中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

IAGベンチャーサポート発表会発表企業紹介

IAGを活用して羽ばたいた企業家たち-具体事例のご紹介-厳しい審査を通過し、最終的にIAG委員に対してプレゼンテーションを行った企業の中からピックアップしてご紹介します。

その他企業は、取材・アンケート協力いただいた企業の一部に限り、最終発表会進出企業リンク集にてご覧いただけます。

ファルメディコ株式会社

薬局の新しいカタチを創造 第三者の評価が自信となって事業に邁進

現役外科医でありながら、実家である薬局の跡を継いで起業。臨床の第一線で外科診療に没頭していたときに感じていた医療における様々な問題を、ITを活用し、薬局と連携することで、地域医療のよりよい環境を提供する「薬局を核とした医療支援」サービスを開発。発表会への応募は、自分の事業を第三者に評価されたいとの思いから応募したが、アドバイスを受けながらプランを練り直すうちに、やるべきことやらなくていいことが明確になった。

IAG委員からは、薬局3.0(第三世代薬局)と定義した新しい薬局のプランが認められ、500万円の出資の他、大阪市ビジネスプラン評価A認定も受けることができ、この評価によって、社外的にはもちろん、私自身や社員の自信になったことは、事業を進めていく上で大きな存在になった。今後は、薬剤師の卒後教育事業に力を入れて、薬局内だけでなく、地域医療の現場へ広げていきたい。

評価結果

出資
500万
経営アドバイス
2名
販路紹介
3名
会社概要 ファルメディコ株式会社http://www.pharmedico.com/
〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1-9-5 山西屋・西孫ビル3階
TEL:06-4801-9555  FAX:06-4801-9556
事業概要 院外処方箋受付による保険調剤事業/在宅・介護施設における医療支援 一般医薬品販売業/健康食品販売業/医療情報サービス業  など

ファルメディコ株式会社
代表取締役社長 狭間 研至

社長プロフィール

大阪大学医学部を卒業し、旧第一外科に入局。外科専門医、呼吸器外科専門医、博士号など、外科医としてのキャリアを順調に積む。平成15年ハザマ薬局の社長就任。平成16年ファルメディコ株式会社に社名変更し、医薬協業のシステム化により、わが国における新たな医療環境の創造を目的として本格始動する。

IAGへのメッセージ

事業構築・推進に向けて様々な心強いサポートをいただき感謝!の一言です。

ページの先頭へ戻る

株式会社デジタルマックス

倒産の危機にチャレンジ。最終発表会でチャンスを掴む。

大学卒業後、薬剤師の国家資格を活かし大手製薬会社に勤務するも、翌年、父の急死により創業間もない父の会社を引き継ぎ、借金返済のため、トラックの運転手をしながら起業の道へ。自分の強みを生かす為に、事業ドメインは健康と環境に関する事と決め、それに関係する事業を数社立ち上げる。ソフトバンクの孫社長の本に出会い、今後、リッチコンテンツの時代が来る事を確信。

コンテンツ事業を開始する中、そのプラットフォームの重要性を感じ、日本で初めての電子カタログを考案。 環境に貢献するこの技術を活用し、業界をリードする技術の開発に邁進するも、プライベートな問題等重なり、経営の一線から退任。その間、築き上げてきた会社の経営は悪化し、倒産の危機に。2009年10月に数名のスタッフの要請から社長に復帰し、再度経営改革に乗り出すも、難航。そんな中で出会ったのが、関西を代表するプロのオーナー経営者の方々にプレゼンの機会と経営アドバイスが受けられるIAGベンチャーサポート発表会を知り、大きなチャンスをつかむ為に応募。

最終発表会を通じて、その後も様々なアドバイスや、委員自身の経験を聞くことができ、大きなスキルアップと勇気に繋がる。 必死だった私は、頂いたアドバイス通りに、組織改革や企業体質の改善に取り組み、経営状態が大幅に改善。現在、近年のタブレット端末(iPad等)などの台頭による紙資料の電子化に向かった大きな波が到来。この電子化技術が世界標準になる事により、地球環境を守る事に繋がることを期待し、業界のリーディングカンパニーとしてさらなる成長を目指す。

評価結果

出資
375万
経営アドバイス
6名
販路紹介
10名
会社概要 株式会社デジタルマックスhttp://www.digitalmax.jp/
〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目12番50号 KTIビル7階
TEL:06-7650-2046 FAX:06-6310-7698
事業概要 電子カタログ制作ソフト、電子カタログCRM、電子カタログ活用営業支援統合ソフト開発、電子カタログを活用したパンフレット、資料の電子化、効率化、コスト削減の提案

株式会社デジタルマックス
代表取締役社長 垣内 重慶氏

社長プロフィール

徳島文理大学薬学部薬学科卒業、薬剤師国家試験合格、 萬有製薬株式会社入社。
23歳で独立、複数の会社を設立後、2000年デジタルマックスの前進であるベルエアー設立。

  • 2001年日本で初めての「電子カタログ」リリース
  • 2004年「中小企業庁長官特別賞」「グッドデザイン賞」受賞
  • 2005年「グッドデザイン賞」2年連続受賞
  • 2008年NBK大賞「ビジネスアイデア賞」受賞
  • 2010年経済産業省発刊「ベンチャー100選」選出、IAG「最終プレゼン企業」選出、NBK大賞「大阪ブロック賞」受賞
  • 2012年近畿経済産業局、中小企業新事業活動促進法に基づく異分野連携新事業分野開拓計画に認定

IAGへのメッセージ

様々なアドバイスをその場でもらえるだけでなく、継続的に経営の深くまで見て頂き専門的なアドバイスが得られたことで、会社が成長出来ていると感じます。会社を成長させるのが恩返しだと信じ、これからも頑張って参ります。