【技術力向上セミナー】製品含有化学物質の管理 RoHS・REACH、そして情報伝達の必要性を学ぶ|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[29426]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【技術力向上セミナー】
製品含有化学物質の管理 RoHS・REACH、そして情報伝達の必要性を学ぶ

No.29426

  • Facebookでシェア

対象 ・中小製造業・経営者及び経営幹部・開発担当者
・化学物質の情報伝達を担う開発・品質管理担当の方
開催日時 2020年2月4日(火) 14:00-16:30
開催場所 大阪産業創造館6F 会議室E ※受付開始は、開始時間の30分前です。
定員 30名
 満席になり次第、締め切ります
講師 佐竹 一基 氏
一般社団法人産業環境管理協会
化学物質総合管理部門 技術顧問

早川 雅人 氏
一般財団法人 化学研究評価機構 (JCII)
高分子試験・評価センター大阪事業所 
衛生・化学物質安全試験課長
申込締切日 受付締切:前日まで
料金 2,000円/名 
 消費税込み
 ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。
お支払方法 ※ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません。お連れ様は別途ユーザー登録と申込が必要です。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

概要

規制違反はビジネスリスクそのもの
全品回収を未然に防ぐための知識を学ぶ


化学物質の規制は世界で増加し続けています。
広く知られているREACH・RoHSに加え、中国RoHSやUAERoHSなど
製品を輸出する場合は輸出先の規制を確認することが大原則です。

しかし、一方でその規制内容は非常に分かりにくく
すぐには全体像もつかめません。

製品が流通していく上で必要な「製品含有化学物質管理」とはなにか、
管理するとはどういうことか

経営者や担当者が知っておかなければならないポイントを、基礎知識から考え方に至るまでわかりやすく解説します。


※RoHS指令
RoHS(ローズ)とは、Restriction of Hazardous Substancesの頭文字をとったもので、日本語では、有害物質使用制限指令と呼ばれます。
電気・電子機器などの特定有害物資の使用制限に関するEUの法律で、

2003年2月に最初の指令(通称RoHS1)が制定され2006年7月に施行。

2011年7月に改正指令(通称RoHS2)が施行されています。

2019年7月より改正RoHS指令に伴い、禁止物質が6種から10種に増加しました。

※REACH規則
Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicalsの頭文字をとってREACH(リーチ)規則と呼ばれます。
化学物質の登録・評価・認可・制限に関するEUの法令で、人々の健康や環境保護、

欧州の科学産業競争力の維持向上を目的にしています。2006年12月18日に欧州理事会で採択され、

2007年6月1日に発効となっています。

※chemSHERPA (ケムシェルパ)
サプライチェーンにおける、新たな製品含有化学物質情報の伝達スキームです。
企業間での正確な情報伝達を推進する取り組みです。


今回のセミナーでは概要を簡単に解説します。


参考:https://chemsherpa.net/

ページの先頭へ戻る

内容

1. 化学物質リスクとその対応
2. 製品含有化学物質に関する規制
3. 製品含有化学物質の管理と運用
4. 情報伝達とその対応


―化学物質の分析事例―
1.RoHS指令
  重金属分析の事例
  フタル酸分析の事例
2.アゾ染料の事例

※講義終了後に個別の質疑応答時間があります。
※時間の都合上すべてのご質問にお答えできない場合があります。

ページの先頭へ戻る

講師 プロフィール

佐竹 一基 氏
一般社団法人産業環境管理協会 
国際化学物質管理支援センター 技術顧問

ホームページは こちら 

【略歴】
ソニー株式会社 社会環境部にて製品化学物質管理(グリーン調達)に従事。
2006年以降、環境推進部において環境関係全般にわたる実務責任者となる。
2013年より現職
(外部委員などの経験)
・グリーン調達調査共通化協議会(JGPSSI)副議長
・ 電機・電子四団体環境戦略連絡会 PFOS ad hoc 主査
・使用済小型家電からのレアメタルの回収及び適正処理に関する研究会委員 他


早川 雅人 氏
一般財団法人 化学研究評価機構 (JCII) 
高分子試験・評価センター大阪事業所 
衛生・化学物質安全試験課長

ホームページは こちら 

【略歴】
薬剤師。1997年にJCIIの前身である財団法人高分子素材センターに入社。
当該団体は1949年に財団法人セルロイド検査協会として発足し、
現在JCIIの試験・分析部門である高分子試験・評価センターとして、高分子材料の試験・分析や化学物質の試験、
そして製品の安全性試験や性能試験も行っている。

ページの先頭へ戻る

お申込みについて

・超過のお申込につきましては、ご入場いただけないことがございますので、あらかじめご了承ください。
・お申込みはお一人様につき一件のみ承っています。2名で参加される場合は別途ユーザー登録の上、お申込みをお願いいたします。
・諸般の事情により、このセミナー(プログラム、イベントなど)をやむを得ず変更または中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

大阪産業創造館の周辺地図



Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●ほかのお客様にご迷惑となりますので、開始時刻に間に合うように、ご入場をお願いいたします。

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。

    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。