「ニュースリリースは、何から手をつければいいのでしょう?」の相談詳細(回答) « よくある経営・法律相談 « 経営に役立つ情報 « サンソウカンあきない・えーど

大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

「ニュースリリースは、何から手をつければいいのでしょう?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 「ニュースリリースは、何から手をつければいいのでしょう?」

    自社をメディアに取り上げてもらおうと思い、ニュースリリースを出してみようと思うのですが、さて、何から手をつければいいのか分かりません。どんな準備をすれば良いのでしょうか?

    今、手掛けようとしていることに社会性・新規性があるか確認


    「ニュースリリース」は、宣伝と違い、費用をかけずに新聞やテレビで取り上げてもらえるチャンスを作る大変優れた広報手段です。それだけに大いに活用していただきたいのですが、編集権はあくまでメディア側にあります。こちら側から「取り上げて欲しい」と何度も送ってみても、それを判断するのはメディア側です。
    相次ぐ「連戦連敗」で、メディアは「見る目がない」と毒づく方もおられますが、それは間違い。メディアも「ネタ」を探しているので、その“ツボ”にはまれば、どんな小さな企業の話題であっても取り上げてくれます。そのポイントは、貴方が広報したいと言う商品やサービス、イベント等に“社会性”“新規性”があるか、と言うことです。すなわち、それが「ニュースか!?」と言うことが肝心です。まず、その視点で、貴方の事業を見つめてみましょう。『社会をよくする』
    『みんなのためになる』そして、かつ『これまでにない』『実にユニークな』モノ・サービスであればメディアは積極的に取り上げてくれるはずです。
    ですから、闇雲にリリースを出すのではなく、まず、自ら手掛けていることに、その要素があるかを解析し、その要素が無ければ足す努力を、あるにはあるが小さいと言うのであれば、そこを大きく育てる努力を、ちゃんとあると言うのであれば、そこをどうアピールするかを考えて、リリースの作成をしてみましょう。リリースを作るスキルやノウハウは後回しでいいので、そうしたポイントをまず掘り起こして下さい。 
    また、反対に新聞やテレビは、どういったモノであればよく紹介しているかも調べておきましょう。敵を知ることも、実に重要かと思います。

回答した専門家
販売促進・広告戦略

大谷 邦郎

「PR」はアイデア勝負!大企業とも対等に戦える分野です。共に知恵を絞り、一緒に...

情報を「発信」することばかりに目を奪われないで下さい。自らを見つめ直すことこそが「PR」「宣伝」「ブランディング」の極意。本当の「強さ」を一緒に掘り起こしていきましょう。そこが、まず重要かと。あとは「アイデア」と「センス」と「行動力」の勝負。プレスリリースの作成、HPの改編、SNSや動画の活用など、共に考え、共に汗を流しましょう。

ライセンス

元放送局の記者(ラジオ報道部長・宣伝部長歴任)

重点取扱分野

費用をかけない「宣伝」「PR」分野を重点的に取り上げます

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る