大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

個人事業主ですが、青色申告のメリット・デメリットを教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 個人事業主ですが、青色申告のメリット・デメリットを教えてください。

    白色申告を行っています。青色申告を行うと事務負担が多くなると聞きますが、青色申告は本当におすすめでしょうか?

    青色申告は、非常におすすめです。


    以前は、白色申告は基本的に記帳義務がなかったので、記帳義務が青色申告の最大のデメリットでした。平成26年から白色申告も簡易な記帳と帳簿書類の保存が必要になりましたので、税務署に事前届出は必要になりますが、青色申告のデメリットは、ほぼないと言ってよいでしょう。以下が青色申告の主なメリットとなります。
    ① 青色申告特別控除
     青色申告を選択するだけで、簡易な帳簿で青色申告特別控除10万円の適用を受けることができます。さらに会計ソフトなどを利用して複式簿記で帳簿をつけると青色申告特別控除55万円(電子申告等をすれば65万円)の適用を受けることができます。
    ② 損失の繰越
     事業で赤字が出た場合、その赤字を翌年以降3年間繰り越すことができますので、翌年以降の黒字と相殺して税負担を抑えることができます。
    ③ 青色事業専従者給与
     個人事業主は本人に給与を出すことはできませんが、事前に届出をすれば、その事業に専ら従事している家族に給与を出すことができます。所得が高ければ高いほど税率が高くなるのが所得税ですので、所得分散が節税の基本的な考え方となります。

回答した専門家
税務、会計

なかだ 隼人

人生100年時代、「生涯現役」のパートーナーであり続けたい

約20年の間、さまざまなお客様の創業のお手伝いをしてきました。成功されているお客様に共通することは、どんぶり勘定からの脱却。きっちりとした帳簿から生きた数字を正確かつタイムリーにつかみ、その数字をいかに経営に活かせるかが肝となります。親身の相談相手であり続けることにより、お客様のサクセスパートナーを目指します。

ライセンス

税理士
中小企業診断士

重点取扱分野

■創業
損をしない税務署類の届出から、資金調達のサポー...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る