当社を本気で応援してくれる金融機関の選び方を教えてください。の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカン経営相談室

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

当社を本気で応援してくれる金融機関の選び方を教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 当社を本気で応援してくれる金融機関の選び方を教えてください。

    知人の経営者から、「メインバンクから必要な時に融資を断られた。」と聞きました。融資量が一番大きいのがメインバンクではないのですか?

    困った時に応援してくれるかどうか、それがメインバンクの条件です。


    大手金融機関と地域金融機関、その両方のメリットとデメリットを押さえた上で、つき合う金融機関を「メインバンク」として選定しなければ、中小企業はもはや生き残ってはいけません。
    経営者の多くは「融資量が一番多い金融機関がメインバンクである」と思っていますが、それは大きな間違いです。困った時に応援してくれるかどうか、リスクを負ってくれるかどうか、それがメインバンクの条件です。
    多くの中小企業は一つの金融機関に依存しがちですですが、2つ以上の金融機関との取引を強くお勧めします。
    企業の売上が1社に依存していたら、危険だと感じるでしょう。金融機関とのつき合いも同じ形でリスクヘッジするのです。  
    リスクとは、支店長や担当者の異動、積極的融資方針から消極的融資方針へといった本部の方針変更などです。たとえば、メイン取引をしている支店に新たな支店長が赴任して融資方針が厳しくなったり、優秀な前任担当者から能力が著しく劣る新担当者に代わって融資おりなくなったりします。
    金融機関側の事情で資金繰りを左右されないために、ぜひ複数の金融機関と取引をしておくことをお勧めします。
    第二地銀、信用金庫、信用組合などの地域金融機関は、メガバンクや地方銀行に比べると、地元の限られた市場を中心に営業しており、顧客との接触頻度が高く、地元企業の関係性を重視する傾向にあります。中小企業にとって、メガバンクより地域金融機関が大切な存在であることはご理解いただけると思います。

回答した専門家
財務・資金調達

岸本 圭祐

創業融資・事業性評価融資・補助金・公的支援制度活用などの資金調達についてお気...

□創業予定だがどのように創業資金を調達すれば良いか困っている
□顧問税理士の先生に資金調達の相談をしたが、具体的な解決方法の提案をもらえなかった
□銀行とのうまい付き合い方がよくわからない
□設備投資、販路開拓、事業承継などを行う際の補助金活用の相談をしたい
上記のような課題を抱えている事業者様はお気軽にご相談ください。“超実践型”資金調達支援専門の中小企業診断士がご対応いた...

ライセンス

中小企業診断士

重点取扱分野

【資金調達支援】
創業融資・事業性評価融資・補助金・...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る