大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

事業を整理して、老後資金を得る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • 事業を整理して、老後資金を得る方法

    私は中小企業のオーナー兼社長ですが、もう歳ですので、そろそろ引退を考えています。しかし、これまで経営に専念していたため、私にはまとまった貯蓄がありません。このままでは老後の生活が心配です。

    事業を整理して、他社に譲渡して老後資金を獲得するという方法もあります。



     近年、中小企業においても事業承継の手段としてM&Aが検討されるケースが増えてきています。
     M&Aには、適任な後継者が見当たらない場合であっても広く買主の候補者を外部に求めることができる他、中小企業のオーナーにとってみれば、適切な対価を取得することができ、対象事業を承継させ経営から撤退した後の経済的基盤を確保することができるといったメリットがあります。
     したがって、M&Aは、親族内、企業内に適当な後継者が見当たらない場合だけでなく、中小企業のオーナーが老後の生活のためにまとまった資金を獲得したいといったニーズがある場合にも効果的な手法といえます。
     M&Aの代表的な手法には、事業譲渡と株式譲渡とがあります。
     まず事業譲渡とは、対象会社の全部の事業を承継先に売却する方法です。ただし、注意しなければならない点として、売却の対価は対象会社が取得することになります。
     ですので、この方法ではオーナー社長が直接的に対価を得ることができないというデメリットがあります。
     一方、株式譲渡は、オーナーが保有している対象会社の株式を承継先に売却する方法です。中小企業においては、所有と経営が一致していることが一般的ですので、株式譲渡によればオーナー社長が直接的に対価を得ることができますので、中小企業におけるM&Aを用いた事業承継のほとんどがこの株式譲渡により行われています。

    産創館の事業承継相談窓口のご紹介

    事業承継のお悩みに、中立な立場でアドバイス。
    セカンドオピニオンとしてもご利用いただけます。

    事業承継無料相談サービス
    https://www.sansokan.jp/sob/

    さまざまな事業承継の事例をご紹介!
    読み物「事例に学ぶ事業承継」
    https://www.sansokan.jp/sob/reports/

カテゴリーで相談を探す

ページトップへ戻る