中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[35382]

受付期間は2021年10月25日~2021年12月13日です。
※詳しい申込方法は下記をご覧ください。

【トークライブ!】<ライブ配信>
これからの時代に必要とされる『いい会社』とは?

No.35382

このページはイベント案内ページです。お申込ページではございません。

本セミナーは、どこでもサンソウカンセミナー『ビジスクonline+』にてお申込を受け付けております。
お申込みについてはこのページの「お申込みと視聴の流れ」をご覧ください。


★当イベントは、会場とライブ配信でお届けします。会場開催の詳細・申込はこちらからご確認ください。★
  • Facebookでシェア

関連するその他のセミナー・イベントはこちら

対象 中小企業経営者・経営幹部
開催日時 2021年12月13日(月) 14:00-16:00
開催日時補足 申込締切:2021年12月13日(月) 10:00まで
開催場所 オンライン開催(Cisco Webexを使用予定です。)
講師 新井 和宏 氏
株式会社eumo 代表取締役

山﨑 大祐 氏
株式会社マザーハウス 代表取締役副社長
料金 2,000円/名 
 消費税込み
 ★ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません
 ★お連れ様は別途ユーザー登録と申込が必要です
★視聴にかかる通信費用はお客様にてご負担ください。
お支払方法 ※お支払い方法は『ビジスクonline+』の申込画面をご確認ください。※同ページでのユーザー登録が別途必要です。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分
社内外で共感を生む、新しい会社のつくりかたを考えよう!

資本主義のサスティナビリティと頻発する社会課題に対する危機感が高まる昨今。
SDGsに対する社会的責任が問われるなど、企業の役割も変化を見せています。

そのような中で改めて注目されているのが、“いい会社とは何か?”ということ。
今回のトークライブでは、今の時代に必要とされる“いい会社”について、みなさまと考えていきます。

今回のゲストスピーカーは、独自の社会的な視点から“いい会社”に投資をする鎌倉投信株式会社を創業し、現在は共感をベースにした資本主義である「共感資本社会」の実現をめざす株式会社eumoの代表取締役を務める新井和宏氏。

「プロフェッショナル仕事の流儀」等、各メディアで発信されている新しいビジネスのあり方に対してのメッセージも反響を生み続けています。

自らも経営者である視点で、数々の経営者と対談し、その良さを引き出してきた株式会社マザーハウス代表取締役副社長の山﨑大祐氏が聴き手となり、新井氏の「熱い情熱と冷静な思考」に迫ります。

“いい会社”とは何か、ということを問い続けてきた2人だからこそできる対談をお聴き逃しなく!

コーディネーター・山﨑大祐 氏が語る「ココが聴きどころ!」

金融のプロとして、ビジネスのプロとして、いま評価できる“いい会社”とは?
新井和宏さんは資産を預かる金融のプロとして、多くの会社を訪問・評価し、いい会社とは何か、ということを問い続けてきました。なるほど、いい会社ということにも多くの考え方があるのか、ということに気づかせてくれるはずです。

★“いい会社”にある“いい人”とは。今のビジネスリーダーに必要なこととは?

“いい会社”をつくり、支えているのは、どんな時代も“いい人”です。今の時代に必要な“いい人”ビジネスリーダーになるために必要なことに、経営者同士の対談だからこそ迫っていきます。

★「熱い情熱と冷静な思考」な人だからこその言葉を受け取ってほしい
新井和宏さんのお話はビジネスの領域を超えて、明日の経済社会を生きるための哲学や思想を持った言葉が沢山出てきます。ぜひ、皆さんの心に響く言葉をこのセッションで持って帰っていただきたいです。

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール(ゲスト)



新井 和宏(あらい かずひろ)氏
株式会社eumo 代表取締役


1968年生まれ。東京理科大学卒。1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。公的年金などを中心に、多岐にわたる運用業務に従事。2007〜2008年、大病とリーマン・ショックをきっかけに、それまで信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになる。2008年11月、鎌倉投信株式会社を元同僚と創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い2101」の運用責任者として活躍した。鎌倉投信退職後の2018年9月、株式会社eumo(ユーモ)を設立。
現在は他に、ソーシャルベンチャー活動支援者会議(SVC)会長、かんしんビジネスクラブ アドバイザー、サスティナブルストーリー取締役、一般社団法人EMS 理事、一般社団法人Sustainable Co-Innovation Forum (SCIフォーラム)理事、ホワイト企業大賞 企画委員など多数。

ページの先頭へ戻る

講師プロフィール(コーディネータ-)

山﨑 大祐(やまざき だいすけ)氏
株式会社マザーハウス 代表取締役副社長

1980年東京生まれ。慶應義塾大学在学中にベトナムでストリートチルドレンのドキュメンタリーを撮影したことをきっかけに、途上国の貧困・開発問題に興味を持ち始める。卒業後、ゴールドマン・サックス証券にエコノミストとして入社。その後、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念としたマザーハウスの経営への参画を決意し、07年に創業メンバーとして入社。19年から代表取締役副社長に。現在、マザーハウスは6カ国でバッグ・ジュエリー・アパレル等を生産、5カ国で40店舗を超える店を運営し、700人規模の会社となっている。
他にも(株)Que社外取締役、日本ブラインドサッカー協会外部理事を務める。

ページの先頭へ戻る

申込方法と視聴の流れ

このページは、本セミナーのライブ配信による受講の申込についてご案内するページです。
本ページの内容をご確認・ご了承の上、ビジスクonline+よりお申込みください。

ページの先頭へ戻る

1.「ビジスクonline+」よりお申込手続きをお進めください。
※「ビジスクonline+」は大阪産業創造館が運営していますが、システムの都合上、別途ユーザー登録が必要となります。
※ご登録情報に基づき、セミナー開催後に当財団のユーザー登録や受講登録を行います。
※お申込後は、お客様都合によるキャンセル・ご返金は致しかねます。必ずご予定を確定いただいた段階でお申込をお願いいたします。

2.申込手続きが完了しましたら、「ビジスクonline+」のマイコースページより視聴に必要なURL等の情報を確認いただけます。
※実際のWebex視聴ページへログインいただけるのは、開催当日の13:30からとなります。

3.開催当日に下記のいずれかの方法でWebex視聴ページにアクセスしてご参加ください。
(1)「ビジスクonline+」のマイコースよりアクセス
(2)申込手続き完了後に送信されるメールよりアクセス
(3)開催当日に送信されるリマインドメールよりアクセス

4.視聴ページ(Webex)移行後の手順は、ご利用環境によりそれぞれのページをご参照ください。
≪パソコンでアプリケーションをダウンロードして参加≫ 

≪パソコンからブラウザを使用して参加≫

≪スマートフォン・タブレットでアプリケーションをダウンロードして参加≫

※視聴ページにて登録いただく情報は、主催者の視聴管理に使用し、Cisco社のユーザー登録や他の受講者に共有されるものではありません。

お申込・ご視聴にあたってのお願いとご注意

・お申込の前にCisco社ページにて視聴テストを行い、お客様の環境で正常に視聴ができるかご確認をお願いいたします。
・Cisco社から発表されているシステム最少要件は下記ページでご確認ください。
≪パソコンで視聴される方≫
≪モバイルアプリで利用される方≫
・お申込にあたり『動画コンテンツ利用規約』等を必ずご確認いただき、ご了承の上、お手続きください。なお、お申込手続きが完了した時点で、規約に同意いただいたものといたします。

ページの先頭へ戻る

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

関連サービス(イベント・セミナー・商談会など)