海外展示会で来場者に立ち寄ってもらうには?の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカン経営相談室

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

海外展示会で来場者に立ち寄ってもらうには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 海外展示会で来場者に立ち寄ってもらうには?

    展示品、印刷物、配布物を事前準備し、展示会本番ではブース前を通る人にPRするのですが、なかなか立ち寄ってもらえません。何をどうしたらよいでしょうか?

    2秒・3mの法則でブースの運営をすれば立ち寄ってもらえます


    2秒・3mの法則で展示会に参加しましょう(1コマブースの場合)。

    1.2秒の理由
    ・自社ブース幅は3mです。来場者が3mを通過するのにおよそ5-6秒かかります。通路をはさ
     んだ向こう側にもブースがあるので、来場者が自社ブースに目を向ける時間は半分の2-3秒
     です。

    2.3mの理由
    ・ブースの端から端まで3mあります。3m離れた場所から目に入る情報によって来場者はそのブ
     ースに立ち寄るか、通り過ぎるかを決めます。決めるための時間は2秒です。2秒・3mの間に
     足を止めてもらう魅力的な展示内容になっていますか?

    3.展示品はわかりやすいものを通路横に置く
    ・自社の最新モデルである必要はなく、わかりやすいものを置きます。通路のすぐ横に展示品を
     置けば、来場者が触れたり、重さや風合いを感じることができます。触れてもらえばそこから
     会話が始まります。

    4.文字よりも画像とイラストでPR
    ・2秒しか時間のない来場者は文章を読みません。一瞬視野に入る情報で、立ち止まるか、その
     まま行くか、を決めます。大きなわかりやすい絵やイラストを準備して、来場者に「なに?」
    「なぜ?」と思ってもらえれば、足を止めてもらえる確率が上がります。

    5.文字は、来場者を主語にした動詞でPR
    ・2秒しかこちらを見ない来場者に長い文章は禁物ですが、最低限の文言は必要です。空港の
     Duty Free Shopの売店では「Buy3 1Free」(3つ買えば1つ無料)、「Save33%」(33%
     節約しよう)というような販促POPを見かけます。通り過ぎる人を主語にして「Buy」
    「Save」という行動を喚起させる動詞で購買を促しています。これをヒントに自社ブースでの
     PR文言を考えましょう。

    6.通路側で足を止めたら詳しい話は奥で
    ・1コマブースの場合、稼働率の悪い商談テーブルと椅子はお勧めしません。通路横で足を止め
     た来場者にさらに詳しい説明をするため、奥の詳しい展示品や資料コーナーに導きます。詳し
     い話を聞きたい来場者が通路横の展示品前で滞留すると、新たな来場者が展示品を見ることが
     できません。相手の関心度や程度に応じて、ブース通路側は「軽い関心度」、ブース奥は「深
     い関心度」というように空間を決めて商談をします。

回答した専門家
海外取引

芳賀 淳

海外ビジネスは打ち出の小槌ではありませんが、可能性にあふれています。やらずに...

7月29日~8月1日、8月6日はお休みです。この期間はメール相談の申込ならびに面談の予約はできません。

日本がアジアの先頭を走った時代は終わりました。海外ビジネス経験の中には、日本国内ビジネスにも展開できるものがあります。多くの海外ビジネス経験に裏打ちされたアドバイスを、たとえ話や図なども交えてわかりやすく伝えます。海外に通用するには何をどのように鍛えるか、も場合によってはお伝えします。

ライセンス

ジェトロ認定貿易アドバイザー試験合格者、全国通訳案内士(...

重点取扱分野

1.情報収集と分析(輸出・輸入の実績、やるべき実務、自社...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る