読む
    回答者
    法律(弁護士)
    武田 宗久
    専門家の詳細を見る
  • 能力が不足しており、成績不良である従業員に対し解雇等の対応はできますか?

    当社に勤務して5年目となる従業員がいます。この従業員は基本的な業務においてもミスが多いうえ、同僚に対して攻撃的な言動をするなど態度もよくありません。ただちにこの従業員を解雇することはできるでしょうか。

    いきなり解雇を検討するのではなく、まずは改善の機会を与えるべきです。
     ミスが多く、同僚に対する言動など勤務態度も良好とはいえない従業員に対して解雇できないかという相談をしばしば受けます。しかし、法律上、解雇が有効とされるためのハードルは高いといえます。すなわち、安易な解雇は、「解雇権の濫用」であるとして訴訟で敗訴してしまうおそれがあるといわざるを得ないのです。
     質問にあるような従業員の場合、まずは改善の機会を与え、それでもなお、改善が見られなかったということを立証できるようにする必要があります。例えば、口頭で指導するだけではなく、具体的な指導内容を記載した書面を従業員に交付し、当該指導を踏まえてどう改善していくのかを書面で報告させ...
    回答者
    法律(弁護士)
    武田 宗久
    回答の続きを読む
    回答者
    法律(弁護士)
    武田 宗久
    専門家の詳細を見る
  • 中小企業が採用活動としてインターンシップを行うメリットはありますか?

    中小企業で採用を担当しています。新卒の採用活動としてインターンシップを行うことを検討しているのですが、大企業がやるものというイメージもあります。中小企業がインターンシップを行うメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

    効果的な「OJT型」のインターンシップを柔軟に実施することができます。
     インターンシップを行う企業が増えています。インターンシップは、学生にとって職業経験を通じてこれからの働き方を考えることができる貴重な場となるため、参加者は増加傾向にあります。
     大企業が行うインターンシップは、希望者が多いことなどから、1日という短期間で、会社の説明やセミナーを行うというものが多い傾向にあります。このような短期間のインターンシップでは、どうしても自社の広告・宣伝という要素が強くなります。
     しかし、採用活動としてインターンシップを行...
    回答者
    法律(弁護士)
    武田 宗久
    回答の続きを読む
    回答者
    法律(弁護士)
    武田 宗久
    専門家の詳細を見る
  • 飲食店で、昼と夜、別の業態などの「二毛作」を始めるのに注意することは何ですか?

    営業時間の時短や度重なる自粛で売り上げが激減しています。
    こういった理由から、自店も「二毛作」にチャレンジしようかと考えています。
    飲食店で、昼と夜、別の業態などの「二毛作」を始めるのに注意することは何ですか?

    自分(お店)に無理のない “3つのバランス”を知ることです。
    「二毛作」の例として、「昼はカフェ・夜はBAR」、「昼は料理教室・夜は高級和食店」、「昼は弁当屋・夜は焼肉屋」等といった、パターンがあげられます。

    「二毛作」を始める前に、特に「注意すること」トップ3は“バランス”です。

    【「二毛作」営業における3つのバランス】
    ① 投資額と回収期間(年月)や利益率との“バランス”
    ② 経営理念、新旧のお店におけるメニューの方向性との “バランス”
    ③ メリットとデメリットの“バランス”

    ① 投資...
    回答者
    店づくり・店舗運営
    木村 美季
    回答の続きを読む
    回答者
    店づくり・店舗運営
    木村 美季
    専門家の詳細を見る
  • 試用期間中の従業員を解雇する場合の注意点を教えて下さい

    試用期間3ヵ月の中途採用者がいます。面接時にビジネス英語対応可能と聞いていましたが、実際は日常会話レベルであることが発覚しました。当社は貿易業で英語必須なので、カタコトでは仕事になりません。試用期間中なので、自由に解雇して問題ないでしょうか?

    試用期間中の解雇(解約)にも、法律上の制限があります。
    1.試用期間の解雇権(解約権)制限
    試用期間は「解約権保留付労働契約」であり、留保解約権行使(本採用拒否)が有効と認められるためには、判例上、概ね以下の要件が必要とされています。
    ① 採用決定後における調査の結果または試用中の勤務状態等により、当初知ることができず、また、知ることが期待できない事実を知ったこと
    ②...
    回答者
    法律(弁護士)
    岸野 祐樹
    回答の続きを読む
    回答者
    法律(弁護士)
    岸野 祐樹
    専門家の詳細を見る

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る