労働災害を削減する方法の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

労働災害を削減する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 労働災害を削減する方法

    製造現場の労働災害を削減するには、どのような取り組みをすればよいでしょうか。

    ルールを徹底し、作業環境を改善していきましょう。


    1.社員の意識を変える
     労働災害が起こってから、後から注意し、怒っても時既に遅しです。労災が起こると、会社にとって良いことは何もありません。労災を軽減させるには、社員の意識を変え、改善することが大切です。
    2. ルールを徹底する
     労働災害を減らすには、ルールを守り徹底することが大事です。「製造業の基本は、自分の身は自分で守る」という意識付けが大事です。決められた服装、保護具を着用することを徹底します。安全に厳しい企業では、工場の入り口に決められた服装、保護具の見本を鏡とともに貼って正すことを訓練したりします。職場では決められた手順を決められた通りに守ります。ルールを守ることで労災の大半は低減すると言われています。一つ一つの手順を確実に行うには指差呼称が有効です。一つの手順を行った後で、対象を指差して手を振り上げて、「〇〇ヨシ」と言って手順を確認します。指差呼称をすることで作業エラーは約6分の1に抑えられるデータがあります。ルールの徹底は、ミーティングや朝礼などで定期的に行い意識付けを行います。
    3. 作業環境を改善する
     JIS日本工業規格の定義で、安全とは「受容できないリスクがないこと」「リスクを許容可能なレベルまで低減させることで達成される」とされています。リスクを低減させるには、職場の潜在的な危険性または有毒性を見つけ出し、評価し対策する「リスクアセスメント」を用います。リスクアセスメントでは、最初に職場における作業の「リスクの見積もり」を調査します。リスクの見積もりとは、①頻度+②可能性+③重大性を足したリスクポイントで、リスクレベルをⅠ〜Ⅴに分析します。リスクレベルの高い作業の優先度が高くなり、優先的に改善します。リスクアセスメントを改善することによって「リスクを許容可能なレベルまで低減」させます。
    職場ルールの徹底と職場環境を改善することによって、労災の起こりにくい企業体質へと変わっていきます。

    リスクアセスメントの図
回答した専門家
生産管理

窪津 正充

企業様の気になる問題について、深く考えて支援いたします。お気軽にご相談して下...

社長様の想いを現場レベルまで行き届けるのが信条です。企業の方向性に寄り添いながら、ともに高みを目指して支援いたします。現場が好きで、現場・現物・原則の三現主義に基づいて、その場その場に応じて企業とともに考えていきます。コンサルティングにあたっては、現場に入り込むことにより実践的な診断・支援をしたいと思っております。

ライセンス

中小企業診断士
危険物取扱者甲種

重点取扱分野

■生産管理、現場改善
・5Sによって現場を見える化し、...

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る