中小企業の方へ(提案したい企業) 提案内容作成のポイント|製造業の逆見本市|ものづくり応援隊|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

逆見本市ロゴ
無料 大手・中堅企業 中小製造業
技術・製品・素材・設備・工法・共同開発パートナーなど、大手・中堅メーカーの発注情報大公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
06-6264-9907
平日10:00-17:30
※祝日除く
中小企業の方へ
(提案したい企業)
2018年度 受付準備中
2017年の募集要項はコチラ

中小企業の方へ(提案したい企業) 提案内容作成のポイント

募集内容をよく読む。

提案を受け入れる企業のニーズや課題が書かれています。これらを外すと審査を通過する可能性は低くなりますので、しっかりとお読みください。

関連、付随する情報も類推して読む。

開発の方向性や今後の展開が明るみに出ないよう、提案受け入れ企業で工夫して情報を公開しています。そのため、記載された内容のみを募集しているわけでなく、関連するもの、付随するものに関心のある場合も多くあります。

例えば、Aという内容があれば、関連するA’やBなどの提案等、募集内容に“提案のためのヒント”が隠されています。

自社の事業、得意分野、強みなどと合致しているかをよく確認する。

提案を予定している企業やその内容と自社の事業や得意分野、強みなどが合致しているか確認してください。提案したとしても、不可能であれば、その後の商談にはつながりません。

また、対応可能な材質・生産能力・サイズ・設備なども強みになる場合もありますので、可能な限りご記載ください。

伝えたいポイントを詳しくかつシンプルに書く。

審査の際には、競合他社も提案を行っていて比較検討となります。詳しく記載することはもちろんですが、シンプルに書くことで、内容も伝わりやすくなります。

申込手続きを完了する前にもう一度読み返し、内容が伝わるか確認をいただくことをおすすめします。

ホームページを最新の情報に更新する。

審査の際には、ホームページも合わせて確認する場合が多いです。自社の強みや得意分野が伝わるホームページにしておく事はもちろん、最新の情報やトピックス等があれば、更新をしておきましょう。

中小企業の方へ
(提案したい企業)
募集要項
(2019年度の募集は終了しました)

大阪産業創造館 製造業の逆見本市事務局

06-6264-9907
受付時間:平日10:00~17:30(祝日除く)