中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

ビジコンOSAKA 2020

※ビジコンOSAKA 2020の募集及び視聴は終了しております。

事業を全国にアピールするならビジコンOSAKAに挑戦しよう!

新たな価値を生み出す起業家の挑戦を応援するために、ビジネスプランコンテストを開催します。
大阪での起業、新たな事業展開をめざす方であれば、全国どこからでも応募できます。また、今年度は、オンライン動画配信を実施。
時間や場所にとらわれず、多くの方に事業PRできる機会になります。
このビジコンOSAKA 2020で、事業PRと成長のチャンスを掴んでみませんか?
ここから、大阪の経済活性化に寄与し、全国へと羽ばたいていくことを期待しております。

主催: 大阪産業創造館(公益財団法人大阪産業局)
なにわあきんど塾同友会、一般社団法人大阪市産業経営協会、大阪市女性起業家情報交流協会

特別協賛:尼崎信用金庫

チラシをダウンロードできます! ⇒ ダウンロードはこちらから(約1.5MB)

最終発表会

プログラム
開会
出場者によるプレゼンテーション審査
(前半)Venture部門の発表
(後半)Renovator部門の発表
審査会
結果発表
閉会

出場者

Venture部門

Venture大賞 Venture大賞 ★ 一般社団法人大阪市産業経営協会賞 ★

株式会社E-GAO 勝村 史昭 独自の解析技術でメンタル・ストレス状態の数値化を実現!
メンタルヘルス血液検査による働く人の健康増進と組織生産性の向上に貢献
株式会社E-GAO 代表取締役 勝村 史昭 氏

我が国においてうつ病患者は400万人超いるとされていますが、さらに不眠・倦怠感を同時に訴えて外来する受診件数は約9千万件にのぼるともいわれています。これは、うつ病として発症する可能性のある方がさらに多く存在することを示唆しています。うつ病は、一度なってしまうと回復が難しい面があるため、水際で防ぐことが極めて大事となります。そこで、当社が開発した高精度な先進的血液検査により、メンタル・ハイリスク者を見つけ、体調不良や不調を防ぐため事業を起ち上げました。圧倒的な正確性の血液検査で、メンタル問題の解決、働き方の向上、健康不安の払拭にお役立ていただいた実績があります。個人や職場の活力を低下させるメンタル・ストレス課題に対し、かけがえのない人の健康を守るために、最適なサポートを提供します。そして、健康長寿と経済成長の両立が実現する社会の実現に貢献していきます。

PR動画はこちら

★ 大阪市女性起業家情報交流協会賞 ★

ラックミー! 新川 智子 中小企業のスキル・ノウハウを “見える化”する
教材制作プロデュース事業「ラックミー!」
ラックミー! 代表 新川 智子 氏

「ラックミー!」は、中小企業の目に見えないキャリア・スキル・ノウハウを教材として見える化し、コロナ禍でも販売できるサービスです。テキスト・ワークブック・DVD等の教材は、場所や時間を越えて収益をもたらし、全国展開も可能にします。オンライン講座には教材を加えると、より一層お客様に形に残る商品が提供でき、アフターコロナの新たなファンや顧客増加を見込めます。ITに弱い中小企業も、教材制作後は受注・発送のツーステップのみで新たな収益源を簡単に作れるようサポートもします。私自身も子育て中、独身時代に玩具メーカーで培ったキッズ向けデザインノウハウを教材としてまとめ、お母様方へ講座で伝えたところ、反響が大きく8年間で約1万人の集客に成功しました。行政・大手企業から講座企画や教材制作の依頼を受け、制作した教材は150種類を超えました。これから全国に制作スタッフを増やせるよう制作ノウハウも教材化します。中小企業の皆さんがコロナ禍でも希望を見いだせる未来作りに貢献します!

PR動画はこちら

株式会社ぱんだの庭 吉田 抽香里 家庭学習が学校生活を円滑に導く!
SNSを使った発達障がい児特化型の学習支援事業「凸凹ぱんシックス」
株式会社ぱんだの庭 代表取締役 吉田 抽香里 氏

弊社は、2018年よりSNSを使った家庭学習支援事業「ぱんだちゃんのおうち学校」を全国展開し、2期目で年商1億円を突破しました。その中で発達障がい、もしくは発達障がいの疑いのある子どもを持つ母親からの相談が多かったことが、本事業を開発する契機となりました。「学校に馴染めない」「特別支援学級への通級をすすめられた」など、発達障がいを持つ子どもの親は、相談する先がほとんどありません。弊社では、これまでもこうした相談に対し、個別に教材の厳選や母親への動機づけを行っており、学習面でしっかりと自信をつけることで学校生活が円滑に送ることができるようになった事例がいくつも生まれています。その経験を生かし、発達障がい児特化型の学習プログラムを独自開発しました。また、教材だけでなく「しつけの問題だ」と周りから理解を得られず孤立しがちな母親の精神的支援も包括的に行います。「凸凹ぱんシックス」サービスには、学習教材を通じて、小学校で円滑に過ごすための様々な訓練が散りばめられています。発達障がい児の「生きづらさ」そして親が抱える「育てにくさ」を解決し、社会貢献をめざします!

PR動画はこちら

LOOVIC 山中 享 視空間認知障がいで困る方々を、地図を見なくても、五感を用いて人を誘導できる独自開発の誘導サービス『LOOVIC』 LOOVIC 代表 山中 享 氏

視空間認知障がい(視覚と空間の配置情報の認知)は、自身が立っている場所を認識や記憶をすることが極端に苦手なため、よく迷い、常に誰かのサポートが必要となります。この視空間認知障がいは、主に発達障がいや高次脳機能障がい、認知機能の低下時によく見られる症状で、国内に約40万人いると言われています。私たちは、このような困りごとを、地図(スマホ地図含む)を見ること無く、目的地に誘導できるサービスを提供します。仕組みは、スマートフォンのGPSと連動したデバイス『LOOVIC』を手首に装着するだけで、日本独自の触覚感覚の技術を使い、振動や感覚で方向を誘導することで、目的地までの記憶や土地勘がなくても自然にたどり着けます。もちろん一般の方々にもビジネスの用途への活用もめざしています。例えば、スマートフォンの地図を見ながらの自転車運転や歩行時の危険が解消できたり、いずれは広い屋内での誘導なども可能になります。このサービスで、世の中の課題を解決したいと思い、起ち上げることにしました。

PR動画はこちら

Renovator部門

Renovator大賞 Renovator大賞

フィッシュ・バイオテック株式会社 右田 孝宣 誰からも、環境からも、何も奪わないサバの完全養殖!
発想の転換とテクノロジーで世界を救う!
フィッシュ・バイオテック株式会社 代表取締役/サバ博士 右田 孝宣 氏

「鯖」という魚をキーワードとして、サバ棒寿司の(株)鯖や、サバ料理の飲食店(株)SABARを運営してきた当社は、より安全で美味しい鯖の追求と、漁業を活性化させたいとの思いから養殖事業を手掛け始めました。鯖は育成期間が短く、約10カ月で出荷でき、養殖に適しています。私たちが手掛ける養殖は大きく3つの特徴があります。①優良な親サバのタマゴから完全養殖したアニサキスフリーのサバが育てられる、②生餌の代替タンパク源やフードロスの活用に加え、地域の特色を出せる鯖が育成できる独自配合の餌によりコスト削減・漁業者の利益率向上、③ICTを活用した養殖管理システムにより、漁業者の負荷軽減と、新規就労者の参入を実現します。

PR動画はこちら

あましん賞 あましん賞

株式会社ロジカ・エデュケーション 関 愛 子どもたちに夢と生きていくためのスキルを届けたい!
子ども向けプログラミング教育「ロジカ式」の全国普及
株式会社ロジカ・エデュケーション 代表取締役 関 愛 氏

私は経済的な事情もあり中卒ですが、プログラミングスキルを独学で学び、人生が大きく変わりました。18歳からSE・プログラマーとしてシステム開発業を開始し、23歳からは大手企業の新入社員研修講師として、1,500名を超えるプログラマーを育成してきました。この体験を踏まえ、長年のプログラミング教育経験を活かした子ども向けプログラミング教育事業に取り組んでいます。弊社のプログラミング教育「ロジカ式」は、単にプログラミングスキルを教えるだけではなく、「社会人基礎力」を育み、子どもたちが将来「時代をリードする人材」になれるような教育をめざしています。現在、NECおよび日教販と提携して全国の小中学校にもプログラミング教材を提供しています。また、ロジカ式では、「アニメ」という子どもが夢中になれるコンテンツを使うことで、より積極的に、かつ集中して学習できるよう、プログラミング学習用アニメ「ロジカくんの大冒険」を制作。現在、富士通やLINEともコラボ展開させていただいております。今後は学校イベント・アニメ・キャラクターグッズ・書籍出版・SNSなどを活用したメディアミックス戦略を展開し、ロジカ式を普及させることで、社会で活躍するために必要なスキルを子どもたちに提供していきます。

PR動画はこちら

株式会社松電舎 野口 昌彦 配管、鋼管の個数カウントに最適!
移動して検査できる「メガネ型AI画像検査機」の開発
株式会社松電舎 取締役 野口 昌彦 氏

弊社はマイクロスコープや顕微鏡、マシンビジョンカメラなどの「視る」をコンセプトにした光学機器メーカーです。工場などの産業向けに、産業用検査ロボットなどと連動し、FA(工場自動化)に連動できるAI(人工知能)を使った外観検査ソフトをすでに販売していますが、これではロボットゆえに使用場所が限られてしまいます。そして、鋼管や配管などの個数カウントは端面が不揃いであること、また検査場所が毎回変わる屋外使用などと使用環境も様々である場合が多い。そこで産業用ロボットと連動させるのではなく、ヒトと連動させるヒト装着(メガネ)型AI画像検査機を開発することで鋼管など規則性のある対象のカウントに使用でき、カウント時間の短縮、カウントミスをなくすこと、場所を問わずカメラを移動しても検査できる機器の開発をめざします。

PR動画はこちら

★ なにわあきんど塾同友会賞 ★

株式会社トラベルテックラボ 邱 世偉(きゅう しーうぇい) 訪日外国人向け手ぶら観光でより旅行を楽しくできる
オンライン免税IoT宅配ロッカー『JaFun』
株式会社トラベルテックラボ 事業責任者 邱 世偉(きゅう しーうぇい) 氏

訪日外国人向けオンライン免税IoT宅配ボックス「JaFun」(ジャファン)は、アプリで地方の特産品を購入し、日本の空港・ホテルに設置したIoT宅配ロッカーで商品を受けとると、自動的に免税手続きが完了します。帰国時に商品をまとめて受けとることで「手ぶら観光」を推進し、三密を避けたニューノーマルな観光ができるが特徴です。2021年1月現在、コロナ禍で訪日外国人が前年対比-99%と全く訪日されていません。しかし、日本政府は2030年に15兆円市場を見込んでおり、国内観光と合わせると35兆円の日本で最も大きな産業になります。私たちは、コロナ禍で苦しい観光産業のV字回復のため、今の間に準備をすすめ、入国制限解除後に特産品を購入することで地方にお金が落ちる仕組みを構築し「インバウンド(訪日外国人)✕地方創生」をめざします。

PR動画はこちら

集合写真

表彰及び特典

尼崎信用金庫による特別協賛“賞金総額100万円”の提供!

賞金

Venture大賞(1社)
賞金 35万円
(事業サポート15万円分含む)
Renovator大賞(1社)
賞金 35万円
(事業サポート15万円分含む)
あましん賞(1社)
賞金 30万円
※各大賞とダブル受賞のチャンスあり!

主催団体賞

  • あきんど塾同友会賞:あきんど塾同友会による1年間の事業サポート
  • 一般社団法人大阪市産業経営協会賞:一般社団法人大阪市産業経営協会による1年間の事業サポート
  • 大阪市女性起業家情報交流協会賞:大阪市女性起業家情報交流協会による1年間の事業サポート
  • 大阪産業創造館賞:産創館セミナーフリーパスの提供
    6ヶ月間2,000円以下の産創館セミナーが受け放題(18,000円相当)
    ※ビジコンOSAKAファイナリスト特典
→ 過去の出場者・受賞者はこちら

審査員

尼崎信用金庫
審査員 尼崎信用金庫
ソリューション推進部長
幸田 務 氏
税理士YouTuberヒロ税理士 田淵宏明氏
審査員 税理士YouTuberヒロ税理士 田淵 宏明 氏
信金キャピタル株式会社 茅野雅文氏
審査員 信金キャピタル株式会社 取締役 茅野 雅文 氏
公益財団法人 大阪産業局 産創館事業部 部長 多賀谷元氏
審査員 公益財団法人 大阪産業局
産創館事業部 部長
多賀谷 元 氏
一般社団法人 大阪市産業経営協会 会長 岡田 晋策 氏
審査員 一般社団法人 大阪市産業経営協会
会長
岡田 晋策 氏
大阪市女性起業家情報交流協会(We’s) 副会長 中浦 妙子 氏
審査員 大阪市女性起業家情報交流協会(We’s)
会長
中浦 妙子 氏
なにわあきんど塾同友会 会長 春田 茂樹 氏
審査員 なにわあきんど塾同友会
会長
春田 茂樹 氏

コンテストの流れ

このビジコンでは、受賞者を決定し、表彰するだけではなく、動画制作及び配信によって、より広く事業がアピールできる機会を提供します。
そのため、ビジネスプランコンテストの出場者は、PR動画を撮影し、最終発表会までを予告期間とし、配信を行います。「より多くの方に事業を伝え、この事業を通じて社会に貢献していきたい」という情熱のある方の応募をお待ちしております。

※動画の撮影・編集等は、事務局が行います。動画を活用して、事業のPRにお役立てください。

コンテストの流れ

※2021年1月22日の最終発表会は、出場者と審査員及び主催団体等関係者のみで実施しますので、一般の方の観戦はできません。後日の動画配信でご覧いただきます。

実施スケジュール

プラン募集期間 2020年11月30日(月)13:00締切
書類選考結果通知 2020年12月10日(木)以降順次
オンライン審査※1 Venture部門:2020年12月24日(木)
Renovator部門:2020年12月25日(金)
いずれも9:30~17:30の1社30分程度で調整
出場者向け個別面談 2021年1月4日(月)~14日(木)で個別に調整
PR動画撮影 2021年1月15日(金)9:30~17:30の1社30分程度で調整
最終発表会※2 2021年1月22日(金)10:00-16:30
最終発表会の動画配信 2021年2月上旬~1カ月程度

審査及び撮影日では、代表者の参加が必須となります。また、上記指定日にて事務局より時間を指定させていただきます。ご都合が悪い場合には、再調整の対応もいたしますが、調整できなかった場合には辞退扱いとなりますので、予め日程を確保してご応募ください。出場者向け面談及び撮影、最終発表会場所はいずれも大阪産業創造館となります。 なお、新型コロナウイルス感染症拡大の状況によって、変更又は中止する場合がありますので、予めご了承ください。

※1オンライン審査の環境は、ご自身でご用意いただくか、大阪産業創造館に来館していただくことになります。1社ごと30分程度の面談となります。
※2最終発表会は、出場者・審査員及び関係者のみで実施します。後日、一般の方には最終発表会の様子を動画にて配信いたします。

応募について

2020年11月30日(月)13時締切!※応募書類必着

1.部門および応募条件

①Venture部門-初めての起業挑戦者-
初めて起業に挑戦する方で、6か月以内に事業開始予定、又は事業開始後5年以内のもの
②Renovator部門-第二創業・新事業展開-
今ある経営資源を活かし、既存事業とは異なる新たな事業領域で挑戦しようとする経営者又は新規事業責任者

2.応募条件

共通で(1)~(3)のすべてを満たす方
(1)中小企業信用保険法第2条第1項に規定する中小企業者又は個人
(2)大阪市で応募ビジネスプランの事業化を行うもの(予定含む)
(3)新たに事業を開始する場合は、6か月以内に事業開始予定であること。また、応募内容に関わる事業を既に営んでいる場合は、事業開始後5年以内であること
※起算日はいずれも、2020年10月1日としてください。
※法人を設立する以前に個人事業を営んでいた場合には、その期間も含めて5年未満とします。

3.応募方法

  • ①下記より、該当する部門からお申込み後、ご入力いただいたメールアドレス宛に届くメールより応募フォーム(word)をダウンロードしてください。
    ※受付メールが届かない場合は、お申込時のメールアドレスが間違っている可能性がございます。
  • ②応募フォームにご記入の上、ビジコンOSAKA応募宛アドレスに、添付メールにて送付してください。
  • ③応募にあたっては、留意事項を必ずお読みください。
bijicon2020@sansokan.jp

ビジコンOSAKA応募 担当:マツハラ

※応募用紙以外の添付書類は受付いたしません。
※こちらのアドレスは、応募専用アドレスとなっております。
お問合わせは bijicon-osaka@sansokan.jp にお願いいたします。

応募者向けサポート

書き方サポート

「ちょっと聞きたい」「書いたけど不安」という方は、まずはお気軽に、事務局までご連絡ください。ご希望に応じて、ブラッシュアップアドバイス、応募書類の書き方相談など、大阪産業創造館 経営相談室のスタッフコンサルタントがサポートいたします。

大阪産業創造館 ビジコンOSAKA事務局

受付時間:平日9:00~17:00(祝日除く) 担当:マツハラ

応募にあたっての留意事項

1.応募書類の提出にあたって

  • ①応募プランの知的所有権については、提案者に帰属します。ただし、特許・実用新案、企業秘密やノウハウなどの情報の法的保護については、提案者の責任において対策を講じた上でご応募ください。
  • ②提出いただいた個人情報は、書類審査及びコンテスト運営に必要な事務処理等のため、主催者に加え、審査員が利用いたします。また、各種主催団体賞の選定において、賞の提供元となる企業・組織・団体から要望があった場合には、応募書類を事務局より共有いたします。
  • ③提出いただいた個人情報は、法令に定めのある場合やご本人が同意している場合(上記②を含む)を除き、目的外利用することや第三者に提供することはありません。
  • ④応募資格等に違反する事項があった場合、及び各種法令等に抵触する課題が解決できない場合は、受賞を取り消す場合がございます。
  • ⑤提出していただいた応募用紙・資料等は返却いたしません。

2.書類選考結果について

書類審査の結果は、応募フォームに記載された連絡先メールアドレス宛に通知いたします。

3.受賞者の選定の流れについて

  • 書類審査を通過された応募者は、Venture部門は12月24日(木)、Renovator部門は12月25日(金)のいずれも9:30~17:30に実施されるオンライン面談審査を受けていただく事になります。この日にて時間調整ができずに審査を受けることができない場合には、辞退扱いとなります。
    ※オンライン審査の環境は、ご自身でご用意いただくか、大阪産業創造館に来館していただくことになります。1社ごと30分程度の面談となります。
  • 最終発表会出場者は、個別面談及びPR動画撮影(撮影日2021年1月15日)のため、大阪産業創造館に来館いただきます。これを機に、事業PRをしたいと希望される方のご応募を前提としておりますので、必ず参加してください。
  • 出場者は、2021年1月22日(金)に大阪産業創造館で開催されるビジネスプランコンテスト会場でのプレゼンテーション審査に出場していただきます。なお、出場者、審査員及び協賛・協力関係者のみの参加とし、一般の方には、後日動画による配信となります。

※動画配信にあたり、最終発表会でのプレゼンテーション審査時に使用する映像・資料・画像等においては、著作権等の許諾を得たものを使用してください。また数週間ほど動画配信がなされることを前提に、公開可能な内容のみを発表してください。

大阪産業創造館 ビジコンOSAKA事務局

受付時間:平日9:00~17:00(祝日除く) 担当:マツハラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote