ナビゲーターご紹介|ビジネスチャンス倍増プロジェクト|大阪の中小企業支援機関。 大阪産業創造館(サンソウカン)

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

ものづくり応援隊
無料 製造業限定 大阪市内中小企業限定
ビジネスチャンス
倍増プロジェクト
大手企業の技術系OBが仲介役となって的確に技術マッチングを行います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

マッチングナビゲーター一覧 ※五十音順 計55名(2018年04月現在)

あ行で名前が始まるナビゲーター

アダチ トシロウ

足立 俊郎(アダチ トシロウ)

1973年山口大学大学院工学研究科工業化学専攻(修士)を卒業、同年日新製鋼(株)に入社。1994年学位(工学博士)を取得。日新製鋼ではステンレス鋼研究部にて一貫して独自鋼種の開発と用途開発に従事、指導。開発鋼種は8鋼種、内3鋼種はJISに規格化。研究成果は学会発表、論文投稿を通じて大学、他社研究者との交流の輪が広がった。特許は過去20年間で95件出願。権利化のノウハウを有している。一方、開発鋼種等の性質や得失の把握を現場で実際に行い、自動車、電機および建材の主要ユーザーの新規アイテムに好適な材料を提案。自動車では排気系および燃料系部材のステンレス鋼化、電機では、洗濯槽、家庭用ポンプタンクなどのステンレス鋼化に貢献。さらにエコキュート、燃料電池などの貯湯槽用ステンレス鋼に開発鋼を提案し、レアメタルの省資源化を実現。ユーザーの開発責任者との信頼関係、交流は現在も継続。建材の分野では国際展示場、スポーツ施設、文化会館などの屋根や給湯・給水システムに開発鋼や既存鋼を提案し鋼種選定のベースを市場に形成した。幅広い分野におよぶ知識と実績、人脈をもとに様々なものづくりの課題に対し的確な支援とアドバイスが行える。

イクノブ ヨシオ

生信 良雄(イクノブ ヨシオ)

1963年名古屋工業大学工学部工業化学科卒業。1963年日立造船(株)入社。プラント計画設計部在籍中はほぼ一貫して硫酸プラントの設計を担当。インド・バングラデッシュなど発展途上国へのプラント輸出に従事した。硫酸プラントに必要な硫黄燃焼技術をスエーデンCelleco社から導入し、さらに大型化のため米国人Tim J.Browder氏と共同で日立造船/Browderプロセスを確立し、チュニジア、インドネシア等の大型案件受注につなげた。1983~86年のロンドン駐在を経て、日立造船(株)プラント輸出本部エンジニアリング部に復帰し、プロジェクトマネージメントを担当。エジプトシナイ半島の石油随伴ガス処理プラントなどのプロジェクトマネージャーを勤めた。海外経験を生かして、バンコク事務所長、日立造船エンジニアリングシンガポール社長を務めた後、日立造船(株)の子会社であった元(株)クリエイテイブに転籍し、プロジェクト管理の経験を生かして、同社が買収したバロン警備保障(株)の社長を務めた。

イシイ カツミ

石井 克巳(イシイ カツミ)

1971年3月北海道大学大学院工学修士課程(衛生工学)修了。元パナソニックコミュニケーションズ㈱デバイスカンパニー マーケティングディレクター。1971年松下電器産業㈱入社。住宅設備機器研究所及び電化研究所において、暖冷房・給湯機器、調理機器、キッチン・バスユニット等の住宅設備機器及び白物家電の開発研究・研究所マネージメントに従事。1975年から2年間、米国商務省標準局の招聘研究員として、太陽熱、空気調和等のエネルギー関連のシステムシミュレーションを研究開発するとともに、米国空気調和工学会の会員として基準作成のワーキングに参画。1996年よりパナソニックコミュニケーションズ㈱(前 九州松下電器㈱)において、水環境・デバイス分野のものづくり(研究開発・製造・販売)事業経営を推進。

イシカワ ケンジ

石川 健治(イシカワ ケンジ)

元住友スリーエム(株)化学製品営業部室長。研磨材製品販売部室長。1962年中央大学理工学部工業化学科卒業。萬世工業(株)、(株)土屋製作所を経て1967年住友スリーエム(株)入社。一貫して営業部門で、名古屋以西の西日本地区でのフッ素製品(フッ素ゴム、撥水撥油防汚加工剤他)、研磨材製品の販売及び関西主要電気メーカーとの人間関係を構築し3M製品の拡販、新製品新用途開発を担当。現実的で仕事中心の発想のもとに短期中期的な成果をにらんで、リスクを恐れず果敢に決断すると同時に、仕事の基盤を人間関係に置き、常に周囲の人達に配慮しながら協力的に仕事を進める。<製品を売る前に自分自身を売込め>の精神で良好な人脈を構築、<そのアイディアは、もう私たちが製品にしています>をモットーに実績貢献を積み重ねた。特にエレクトロニクスインダストリーセンター勤務時代には事業部別販売戦略による営業活動を<ワンフェイス・ワンボイス>の方針のもとに点から線へ、さらに面へとひろがる営業戦略を策定実施し、大幅な売上高の増大を実現した。

イシハラ カズヒコ

石原 一彦(イシハラ カズヒコ)

1972年京都工芸繊維大学大学院繊維学研究科修士課程修了。同年4月第一工業製薬(株)「以下DKS」に入社し、ウレタン樹脂の水系化に注力、特許を多数出願して全国発明表彰で発明協会会長賞を受賞。その後繊維加工用界面活性剤、難燃剤、紫外線吸収剤、CMC、フッ素系撥水撥油剤などの合成や応用研究に従事。1998年4月繊維薬剤研究部長から通貨危機と大暴動の中、インドネシア子会社・DKR社へ出向し社長に就任。何とか営業利益を出すところまで貢献して、2001年3月に帰国し、DKS理事・界面活性剤研究部長、2004年執行役員・界面活性剤事業部長など歴任して界面活性剤全般に通暁。2007年から中国・天津の子会社・天一化工に出向して董事長に就任、赤字会社を黒字化して2012年3月末に帰国。同年4月からDKS顧問となり、2015年3月末DKSを退社し、DKR技術顧問、三井物産(株)技術顧問に従事。得意分野は水系ウレタン、界面活性剤、特に繊維加工薬剤、乳化重合などの合成と応用の技術。

ウエダ サダタロウ

植田 貞太郎(ウエダ サダタロウ)

1977年京都大学大学院工学研究科修士課程(精密工学専攻)修了。同年住友電気工業株式会社に入社。システム事業部にて、警察道路交通管制システムやニューメディア、物流関連システムなどの開発に従事。2004年からはグループ企業のスターネット株式会社にて、ネットワーク・サーバ・電話などの企業向けインフラの企画・技術・営業等を担当。この間に、EV(電気自動車)シェアリングシステムやIoTクラウド農業システムなどの各種社会実験システムやものづくり補助金事業の企画・提案・開発を経験。2011年からは国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)で宇宙技術コーディネーターとして、JAXA保有特許・宇宙環境等の企業利用・共同研究、また企業の宇宙参入支援にかかる説明会・展示会・PRなどの産業連携活動も行った。以上の経歴で得た、(1)大手企業、中堅・中小企業や各種支援機関等とのネットワーク(2)中小企業向け各種公的支援策への支援経験等を活かし、大阪市内ものづくり中小企業様の事業発展に多少なりとも、お役に立てましたら幸いです。

ウラカワ ノブオ

浦川 信夫(ウラカワ ノブオ)

元住友電気工業(株)ダイヤ製品事業部技師長。大阪ダイヤモンド工業(株)およびアライドマテリアル(株)理事。1969年京都大学大学院工学研究科修士課程機械工学第Ⅱ修了、住友電気工業(株)入社。ブレーキ事業部で、自動車用ディスクブレーキ・バルブ・パッドの生産技術及び工場建設のプロジェクトリーダ担当。ダイヤ製品事業部で、ダイヤモンドヒートシンク・ダイヤモンドナイフ・TABツール等新製品開発で市場創出。大阪ダイヤモンド工業(株)ではダイヤモンド単結晶工具を用いた超精密(鏡面)加工事業を創業、また気相ダイヤモンドコーティングの事業化に注力。(株)アライドマテリアル(株)では、ダイヤモンド粒子を樹脂でピアノ線に固定したダイヤモンドワイヤーソーを開発し、サファイヤ・ ネオジウム磁石等の切断に適用し2008年2月「精密ダイヤモンドワイヤーソー」に関する基本特許(特許 第3078020号)にて「平成19年度大阪優秀発明大賞」受賞 。

オカ ムネカズ

岡 宗一(オカ ムネカズ)

1966年関西学院大学法学部法律学科卒業。同年堺鋼板工業(株)入社。1968年神鋼商事(株)に転職。1966年~1997年、鉄鋼営業部門にて、鉄鋼製品、建材製品、建設プロジェクトを中心とした販売・仕入戦略策定。マーケットシェア拡大、物流管理(在庫管理、輸配送管理)、与信管理、債権回収等。取引先の経営戦略策定支援およびそのモニタリングを行なう。1998年~2000年九州支社長。支社内他部門取引先との取引重層化(マッチング)を図り、売上をアップさせる。ベンチャー企業(視線誘導商品)の立ち上げを支援し、マーケティング、コストダウン(協業企業2社紹介)、販売ルート等を提案する。2000年~2003年、経営企画部門IT担当部長として、経営戦略・戦略情報化企画立案、貿易管理システム構築のプロジェクトマネジメントを行なう。ソフトウエアプロセス改善事例研究会(事務局:KIIS、経済産業省)のソフトウエアプロセス改善(SPI)分科会に参加し、調達側からの意見を述べる。2003年9月定年退職。2005年3月産能大学経営情報学科卒業(経営情報学士)。現在ITコーディネータ(ITC)・近畿会(約300名)、理事。

か行で名前が始まるナビゲーター

カイ タカシ

開 隆嗣(カイ タカシ)

元住友スリーエム㈱電設材製品営業部室長、電力・通信製品事業部部長。1969年福井大学工学部電気工学科卒業。沖電気㈱を経て1970年住友スリーエム㈱に入社。マーケティング部・営業部で電気工事材料・電気絶縁材料・コネクター・光通信製品を各電力会社、各電気工事会社、電気メーカーに拡販。また、エレクトロニクス・インダストリー・センター勤務時は、主要電気メーカーに対しスリーエム社の基幹技術を紹介すると共に各ユーザーの課題を抽出し、共同研究・新製品開発を行い、新規ビジネスを創出。各電力会社・主要電気メーカーへの活動を通じ、各ユーザーとの幅広い人脈を有する。

カサイ マサキ

笠井 正樹(カサイ マサキ)

1967年大阪府立大学工学部経営工学科卒業。1967年~2003年松下電工(株)に勤務。その間、照明生産管理部長(副理事)、1999年黒井ガラス工業(株)に出向、取締役副社長を歴任。IE・QC・VEの普及に努め、製造管理・品質管理・外注管理・外注指導・資材購買・原価管理などを担当し、モデル製造部門を作り上げ、管理体制の構築と管理レベル向上の実績。また照明生産方式の構築を図り、現場の生産効率、リードタイムの短縮などの実績。また多品種少量短納期に対する生産管理システムを構築し、在庫削減、品切れ防止の実績。品質管理優良工場取得や通産局庁賞受賞の指導実績。出向時は赤字脱却の構造改革課題解決の実績。技術士(経営工学部門)を取得し、セミナー、研修の実績。現在、大阪産業創造館あきない経営サポーターとしてのビジネスプラン鑑定団や企業の社員研修を担当。

カリモト ノリヨシ

仮本 憲功(カリモト ノリヨシ)

1966年大阪大学基礎工学部機械工学科卒業。1966年東洋紡績(株)入社。紡織工務部にて生産管理、工場管理を習得し、1975年東洋紡のインドネシア合弁会社に紡織部長として6年間の海外長期勤務。新商品製造ラインの建設工事も経験。その後、東洋紡子会社東洋紡エンジニアリング(株)に出向し、プラント輸出技術部長、繊維加工技術部長、理事を歴任。東洋紡海外工場の技術フォロー、設備・部品の調達業務を行い、新工場建設にも従事。対外的業務としては、JICA、国連、日本輸出入銀行、大手商社等の委託・要請による繊維工場・繊維研究所の技術指導、プラント設計、プラント立上指導、リハビリ計画策定、F/S、マスタープラン作成等があり、開発途上国の繊維工業発展のために尽力してきた。

カワバタ ジュウヘイジ

川端 十平次(カワバタ ジュウヘイジ)

1980年東京工業大学大学院博士課程修了(高分子工学専攻、工学博士)、同年大日本インキ化学工業㈱(現DIC㈱)入社。関西樹脂技術研究所および総合研究所にて、エンジニアリングプラスチック、ポリウレタン樹脂などの研究開発・量産化上市、用途開拓、ユーザーサービス、環境安全管理等、専ら技術屋の経験が長く、中でも6大エンプラの1つPPS樹脂の事業化・基盤確立に貢献した。また熱可塑性ポリウレタン樹脂では、独化学メーカーとのJV企業立ち上げに参画、技術部長として事業基盤強化に尽力した。技術分野では樹脂合成・応用、有機・無機ハイブリッド材料開発、特許出願・登録・調査、工場量産化、環境安全管理に詳しく、産官学連携・共同研究の面でも人脈が広い。市場開拓・マーケティングの分野では新規樹脂製品のマーケティングの経験が豊富。“大局着眼、小局着手で道開く”を信念に、大阪市内中小企業と共創し販路拡大、技術提携先探し、ネットワーク作りに貢献したいと願っている。

キタオ シゲオ

北尾 滋男(キタオ シゲオ)

1967年松下電器工学院電気機械科卒業。元松下電器産業(株)AVC社ものづくり支援センター主担当。67年松下電器産業(株)入社。加工技術・プレス・成形部品製造・金型開発・金型製作・生産技術業務を担当し、AVC社を対象に部品・光学デバイス・開発、生産、品質支援等を実践した。90年より松下全社プロジェクトに参画し、ガラス非球面レンズ金型の金型開発・金型加工のAVC社責任者として本社研究所の協力を得て長年培った部品や金型知識・技術を活かして非球面金型の量産内製化に大きく貢献をした。2002年退社後、(株)アイエヌティ(商社)に就職し取締役営業部長として情報関連分野の精密コネクターの製造・販売の統括責任者を務めた。その後2006年OFFICE KITATEC(技術コンサルタント会社)を設立して現在東アジアにおける光学企業の技術顧問、技術サポート等を行っている。

キタニ テルオ

木谷 晃夫(キタニ テルオ)

元松下情報システム(株)専務取締役。1962年、神戸大学工学部電気工学科卒業、松下電器産業(株)入社。無線研究所にてカラーテレビ受像機・デジタルテレビ他の研究開発に従事し、数多くの方式回路の実用化およびテレビの高性能化・低価格化に貢献。1984年より松下電器のシステムエンジニア集団であるエムエフ情報システム(後の松下情報システム)(株)にてITを駆使した映像情報システム・各種業務処理システムの開発と納入に携わり、松下電器のシステムソリューション事業の経営基盤を確立し、多数のシステムエンジニアの育成・強化に多大な成果をあげた。

クロセ スミオ

黒瀬 純男(クロセ スミオ)

1977年大阪大学大学院工学研究科(応用物理学専攻)修了。1977年松下電器産業(株)入社、半導体部門でマイコンの応用ソフト開発を担当。その後マイコンのソフト開発環境の開発部署において、ソフト開発用のOS、コンパイラ、エミュレーター等の開発・提供・サポートを担当。また半導体部門全体でのソフト開発における開発プロセス改革を推進し、品質・生産性向上に貢献した。この間ソフト開発の海外委託を推進、プロセス定義や品質ゲート設置等の仕組み構築により委託開発の円滑化を実現した。またソフト人材育成においても、ソフト人材のキャリアパス設定、社内資格制度導入を行い、人材強化を図った。さらに全社のソフト設計力強化委員会の主査として、コーディング規約制定、設計レビュー導入の啓蒙、海外委託開発時にも適用可能なセキュアな共有サーバー構築も行った。

コスゲ ヨシアキ

小菅 喜昭(コスゲ ヨシアキ)

1970年東京大学農学部農芸化学科卒業。1975年東京大学農学部農芸化学科博士課程修了。農学博士。1975年住友化学工業株式会社農薬事業部研究部を振り出しに、新規除草剤の創生、殺虫剤のコントロールリリース、家庭防疫薬の商品開発を実施し、ニッチな商品を数多く開発上市した。また、ライフサイエンス関係の調査(ポストゲノムや新医薬事情)を実施した。未利用バイオマス利用の研究開発を家具会社と組み、籾殻由来のバイオマスボードの製造支援を行っている。農業関連、環境バイオの研究支援や調査を数多く実施した。ISO14001、9001、エコアクション21の審査員の資格を取得し、審査、コンサルティングを行っている。現在、大阪大学大学院工学系研究科生命先端工学細胞工学領域特任研究員、「智の木協会」事務局長。自宅で株式会社小菅技術開発研究所を主宰。

さ行で名前が始まるナビゲーター

サエキ シュウジ

佐伯 周二(サエキ シュウジ)

1971年大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程卒業。1971年第一工業製薬(株)に入社、プラスチック添加剤の合成応用研究、水系ウレタン樹脂の合成応用研究、UV硬化樹脂の合成応用研究等に従事した後、電子工業用導電ペーストの事業化研究などにも従事。この間、研究企画や事業企画部門も経験。1998年取締役企画開発部長、2000年常務取締役産業資材事業部長を経て、2004年から専務取締役技術開発本部長等を歴任し、2011年役員退任。 1年間の常勤顧問を経て2012年退職。得意分野は石鹸洗剤香粧品分野、ウレタン樹脂、光硬化樹脂、プラスチック添加剤、電子材料分野など。

シマタニ リョウイチ

島谷 凉一(シマタニ リョウイチ)

1970年松下電器産業(現パナソニック)(株)入社。国立呉工業高等専門学校電気工学科卒。松下電子部品(株)/コンデンサ事業部/開発部門に配属後、電極体等の材料開発に従事。統計的品質管理手法(SQC)などを活用した新技術開発により、業界最小となる電子部品の開発・コストダウンを実現する。その間、特許・実用新案を多数取得。更には、1993年、米国への工場展開に伴い工場責任者として生産性向上、品質改善などに取組み経営基盤を確立すると共に黒字化を達成し、経営を軌道に乗せる。合せて、海外工場の中ではいち早くISO9001、ISO14001等の取得を推進。大小の経営課題に対し技術開発やモノづくりの経験をもとにした幅広い支援やアドバイスが行える。

スズキ ヒデオ

鈴木 秀男(スズキ ヒデオ)

1972年広島大学水畜産学部食品工業化学科卒業。1974年広島大学農学研究科食品工業化学専攻修了。1974年4月吉原製油株式会社(2004年7月㈱J-オイルミルズに合併)入社。研究部門では大豆蛋白&豆乳の開発、ホイップクリーム&コーヒーホワイトナーの開発等に従事。植物油脂製造に関する業務では、大豆、菜種、パーム油を中心とする、搾油・精製工場、品質管理を担当。また省エネ対策、QC活動、TPM活動を実践。環境保全に関わる業務ではCO2排出量の計算、カーボンフットプリントの計算、余剰汚泥の燃料化、マテリアルフローコスト会計による解析、リンの回収等を行ってきた。現在、環境プランナーER、EA21審査人、ISO14001審査員補、環境カウンセラーとして環境保全関係の業務を行っている。

スズキ ヨシヒコ

鈴木 喜彦(スズキ ヨシヒコ)

元(株)クラレポバール輸出部技術担当部長。1964年山形大学工学部応用化学科卒業。1964年~2002年(株)クラレ(シンガポールKSA社への出向含む)に勤務。ポバールの商品企画、用途開発及び国内外顧客に対する技術サービス、特にポバールのトップメーカーとして繊維加工、紙加工、接着剤及び界面活性剤等各種用途に対する用途開発と技術サービスに永年実績を挙げた。この間、シンガポール駐在3年を含め海外渡航は東南アジア、中国他全世界に及びポバール輸出市場の開拓に功績を挙げた。入社当初は、繊維の応用加工研にて製織研究の他、開発商品の試作、評価の実施、その後ポリエステル・ビニロンなど合繊織物の加工技術、技術サービス等多岐にわたって成果を挙げた。

センゴク コウイチ

仙石 幸一(センゴク コウイチ)

同志社大学文学部社会学科を1968年に卒業。元住友スリーエム(株)文具・オフィス製品事業部長。事務用スコッチテープ、ポストイット等を中心に販売、製造、マーケティング、製品開発に責任を持ち成長、コストダウン、キャッシュフローの改善に注力した。その後、合弁会社スリーエム・エステー販売株式会社の代表取締役社長に就任。ここでは家庭用品、日用品の販売に従事し店頭での販売アイテムの増大、フェースの拡大を目指した。モットーはポジティブ、アクティブでPDCAをまわしながら可能性の追求を持続的に実行していくことが成功への道と考えている。また、多くの分野で信頼出来るメンター(相談相手)を積極的に作る事も重要と思っている。 大阪、名古屋、東京にそれぞれ10年以上勤務し多くの人と出会い、文具業界、家庭用品・日用品業界の人脈が出来た事、また、異業種を学んだ事は大きな糧となっている。

た行で名前が始まるナビゲーター

タカオカ ハジメ

高岡 創(タカオカ ハジメ)

元大阪ガス(株)知的財産室(部長)。元大阪ガスエンジニアリング(株)技術管理部長。1964年大阪大学工学部電子工学科卒業。大阪ガス(株)入社。ガス製造工場、LNG受け入れ基地、設計建設業務(計測制御コンピュータ制御等担当)ガス主任者として工場設備保全業務担当。ガス需要家顧客管理オンラインシステム設計業務、CAD、設計管理システム導入。関連会社において、大阪ガス保有技術の他社への実施許諾契約、締結交渉、契約書作成業務、実施料管理業務。帰社後、社内知的財産管理システム更新、新システム導入。社内知財教育、特許等維持年金管理業務。大阪ガス退職後、特許庁主催の知的財産権取引業育成実務研修受講終了。 公害防止管理者(大気・騒音振動)、ガス主任技術者、英検2級、シスアド初級 。

タケウチ ユキオ

竹内 幸男(タケウチ ユキオ)

1964年神戸大学工学部電気工学科を卒業。西芝電機(株)を経由して1965年に日立造船(株)に入社。産業機械の電気・制御関係を担当。海外技術提携先との折衝、海外大規模製鉄プロジェクトの計画から現地工事、試運転調整までを一貫して実施。構造改革により設立した新会社ニチゾウ桜島エンジニアリングの代表取締役社長に就任して、新会社の設立と運営を体験。その後、日立造船に復職して、電子・制御システム事業部設立と同時に、事業部長に就任し、新規事業集団の運営と新事業伸張に奔走し、取締役、執行役員を歴任。新規事業のIT関連、超高真空バルブを製造している(株)ブイテックスの代表取締役社長を務めたあと、現在同社非常勤顧問。

タニグチ タカシ

谷口 孝(タニグチ タカシ)

1971年大阪大学工学部応用化学科修士課程修了。工学博士(2010年、阪大)。元東レ(株)研究本部理事。元高分子研究所、ケミカル研究所、先端研究所、機能材料研究所などの各研究所所長として、多くの機能材料創出研究に参画。初期時代は、主にポリシロキサン系材料を適用した光学材料の開発に携わり、とくにプラスチックレンズの表面高硬度化技術を中心とした開発に対して高分子学会から技術賞、発明協会から全国発明特許庁長官賞を受賞した。その後はリチウムイオン二次電池、燃料電池などエネルギー関連技術・材料の開発、さらには半導体用研磨パッド、透明耐熱ポリマーなど多くの高機能ポリマー材料開発に務めてきた。対外的には(社)高分子学会関西支部理事、奈良先端大学アドバイザー委員、名古屋大学VBL委員、奈良女子大学非常勤講師などを歴任。

ツゲ ハルト

柘植 治人(ツゲ ハルト)

1973年松下電器工学院卒業。松下電器産業(株)入社後、録音機事業部、ビデオ事業部において組立設備の改造、導入・保全業務、プレス・成形・組立工程の職場責任者を経験。1992年 ビデオ事業部 中国部にて中国華録松下(大連)の設立に際して成形工程立上げを担当。1995年より、ビデオDVD源泉担当製造課長、2005年より中国華録松下電子有限公司(大連市)にて部品製造・源泉製造総括部長を担当、2011年より、パナソニック(株)AVC社生産技術センターにて開発実証総括担当参事として、試作・精密金型・レンズ金型等のものづくりに携わる。2013年より、イツワ商事㈱に社外出向。製造技術主担当・イツワ香港製造技術部長(東莞市)を務め、中国・ベトナムにて金型手配導入・部品製造~完成品組立・調整までの工程に関して協力会社での立上げや指導、各種受託製造部品の仕入れ先への技術品質改善指導を行った。以上のような国内外でのものづくり経験から現場管理、組織マネジメントのノウハウがある。

ツジ カズタカ

辻 和孝(ツジ カズタカ)

元日東電工(株)大阪支店メンブレングループ長。1972年明治大学工学部機械科卒業。日東電工(株)入社。営業分野で28年間。顧客満足とお客様から信頼されることを基本理念で営業活動し、造水、排水、プロセス用途での水処理では新規市場である分離膜(RO、UF、MF)の市場開拓、用途展開を西部メンブレングループ長及びセールスエンジニアで各業界へ活動。新規市場の市場開拓に当たっては、各業界へのマーケティング活動でお客様への提案営業とPRで顧客満足を得る実証運転をお客様の現場で数多く実施。この経験で得られた各用途に適した分離膜の運転技術、アドバイスで、お客様でのプロセスの合理化、品質の向上、コストダウン等の提案をさせて頂くことで、お客様からの信頼と幅広い人脈の繋がりを得る。造園技能士(厚生労働省)。造園施工管理技士(国土交通省)。

ツジ コウゾウ

辻 孝三(ツジ コウゾウ)

工学博士。京都大学工学部大学院博士課程修了(高分子化学専攻)。米国テネシー大学留学。元住友化学工業(株)農業科学研究所主席研究員及び(株)アグロス、理事研究部長。放射線高分子化学、高分子の光化学、水溶性高分子、親水性ゲル、農薬製剤などの研究に従事。農薬製剤では高分子の特徴を生かしてエマルション製剤、農薬マイクロカプセルなどを商品化。海外での現地製剤、FAOやCIPACの活動にも永年関与し海外との繋がりも深い。現在「製剤技研」代表として、コンサルタント業務を行っている。日本農薬学会農薬製剤・施用法研究会委員、粉体工学会製剤と粒子設計部会幹事なども務め、国内外の人脈も広い。

ツルサキ トシオ

鶴崎 俊雄(ツルサキ トシオ)

元住友スリーエム(株)電気・電子製品事業部室長。インダストリーマーケットセンターマネジャー。航空機・造船プロジェクト部マネジャー。1968年千葉工業大学工業化学科卒業。日米礦油(株)経て1970年住友スリーエム(株)入社。当初、電気・電子製品(事)では培った製品知識、アプリケーション知識を駆使し西日本地区の電気関連業界に絶縁材料、ノイズ対策製品、コネクターの販売活動を行った。その後、建材、建設機械、農業機械、造船業界に対し、各顧客に企業内展示会、製品説明会、工場探査、3M工場の製品展示室への招聘など行い3Mトータルバリューの展開を図り、新製品開発の為のヒントを掴んでいただき、また顧客の課題を抽出し、新規ビジネスの提案活動を行った。特にこのキーアカウントには Face to Face で向き合い、太い人脈が構築された。

トヨウラ ヨシアキ

豊浦 義朗(トヨウラ ヨシアキ)

1967年早稲田大学理工学部・工業経営学科を卒業、同年松下電器産業(株)に入社。生産技術研究所にて18年間はIEをベースにした工程改善や新工場レイアウト業務を担当。動作研究、標準時間設定手法ならびに見込み生産、受注生産形態における生産管理手法を習得し、松下グループの工場合理化活動の一翼を担った。その後6年間は松下専用の機構系・電気系CAD/CAMソフト開発を中心に電子部品実装スケジューリングソフトや生産進捗管理システム等の開発部門の責任者として従事。1991年から3年間、1800時間フルタイムサービスを基本コンセプトにした全社のマネジメント革新プロジェクトに参画し、主にモノづくり面からのロス徹底排除の取り組みに従事。その後7年間は、工場診断・分析・提案のプロセスに基づく事業場のモノづくり強化や全社のモノづくり方針づくりの企画推進業務を担当し、コンセプトや戦略的な思考に基づく実践的な課題解決の立案業務に従事。平成13年から1年間、FAソフト事業部門の経営責任者を経験し、広い視野に立った経営管理業務にも対応が可能である。

な行で名前が始まるナビゲーター

ナカノ ハジメ

中野 元(ナカノ ハジメ)

1976年大阪大学大学院基礎工学研究科化学工学系修了後、大阪ガス㈱に入社。主に天然ガス中心としたエネルギー分野で経験を重ねる。 この間、研究分野、開発分野、プラント関係、生産分野と川上から川下までと一通りの分野を経験。エネルギーにとどまらず、化学工学、材料、安全防災、国際関係と専門分野として幅広い知識を保有。大阪ガスエンニアリング㈱海外営業部で、シンガポール等の都市ガス関係の海外プロジェクトを主導。(財)地球産業技術研究機構(RITE)では、技術シーズを民間企業のニーズにマッチングさせる、産業連携推進の業務経験。(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構ではLPG国家岩盤備蓄基地(倉敷・波方)の建設工事、運転開始プロジェクトに貢献。米国スタンフォード大学留学、修士号取得。(1984年)米国SRI(スタンフォード研究所)で駐在研究員、(株)アドール代表取締役専務歴任。甲種ガス主任技術者、エネルギー管理士、英検準1級。

ナカムラ ツネシ

中村 恒(ナカムラ ツネシ)

1960年広島県立広島工業高等学校工業化学科卒業後、同年松下電器産業株式会社入社。1965年京都工芸繊維大学工業短期大学部化学工業科を卒業。松下電器入社後はめっき技術を応用したプリント配線板や各種チップ部品の開発、表面実装技術の開発を通してラジオ、テレビ、VTR等の多くの電子機器の小型・高密度化技術の開発、電子部品の鉛フリー化技術の開発等多くのプロジェクトに参画。1968年に金属粉末法プリント配線板の製造技術で大河内記念生産賞、1985年には電気機器の組立て技術(チップ部品の一括マウント工法の開発)で近畿地方発明賞を共同受賞。1996年にはめっき表面処理技術を専門分野とする金属部門の技術士資格を科学技術庁より取得。2001年松下電器産業(株)を定年退職。2002年に日刊工業新聞社より共著で「電子部品のめっき技術」を出版。2002年に有限会社中村表面技術研究所を設立して、めっき表面処理技術のコンサルタント活動を実施し、現在に至る。

ニシタニ ケンイチ

西谷 憲一(ニシタニ ケンイチ)

1970年静岡大学電気工学部卒業後、住友スリーエム(株)に入社。当初、磁気製品の販売を担当。主に、TV局、録音スタジ等に磁気テープなどを拡販。その後接着剤製品の販売を25年携わり、その間接着剤技術管理士を取得し、新規の販売網を構築。特に建築用品の拡販を主業務とし、新製品のニーズを市場調査から製品開発に結びつけるマーケティング型販売を得意とした。その後、反射材製品を官庁以外の一般ユーザーの拡販を行った。入社後営業一筋。

ノヤマ ヤスナリ

野山 泰成(ノヤマ ヤスナリ)

1978年大阪府立大学工業高等専門学校機械工学科卒業。機械加工に於いて旋盤・MC・フライス・WC・放電加工作業で各種材料を加工する知識、及び仕上げ組立作業の知識。各種の国家技能検定士の資格(旋盤・MC・フライス・WC・放電・仕上げ組立)を有し、これらの実践経験も豊富で他者を指導できる技術技能を有する。1984年に中西金属工業(株)に転職、金型製造技術 金型(鉄・樹脂・ゴム製品用)製造にかかわる幅広い知識を有する。「モノづくり塾」の金型講師として社員育成に努めた。NC自動PG装置の開発販売。NC工作機械の遠隔操作DNC立ち上げ。各種機械等(MC、WC、ラップマシン)の自動化運転に改造。2010年に子会社(新規事業開発室)を兼務、子会社の代表取締役としてベンチャーの起業支援、開発事業のための新規サプライヤー探索等、尽力した。新規事業開発案件としてEV自動車、自動運転、電池(鉛、LIB)、炭素繊維、表面改質(特許あり)等の最先端技術の導入と研究開発。2017年定年退職。公害防止管理者、ISO14001内部環境監査員。

は行で名前が始まるナビゲーター

ハットリ ユウスケ

服部 雄祐(ハットリ ユウスケ)

1980年富山大学工学部生産機械工学科卒業。同年、近畿車輛株式会社入社。1980年~1997年は生産技術業務に携わる。鉄道車両工場における生産性向上を目的に、新工法の開発や生産システム、生産設備の企画、計画、導入業務に従事。鉄道車両の車体および台車のほぼすべての製造工程の自動化や合理化に貢献した。特にアルミ合金や鋼、ステンレス鋼のスポット溶接やアーク溶接工程の自動化や合理化に注力した。1997年~2004年は車両工場の運営、管理業務に携わる。その後、ISO管理業務を経て、2006年~2014年は車両の技術開発業務に携わる。鉄道車両に関する素材や構造など多くの要素開発に従事した。特に注力したのは、リチウムイオンバッテリーによる車両の駆動であり、架線レス走行が可能なハイブリッド車両などを開発、試験車両を製作した。2014年~2017年は車両の増産に対応するための、新工場の計画、建築から設備導入を行い、稼働まで立ち上げた。自分自身の仕事に対する信条は「常に創造的であること」であり、在職中の「ものづくり」に関する経験を生かして本プロジェクトのお役に立ちたい。

ヒガシウラ トシユキ

東浦 利幸(ヒガシウラ トシユキ)

1960年~2000年松下電器産業(株)に勤務。1960年県立伊勢工業高校機械科卒業、大阪高等技術研修所機械設計科修了。一貫して生産設備の開発・設計、工法開発に従事。さらに自動制御回路設計・デジタル回路設計も経験し電気・電子にも精通。「工業標準化責任者有資格者」の資格を有し品質管理・品質解析にも精通。松下電子部品(株)生産技術センターにて電子部品製造用の自動機の設計(抵抗器リード線溶接、ICチップボンダー、ボビンレス巻線、DDモーター巻線一貫生産ライン、タンタルコンデンサ用溶接・組立等)。パナサートMLの開発、実装技術および実装システムのアドバイザー。この間1966年宮崎松下電器(株)に技術指導で出向。1985年松下電子部品(株)コンデンサ(事)工法開発課長、タンタルコンデンサ-高密度製造方法の開発で今日の大量生産方式に寄与した。タングステン、タンタル、モリブデン、ニッケル、ステンレス等の難溶接材の自動溶接工法の開発。富士写真フィルム(株)「写るんですフラッシュ」のフラッシュ部プロトタイプの設計、ダスキン(株)「ペーパータオルディスペンサー」の設計等の商品開発。1992年松下電器産業(株)オーディオ・ビデオ本部機械設計課長、ビデオ、MD、CD、DVDの光ピック関連の要素工法等多くの自動機の開発を手懸けた。

フクオカ タダオ

福岡 忠雄(フクオカ タダオ)

1967年大阪大学経済学部卒業。富士銀行入行後上六支店長・大阪公務部長・梅田支店長・東京事務センター長他、元モリタエコノス専務取締役及びモリタ常務取締役、ジェイ・エス・ビー専務取締役、リビングネットワーク社長他。 富士銀行では大企業、中小企業、非営利法人、官公庁など多くの業種を経験、また東京の中心エリアと関西エリアの支店統括により多くの企業を知り、さらに支店長キャリアによって多くの中小企業の支援・育成、特に販路開拓やマーケティングに大きな関心を持って取組み実績を挙げた。 モリタグループでは製造・販売業を勉強し、新規事業に取組んだ経験を中小企業の新規事業の支援において活かします。特に販路開拓やマーケティングの支援に取組みたいと思います。さらにJ・S・Bグループでも新規事業の立ち上げ、建設業・不動産賃貸業に関わる業務についてご支援できるものと思います。 これまでの多くの企業との関わりとその人脈、富士銀行ネットワークや財務担当経験からの銀行人脈、富士銀行出向者の受入企業ルートなど多くの企業ルート及び人脈を通じてお役に立ちたいと思います。

フクガワ サトル

福川 悟(フクガワ サトル)

1970年 国立呉工業高等専門学校 電気工学科卒業。1970年立石電機(現オムロン)(株)入社。駅務機器事業部に配属後、自動券売機、自動精算機、自動改札機等の商品開発を行い、特許・実用新案を多数取得。1982年よりOA及び通信関連の新規事業に携わり、米国への多数回の渡航を通じて連携企業(ROLM社、DG社、IBM社等)からの技術導入を果たす。1985年に自社商品としてOA商品企画を行いパソコンモデム等のOAコンポ商品の事業化に貢献。2001年には本社IT統括部門においてグループ会社を含む全社ITインフラ企画を行いグローバルネットワークの企画やITセキュリティ施策を担当した。

フクダ コウジ

福田 耕治(フクダ コウジ)

1971年早稲田大学理工学部電気通信学科卒業。1971年~2008年松下電器産業㈱、パナソニック㈱にて電子部品生産設備、表面実装設備の企画、開発、製造業務に従事。松下電子部品㈱生産技術センターでは企画部門で機械工場合理化推進、開発部門で巻線機・ダイスボンダー・各種検査機器等の計測・制御・ソフトウエアー設計を担当後、部品製造課長として生産設備用機械部品を製造・供給。1996年からはFA(ファクトリーオートメーション)事業部門に異動し、電子部品実装機の製造部門責任者、営業部門責任者として事業拡大に貢献。この間、FA部門の統合、工場展開、増産対応、ものづくりの改革などを推進。2005年からは環境部門責任者としてISO対応、法務問題(科学物質)対応、工場の環境改善等を推進。今後は各種の業務経験と幅広い知識を生かしてナビゲータ活動を推進したい。

フナモト カズオ

船本 和男(フナモト カズオ)

1980年京都大学工学部情報工学科を卒業、同年旧松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)に入社。量産品単品での事業の成長性に限界がある中、システムと整合性が高い新規商品開発を促進し、ソリューション事業を成長事業とする経営課題に一貫して対応。技術部門では、映像系端末とネットワーク、センターコンピュータシステムを含むトータルシステムの開発に従事し、その後事業部門に移り、全国展開を主体的に推進。具体的には、都市型ケーブルテレビシステムや衛星映像配信システムのなどの企画・提案・開発・導入を実施。担当部長としてプロジェクトマネージャーの経験・実績を積み、松下ソリューション部門システム開発部の部長を担当。その後、技術部門/事業部門のプロマネ/ソフト専門スタッフとしてシステムや機器組込みソフト開発の技術・品質行政を実施した。これらの経験を踏まえ、量産品のシステム化やソリューション対応を実施する上で、総合システムの観点から対策や部門間連携の促進をアドバイス可能。また品質やプロマネの行政コンサルも可能。

ホンザワ ユキオ

本沢 幸夫(ホンザワ ユキオ)

現:日新総合建材㈱取締役市川工場長。1970年工学院大学機械工学科卒業。同年月星工業㈱(現:日新総合建材㈱)入社。入社1年間は、現場実習(冷間ロール成形加工現場)を経験する。2年目は、1年間東京工業大学渡邊研究室に派遣され冷間ロール成形の「ロール設計技術」を習得する。以降主に冷間ロール成形製品を主体とした品質管理・工程管理・生産製造技術・設備導入業務に従事する。市川・大阪両工場にてJIS G 3350(一般構造用軽量形鋼)取得に際し主導的立場で計画を推進する。大阪工場勤務時には、管理責任者として全社で初めてISO9001を認証取得、その後ISO 14001の認証取得に従事する。同工場勤務時、プレノッチ成形ライン導入に際しては見積仕様書作成から発注・据付工事を経験する。その他種々雑多な新商品の立上や各種省力設備の導入に従事。工場勤務に始まり、工場勤務で終えたサラリーマン人生、現場感覚で溶接加工を含む様々な塑性加工品の立上を経験しており、モノづくり課題に対し経験をもとにした支援やアドバイスを行える。

ホンジョウ シュウイチ

本荘 秀一(ホンジョウ シュウイチ)

1975年立命館大学理工学部化学科卒業。同年第一工業製薬(株)入社。当事の通産省サンシャイン計画の石炭油混合燃料の開発に携わり、安定剤の開発に成功し、1986年近畿化学協会の化学技術賞を授与した。その後、界面活性剤技術、特に乳化、分散、増粘、凝集等の技術を用いて、エネルギー、建築土木、水処理、染料、ゴム分野等の研究開発に従事する。2000年から界面活性剤の営業に移籍、2004年からは繊維、食品、香粧品、紙パルプ、農薬、医薬等のアメニティー事業部で執行役員事業部長に就任する。2010年から取締役として(水系)ウレタン、難燃剤、土木薬剤等を扱う樹脂材料事業部長、2011年からUVモノマー、導電ペースト、光ファイバーコネクト材料、電池材料等を扱う電子材料事業部長を歴任し、幅広い産業分野との繋がりを持つ。2013年第一工業製薬の関連会社である四日市合成(株)の社長に就任した。ここは化学製品中間体メーカーで、合成を得意とする。また、長年のTPM(トータルプロダクティブメンテナンス)活動を通じて事故のない安全安心な企業、クレームのない優れた品質保証をする企業を築き上げた。2017年3月末退社。

ま行で名前が始まるナビゲーター

マツモト ヒロシ

松本 宏(マツモト ヒロシ)

元(株)中山製鋼所 商品開発部アモルファス薄板開発室長。1975年鹿児島大学工学部電気工学科卒業、同年(株)中山製鋼所に入社。新設連続鋳造設備電気保守担当を皮切りに製鉄所における電気計装設備及び省力・自動化システム(転炉プロセスコンピュータ、鉄鋼製品・半製品の置場管理、構内原料輸送管理等)の開発導入業務を担当した。また鉄鋼製品の新用途開発(カラーC形鋼、鋼製漁礁等)及び外販用製鉄マテハン設備設計現調業務にも従事し、平成20年からは従来の結晶金属と比べ同一組成でも異なる特性を有するアモルファス金属の商品化開発に従事、同社退職後も中山興産(株)を経て(株)中山製鋼所から分社化された(株)中山アモルファスにおいて平成29年3月までアモルファス開発業務を担当した。省力・自動化システムの企画からシステム設計、施工管理、運用定着までを数例実施し、鉄鋼製品の新用途開発も行った。アモルファス金属開発においてはアモルファス薄板量産化技術開発に対しNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の事業に採択され、また(株)中山アモルファス設立時のメンバーとして従事した。

マノ ヨウジロウ

間野 洋治郎(マノ ヨウジロウ)

1968年大阪大学基礎工学部電気修士卒業。元松下電器産業(株)半導体開発本部マイコン開発センター所長。68年松下電器産業(株)入社。技術本部において、主として技術分野のソフト開発、CADシステムの開発に従事。その後半導体分野に移り、各種シミュレータの開発、半導体CADシステムの開発、32ビットマイクロプロセッサの開発、各種デジタル家電用システムLSIの開発を担当。また、米国企業との共同開発のため約3年間米国駐在。その間、超LSIデバイス(研)、マイコン開発センター、移動体通信コア開発センターの各所長を歴任。2001年末定年退職。その後半導体設計会社の技術顧問として若手技術者の育成に参画。

ミズノ シオジ

水野 潮路(ミズノ シオジ)

元大日本インキ化学工業(株)機能材料事業部、事業部長。横浜国立大学工学部卒業後、同大学院修士課程応用化学専攻終了。 大日本インキ化学工業(株)入社後、関西樹脂技術研究所にて一貫して各種エンジニアリング・プラスチックスの開発研究に従事。機能性材料関連の技術本部長として企画、開発に活躍。PBT樹脂の上市でエンプラ分野への参入の足がかりを掴む。(米)フィリップス石油との提携によりPPS事業へ参入後、自社技術でPPSポリマーの製造工場を完工し基盤を確立した。更に、大阪瓦斯(株)との共同研究によりピッチ系炭素繊維の生産に成功。機能材料事業部長就任後、東燃化学(株)からの事業買収を加え、PPS事業を名実ともに日本一の規模に育て上げた。更に、(米)デュポンとのLCP樹脂の提携に成功しエンプラ事業の基盤を確実なものとした。又、関連子会社の社長、取締役を歴任し経営改革により業績向上に貢献した。

ミナベ ヒトシ

三鍋 哲(ミナベ ヒトシ)

1974年岡山大学工学部機械工学科卒業。1974年松下電器産業株式会社に入社。無線研究所およびAVC社研究所において、主にVTR(ビデオテープレコーダー)やムービー(カメラ一体型VTR)を、また光ディスクドライブシステムなども含め、一貫してAV(オーディオ・ビデオ)商品の機構研究開発に従事。研究部門のメカニズム開発責任者として、事業部開発部門や製造部門と一体となって商品化を推進。開発プロセスでは、3次元CAD設計技術や解析技術などIT技術の導入・活用を積極的に進め、商品の小型化・軽量化・高精度化・省部品化・低コスト化を進化させた。特にVTR開発では黎明期から熟成期・衰退期にいたるまでの主要メカニズムの開発を担当し、ビデオ事業拡大に貢献した。2002年からは環境業務にも携わり、主に製品に含まれる有害化学物質の規制法遵守を推進・指導した。

ミヤケ ケイシ

三宅 啓史(ミヤケ ケイシ)

1971年岡山県立笠岡工業高等学校電気科卒業。1971年パナソニック(旧松下電器産業)に入社。電子部品の設計開発や品質管理部門の責任者として従事。電子部品の設計開発ではLCRなどの受動部品の製品開発を中心に電子部品材料の製品開発にも携わる。特に塗料や耐熱テープなどの高分子材料・セラミック材料やめっきリード線には詳しい。品質管理部門では海外工場を含めた製造現場力強化に対し各種品質手法を用いた品質マネージメントを実施し品質向上やコスト低減活動に貢献。また、品質監査部門では製造・設計部門に対し品質監査活動を実施。QCサークル活動の地区幹事(日科技連QCC本部主催)や品質教育講師の実績もある。

ミヤザキ モリヒロ

宮崎 守弘(ミヤザキ モリヒロ)

1977年静岡大学大学院工学研究科電気工学専攻卒業。元松下電器産業(株)IPRオペレーションカンパニー企画グループ情報チーム参事。松下電器産業(株)入社後、無線研究所、映像音響研究センターなど本社技術部門にて、映像音響機器の開発、研究所内電気系CAD・LSI設計CAE環境構築、研究所内技術系コンピュータネットワーク環境及び事務系コンピュータ環境構築を担当。1996年から本社 知財部門にて、松下グループ全社を対象にした知財管理システムと特許検索システムを主としたシステム企画・導入推進・運用を担当。2006年から(株)発明通信社にて、特許検索システムHYPAT運営、対外契約・情報セキュリティ対策・ISO9001認証取得の法務企画を担当。機器開発および企業内技術系情報システムを中心に企業成長のためのインフラ仕組みづくりを行ってきた。

ムラマツ テツロウ

村松 哲郎(ムラマツ テツロウ)

1977年3月阪大基礎工物理系修士。同年4月シャープ(株)入社。薄膜磁性材料・素子の研究開発歴18年。工学博士。技術企画室、生産技術研究所、モバイル液晶事業化プロジェクト、同事業統轄、ディスプレー技術開発本部、電子デバイス営業本部、ソーラーシステム事業本部、同開発本部、環境安全本部を歴担当。2012年11月同社退職。事業経営、顧客開拓、デザインイン、開発、生産、環境経営・品質管理、販売、顧客サポート、欧州デバイス営業の実務経験を活かし、大阪市在中小企業発のビジネス創造・発展に貢献したい。

モロオカ シンイチ

諸岡 信一(モロオカ シンイチ)

シャープ株式会社 総合デザイン本部 開発室長、戦略推進室長 家電商品デザイン、先行デザイン開発日本流行色協会委員、その後、ファッションアドバイザーとして同協会に関わり、異業種のネットワークを持っている。また、デザイン表現素材開発にも積極的に関わり、総合デザインセンターで毎月定例の外観素材研究会を開催、企業の大小に関わらず、新しいデザイン素材の開発に繋がる施策を実行。定年後は長瀬産業色材事業部のコンサルタント(2010〜2015)京都芸術大学非常勤講師(2011~2012)加飾技術セミナー講師等。デザイン顧問として工作機械のデザインとコンサルタントを行っている。CMF(色、素材、仕上)デザイン開発に関っており、デザインで新しい価値を創造するという視点で、CMFデザイン活動を行い、開発手法の開発にも力を入れて行くが、それらを生産手段に落とし込む過程で、必ずマッチングのニーズが生まれると確信、今後の業務に生かして行きたいと思っている。

や行で名前が始まるナビゲーター

ヤマグチ ヒロアキ

山口 博明(ヤマグチ ヒロアキ)

元住友スリーエム(株) 広島県立呉工業高等学校電気科卒業。日新製鋼(株)呉製鉄所、広島リコーサービス(株)を経て1973年に住友スリーエム(株)に入社。グラフィック製品、磁気製品、自動車補修製品、キュノ製品などの技術サービスや営業に従事し、顧客管理とBtoC・BtoBビジネスを実践。市場分析、販売プランの立案と特約店の育成や教育など顧客満足と販売目標の達成にチャレンジした。またマーケットセンターでは顧客エクゼクティブに対してコミュニケーションを強化、潜在した課題を顕在化させる活動を行い、新規ビジネスの立ち上げとコラボレーションを実施。製造部門には工程改善、コスト削減などMRO(工程副資材)の見直し活動を行い業績に貢献した。人生訓は「一期一会」。

ヤマダ ヒデトシ

山田 英俊(ヤマダ ヒデトシ)

1974年同志社大学工学部機械工学科を卒業後、大阪ガス(株)に入社。本社・支社で導管計画の策定、設計及び施工、また、消費機器にかかる保安施策の立案、推進など営業技術部門で企画立案・顧客折衝業務等に携わる。商品開発部門ではガス大手三社及びメーカと共同で「マイコンメータ」の開発・導入で、開発コンセプト作りから要素技術開発、並びに全顧客への普及のための導入教育までの一連業務に携わる。1994年関係会社への移籍後は地域冷暖房事業所所長として事業運営。また、一般社団法人日本熱供給事業協会技術委員会委員長として日本全国の熱供給事業者の抱える技術的課題解決のために、技術シンポジウム、技術情報交換会の開催、ワーキンググループによる技術資料作成などを実施。第三種電気主任技術者、甲種ガス主任技術者、エネルギー管理士、公害防止管理者(大気・騒音)、一般計量士、その他。

ヤマモト ヨシタカ

山元 良高(ヤマモト ヨシタカ)

1979年、大阪府立大学工学研究科応用化学専攻修了。同年シャープ株式会社入社。バイポーラLSIのプロセス技術、生産技術の開発・事業化に従事。その後、本社経営企画室勤務を経て液晶研究所に移り、液晶ディスプレイの多結晶薄膜トランジスタ(CGシリコン)技術の開発・事業化を担当。1998年から(社)日本電子機械工業会(現;(社)電子情報技術産業協会;JEITA)において液晶産業戦略の策定・提案を行い、2001年、横浜・戸塚に次世代TFTの研究開発を行う液晶先端技術開発センター(ALTEDEC)を設立、研究開発を担当した。2004年から、シャープ株式会社で新規液晶ディスプレイのプロセス技術、高性能結晶系太陽電池の研究開発等を担当。また、2013年から2015年まで、株式会社半導体エネルギー研究所において、新半導体材料(IGZO)を用いたLSIの研究開発を担当。これまでに110件を超える特許を出願した。2010~2014年三重大学、2017年~龍谷大学非常勤講師を兼務。乙種機械高圧ガス製造保安責任者。これまでの技術開発、特許化、事業化に関する業務に携わってきた経験を生かし、中小企業の皆様のニーズを把握しながら事業の発展に貢献したいと考えている。

ヨコタ ヨシツグ

横田 嘉嗣(ヨコタ ヨシツグ)

1970年大阪大学基礎工学部化学工学科修士課程修了。同年東レ㈱に入社。新規事業の医薬・医療用具関係の研究・技術開発・生産・品質保証を担当。部長、工場長、生産担当役員(理事)まで従事。次に医薬・医療製品の販売子会社である東レ・メディカル㈱で監査役を担当。その間に得られた医薬・医療用具関係の知識・情報を持ち合わせている。公害防止管理者(水質1種、大気1種)、危険物取扱者(甲種)、高圧ガス製造保安責任者(化学乙種)等。

ヨネダ ミツル

米田 満(ヨネダ ミツル)

1964年松下電器工学院卒業。松下電器産業(株)入社後、生産技術、製造管理などを経て、1975年スペイン松下電器、掃除機生産責任者出向を皮切りに、通算30年間、松下掃除機の海外事業に従事してきた。台湾、ペルー、マレーシア、イラン、などでの松下掃除機海外工場の計画、建設、立ち上げを行い、海外向け掃除機の商品企画、開発、量産化、営業なども実践した。1997年アメリカ松下電化機器(株)掃除機担当副社長として出向、2001年からアメリカ松下電化機器社社長(副理事)を務め、2002年に設立したメキシコ松下電化機器(株)社長も兼務して北米松下掃除機事業を推進。2005年4月帰任後掃除機海外担当理事として経営改革、モノ作り改革を行い、2005年11月定年退職。現在、海外事業を通じて得た知識、経験を基にして、企業・団体にて異文化環境でのモノ作りをテーマに海外要員の指導、育成にも従事している。

わ行で名前が始まるナビゲーター

ワタナベ マサル

渡辺 勝(ワタナベ マサル)

1983年神戸大学工学部機械工学科卒業。富士写真フイルム(株)の設備設計部門を経て、1987年松下電器産業(株)入社。磁気記録テープのプロセス開発において、塗布技術を中心に塗料分散やカレンダー、スリット技術の開発とクリーンルーム管理に従事した。そのコアとなる塗布技術をセラミックチップコンデンサーの製造工程へ展開した。1990年代にはニッケル水素電池やリチウムイオン電池におけるスラリーの混練、塗布や充填、プレス等のプロセス開発に従事した。また電子部品関係や照明ランプ向けの塗料製造および塗布技術の開発も推進した。1996年からプロセスおよび設備開発、金型成形技術のマネージャーとして開発部署の運営やプロジェクトを推進。リチウムイオン電池などプロセス特許を数多く出願し、近畿地方発明表彰において発明奨励賞を受賞した。シミュレーション等の数値計算と、現場で活かせるノウハウの蓄積と応用展開を両輪として、プロセスや設備の開発を推進してきた。

大阪産業創造館 ビジネスチャンス倍増プロジェクト事務局

06-6264-9813
受付時間:平日10:00~17:30(祝日除く)