中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[34991]

このイベントは終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【大阪市立大学「オープンラボラトリー」】
<ライブ配信>自然と社会と都市生態系 ―メカニズム探求に向けて―

No.34991

  • Facebookでシェア

開催日時 2021年10月4日(月) 13:30-17:00
開催場所 オンライン開催 ※Cisco Webex Eventsを使用します。※申込された方に、配信前までに視聴URL等をお送りいたします。
申込締切日 2021年10月1日(金) 13:00
料金 無料 
 ★ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません
※データ通信にかかる費用は参加される方の自己負担となります。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

もしくは
大阪市立大学URAセンター
〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138
TEL: 06-6605-3550 FAX: 06-6605-2058
E-MAIL: sangaku@ado.osaka-cu.ac.jp
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/research
主催:大阪市立大学大学院工学研究科/大阪市立大学URAセンター/大阪産業創造館(公益財団法人大阪産業局)

申込と参加方法

本ライブ配信セミナーは「Cisco Webex Events」を使用して行います。
視聴可能なPCもしくはスマートフォンとネットワーク環境が必要です。


ライブ配信視聴をご希望の方は、当ページよりお申込みいただけます。
受講用URLは、配信日までにユーザー登録されているメールアドレス宛にご案内致します。



※ご利用条件・免責事項をお読みいただき、ご了承いただけましたらお申込みにお進みください。

ページの先頭へ戻る

=============
オンライン受講に当たって
=============

視聴方法手順の詳細は下記URLよりご確認ください。
https://www.sansokan.jp/eveoubo/temporary/20220331_webexevents_manual2020.pdf

ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
初めての方はこちらにて、インターネット接続のテストをお願い致します。

・参加者の皆さまはビデオ、音声をミュート設定とし、登壇者のみが表示されている状態で進行いたします。
・質疑応答 : Webexのチャット機能を活用しての対応を予定しています。
・講演資料 : 受講アンケートにご回答頂いた方にのみに、ご提供を予定しています。

※事前にお申込みのない方は、ご視聴できません。


■Cisco社から発表されているシステム最少要件は下記ページでご確認ください。
≪パソコンで視聴される方はこちら≫
≪モバイルアプリで利用される方はこちら≫

オープンラボラトリーとは?

産学官連携をめざす“出前”研究室
大阪市立大学大学院工学研究科は、産業界、社会との活発な交流を通して、大学における基礎研究のさらなる発展を期するとともに、有機的な「産」・「学」・「官」のパートナーシップを築き、萌芽的、挑戦的な応用研究の開拓によって、大阪市を中心とする地域に密着した新しい産業の創生と育成、都市大阪の再生に積極的な役割を果たすことをめざして、「都市・環境」、「新エネルギー」、「ナノ領域マテリアル・バイオ」、「IT活用」などの重点研究部門についての最新の研究成果、これまで培ってきた基礎研究の成果を、“出前”研究室という形で広く社会に発信します。

ページの先頭へ戻る

今回のテーマ

メインテーマ
『都市科学教育研究センター(CUES)がめざすSDGsの科学』


SDGs型都市の実現に向け、都市における人間活動と自然・社会・経済の変容の関係性を予測・評価する都市科学教育研究センター(CUES)を2019年4月に立ち上げています。
第87、88回では、CUESのビジョン・研究構想と、これまでの研究の取り組みについてご紹介します。


第87回テーマ

「自然と社会と都市生態系―メカニズム探求に向けて―」

第87 回では、CUESが掲げる「SDGsに資する社会生態系モデルの共創」について、その研究・教育構想を紹介します。また、気候変動が将来気象、社会生態系(都市生態系)に与える影響について概観します。さらに、社会生態系の構成要素である「脱炭素化と再生可能エネルギー、静脈系インフラ」に焦点をあて、地域自立性の高いエネルギー消費システム、水循環システムと廃棄物システムの協働による創エネルギー効果に関する研究進捗についてご紹介します。

ページの先頭へ戻る

プログラム

■13:30〜13:35
 開会挨拶・本日のテーマについて
 産学官連携推進委員会委員長  大島昭彦


■13:35〜14:15
『都市科学教育研究センター(CUES)の全体構想』
都市科学教育研究センター長  相馬明郎


SDGsを達成には、都市における人間活動と、自然・社会・ 経済の変容の関係性を明らかにすること、持続可能な都市の評価手法・評価指標を定めること、そしてこれら知見に基づいて、都市を計画開発し、運営することが望まれます。都市科学教育研究センター(CUES)では、都市を「物・人・カネ・情報」の絡み合う”社会生態システム”として捉え、そのしくみの解明と予測・評価に資するコミュニケーションプラットホームを構築し、SDGsに根ざした未来社会の姿を描くことに挑戦しています。ここではその全体構想とアプローチについて紹介します。


■14:15〜14:20  質疑・討論  大島昭彦


■14:20〜15:00
『気候変動と社会生態系』
都市系専攻 教授  重松孝昌


地球温暖化に伴う気候変動は、私たちの生活に深刻な影響を及ぼします。IPCCでは、世界中の研究者による観測・計算結果に基づいて、気候変動の現状を定量的に把握し、将来気候の予測を行っています。これらの知見を、日本で観測された結果とあわせて紹介するとともに、将来気候を眺望し、都市生態系の将来像を描くひとつの糧としたいと思います。

■15:00〜15:05  質疑・討論  大島昭彦

ページの先頭へ戻る

■15:05〜15:20 休憩(15分間)

■15:20〜16:00
『脱炭素化都市へ向けたエネルギー系のアプローチ』
都市系専攻 教授 西岡真稔


2030年目標に向けて短期間に脱炭素化を進めるために、太陽光発電に代表される変動性再生可能エネルギーの大量導入が必須の国内情勢になっています。しかし、その実現のためには、エネルギーの生産と消費が整合するような需給システムを構築していくことが必要です。本講演では、民生部門に関して、蓄熱・蓄電による需要の時間調整がもたらすエネルギーの域内自立性の向上と脱炭素化効果について、モデルを用いた研究成果を紹介します。

■16:00〜16:05  質疑・討論  大島昭彦


■16:05〜16:45
『静脈系インフラの可能性』
都市系専攻 教授  鍋島美奈子


静脈系インフラと呼ばれるごみ焼却施設と下水処理場で生成することができる再生可能エネルギーの観点から、自治体の所有する施設や設備を活用したSDGsへの貢献方法とその可能性について解説します。具体的にはディスポーザ導入を想定し、家庭系生ごみを焼却工場で処理する従来の方法から下水処理場での処理に変更した場合のごみ発電量、バイオガス発電量などを試算した事例を紹介します。

■16:45〜16:50  質疑・討論  大島昭彦

■16:50〜16:55 
学術・研究推進本部の活動紹介
URAセンター  山崎基治

■16:55〜17:00
総括・次回テーマについて・閉会挨拶
産学官連携推進委員会委員長  大島昭彦

オンライン開催お申込みに関する注意事項

ライブ配信と会場開催の両方へお申込み頂くことができますが、
当日会場にお越し頂く場合は必ず
こちらのページでお申込みが必要です。

※インターネット回線や動画配信プラットフォームの状況、その他視聴者のデバイス環境等により、映像が途切れる、停止する等正常に視聴できないことが想定されますが、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害について、当財団は一切責任を負いません。

※動画再生や視聴にはデータ通信を行うため、お客さまにご負担いただく通信費用が発生します。なお、発生したデータ通信費用について当財団は一切責任を負いません。

※講演者や事業者の説明内容・事業内容・経営状況、配布・添付資料、事業者の商品・技術・サービス及び事業者との商談・取引・契約などについて、当財団は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、当財団は一切責任を負いません。

ページの先頭へ戻る

視聴・通信に関する注意事項

・高速で安定したインターネット環境下でご視聴ください。ルーターとの間に障害物がある場所、人混みやコンクリートで囲まれた場所などは視聴環境が不安定となる原因となります。お客様において、スムーズにインターネットを使用できる環境のご用意をお願いいたします。
・インターネット接続要件
最も低画質であるSD 360pを視聴するのに1 Mbps以上の安定した通信スピードが必要です。帯幅域は予期せず変動することがあるため、高画質の動画をストリームするには5 Mbps以上の高速専用インターネットプランの使用を推奨しています。イーサネット経由の配線接続が最も適していますが、WiFiを使用したい場合はお使いのルーターが正しく構成されており、ネットワークが他のデバイスと共有していないこと (ISPに支払う開始スピードを制限します) をご確認ください。
・視聴に関わるインターネット通信費用はお客様のご負担となります。データ通信料が多くなることが想定されるため、使用制限のないWi-Fiプランのご利用などを推奨いたします。
・Skypeなど別のアプリが起動している場合、カメラ・マイクなどがそちらで使用されてしまいWebexで不調となる場合があります。お手数ですが同様のアプリは一旦閉じてからお試し下さい。
・視聴にあたっての技術的なお問合せにつきましては、当財団はご回答いたしかねます。
・インターネット回線や動画配信システムの状況、視聴者のデバイス環境等により、映像が途切れる、停止する等正常に視聴できないことが想定されますが、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害について、当財団は一切責任を負いません。

ページの先頭へ戻る

その他注意事項・免責事項

・本動画配信にかかる映像、画像、資料又は音声をコピー、公衆送信、伝達、譲渡、頒布、貸与等、改変、翻案等すること(ダウンロード可能な資料を除く、静止画によるキャプチャを含みます。)は、お断りさせていただきます(本動画を配信する動画配信プラットフォームにおいて特に認められている場合を除く)。

動画配信される映像・画像・資料・音声などにかかる著作権及び著作者人格権は、講演者、公益財団法人大阪産業局(以下「当財団」といいます)等関係者に帰属します。
・本動画配信の情報の全部又は一部を、講演者、当財団等の著作権者、著作者の許諾を得ずに、コピー、配信等に利用することは、著作権、著作者人格権を侵害する行為であり、刑事責任を問われる可能性があります。
また、動画配信にかかる映像の無断利用、無断転載は、講演者等の肖像権などを侵害することにもなります。
・本動画セミナーへの参加及び<その他注意事項・免責事項>に関する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。

ページの先頭へ戻る

次回テーマ

第87-88回「オープン・ラボラトリー」メインテーマ
『都市科学教育研究センター(CUES)がめざすSDGsの科学』

第88回テーマ

「都市生態系とSDGsの行方 〜予測・評価とその実践に向けて〜」


2022年1月17日(月)
大阪産業創造館6F 会議室AB


「気候変動の緩和・適応に向けた都市生態系の捉え方と評価・予測」に焦点を当て、モデルや観測の視点から「水・廃棄物循環と創エネルギー」、「沿岸水域がもたらす気候変動緩和と豊かな生態系の両得」、「台風被害予測と太陽光発電持続利用」そして、分野横断的なデータ分析の視点から、空間情報技術GISの活用研究についてご紹介します。

ページの先頭へ戻る

お客様の情報について

お申込みいただくお客様の情報は、共催の大阪市立大学と共有させていただきますので、ご了承の上、お申込みください。

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになれらましても、申込受付はいたしかねます。ご了承ください。
    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。
    ●お申込みいただくお客様の情報は、共催の大阪市立大学担当者及び発表者にも共有させていただきますので、ご了承の上お申込みください

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。