【大阪公立大学「オープンラボラトリー」】<ライブ配信>光・熱に反応する機能性材料|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[38166]

【大阪公立大学「オープンラボラトリー」】
<ライブ配信>光・熱に反応する機能性材料

No.38166

お電話・メールでのお申込受付はしておりません。
すでにユーザーIDをお持ちの方は、下記の「申込む」ボタンよりお申込み下さい。

イベント・セミナー申込に関するよくある質問はこちら

申込む

  • Facebookでシェア

開催日時 2022年10月14日(金) 13:30-17:00
開催場所 オンライン開催 ※Cisco Webex Eventsを使用します。※申込された方に、配信前までに視聴URL等をお送りいたします。
申込締切日 2022年10月13日(木) 13:00
料金 無料 
 ★ユーザー登録1件につき1名様しか参加できません
※データ通信にかかる費用は参加される方の自己負担となります。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

もしくは
大阪公立大学大学院工学研究科産学官連携推進委員会
大阪公立大学URAセンター
〒558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138
TEL: 06-6605-3550 FAX: 06-6605-2058
E-MAIL: sangaku@ado.osaka-cu.ac.jp
大阪公立大学 https://www.omu.ac.jp/
大阪公立大学大学院工学研究科 https://www.omu.ac.jp/eng/

申込む

主催:大阪公立大学大学院工学研究科/大阪公立大学URAセンター/大阪産業創造館(公益財団法人大阪産業局)

申込と参加方法

本ライブ配信セミナーは「Cisco Webex Events」を使用して行います。
視聴可能なPCもしくはスマートフォンとネットワーク環境が必要です。


ライブ配信視聴をご希望の方は、当ページよりお申込みいただけます。
受講用URLは、配信日までにユーザー登録されているメールアドレス宛にご案内致します。



※ご利用条件・免責事項をお読みいただき、ご了承いただけましたらお申込みにお進みください。

ページの先頭へ戻る

=============
オンライン受講に当たって
=============

視聴方法手順の詳細は下記URLよりご確認ください。
https://www.sansokan.jp/eveoubo/temporary/20220331_webexevents_manual2020.pdf

ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
初めての方はこちらにて、インターネット接続のテストをお願い致します。

・参加者の皆さまはビデオ、音声をミュート設定とし、登壇者のみが表示されている状態で進行いたします。
・質疑応答 : Webexのチャット機能を活用しての対応を予定しています。
・講演資料 : 受講アンケートにご回答頂いた方にのみに、ご提供を予定しています。

※事前にお申込みのない方は、ご視聴できません。


■Cisco社から発表されているシステム最少要件は下記ページでご確認ください。
≪パソコンで視聴される方はこちら≫
≪モバイルアプリで利用される方はこちら≫

オープンラボラトリーとは?

産学官連携をめざす“出前”研究室
大阪公立大学大学院工学研究科は、産業界、社会との活発な交流を通して大学における基礎研究のさらなる発展を期するとともに、有機的な「産」・「学」・「官」のパートナーシップを築き、萌芽的、挑戦的な応用研究の開拓によって、大阪市・堺市を中心とする地域に密着した新しい産業の創生と育成、都市大阪の再生に積極的な役割を果たすことをめざして重点研究部門についての最新の研究成果、これまで培ってきた基礎研究の成果を、“出前”研究室という形で広く社会に発信いたします。

ページの先頭へ戻る

今回のテーマ

メインテーマ
『化学バイオ工学分野における最新研究』


化学バイオ工学分野における最新研究を2回に分けてご紹介します。
第89回では、2013年度から工学研究科で立ち上げたプロジェクト研究の一つ「環境エネルギー関連研究」の最新研究内容をご紹介します。
第90回では、「光・熱に反応する機能性材料」と題して、3名の講師より、フォトクロミック材料、易解体性接着材料、感光性高分子材料(レジスト)について、最新研究をご紹介します。


第90回テーマ

「光・熱に反応する機能性材料」

第90回では、光・熱に反応する機能性材料としては色々なものがありますが、ここでは、フォトクロミック材料、易解体性接着材料、感光性高分子材料(レジスト)と全く異なりますが、それぞれの研究者の専門分野において、最新研究をご紹介します。

ページの先頭へ戻る

プログラム

■13:30〜13:35
 開会挨拶・本日のテーマについて
 産学官連携推進委員会副委員長  大島昭彦


■13:35〜14:25
『光や熱に応答するフォトクロミック分子センサー』
物質化学生命系専攻 教授  小畠誠也


光に応答して構造変化を示すフォトクロミック分子は可逆な色変化を示すことから紫外線センサー、温度センサー、スイッチング素子などへの応用が期待されます。本講演では、フォトクロミック化合物の中で、可逆反応の繰り返し耐久性に優れたジアリールエテンを用いた光や熱に応答する分子センサーについて紹介します。フォトクロミック分子を用いた紫外線センサーや温度センサーは電子回路を必要としない簡便なセンサーラベルとして利用できます。また、微小な結晶を利用したマイクロサイズのフォトアクチュエーターについても紹介します。

■14:25〜14:30  質疑・討論  大島昭彦

■14:30〜14:40  休憩(10分間)

■14:40〜15:30
『次世代型易解体性接着材料の開発』
物質化学生命系専攻 教授  佐藤絵理子


接着後に任意のタイミングで接着強度を低下させられる易解体性接着材料は、異種材料の分別回収や不良部品の交換、製造工程での仮接着による生産性向上に貢献でき、高い注目を集めています。材料の複合化や高密度化が進む中、界面剥離による解体や解体後の再接着性など易解体性接着材料に求められる性能も多用化しています。本講演では、反応性高分子の設計に基づく高機能な易解体性接着材料の開発について紹介します。

■15:30〜15:35  質疑・討論  大島昭彦

ページの先頭へ戻る

■15:35〜15:45  休憩(10分間)

■15:45〜16:35
『半導体後工程用レジストの開発』
物質化学生命系専攻 教授  堀邊英夫


半導体、液晶デバイスの高密度化は著しい速度で進展しており、より微細なパターンを短時間で加工するには、高解像度・高感度の感光性高分子材料(レジスト)の開発が重要です。具体的には、半導体の後工程で使用される厚膜レジストを開発しています。本レジストは3成分化学増幅型レジスト(ベースポリマー、溶解抑制剤、酸発生剤)で、ベースポリマーにはノボラック樹脂を用いています。本講演では、溶解抑制剤の化学構造とレジストの感度・解像度との関係について紹介します。私自身は大学に異動する前は電機メーカにおり、そこで、16M、64MDRAM用の化学増幅型レジストの材料・プロセス開発に携わりました。

■16:35〜16:40  質疑・討論  大島昭彦

■16:45〜16:55 
学術研究推進本部の活動紹介
URAセンター  山崎基治

■16:55〜17:00
総括・次回テーマについて・閉会挨拶
産学官連携推進委員会副委員長  大島昭彦

オンライン開催お申込みに関する注意事項

ライブ配信と会場開催の両方へお申込み頂くことができますが、
当日会場にお越し頂く場合は必ず
こちらのページでお申込みが必要です。

※インターネット回線や動画配信プラットフォームの状況、その他視聴者のデバイス環境等により、映像が途切れる、停止する等正常に視聴できないことが想定されますが、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害について、当財団は一切責任を負いません。

※動画再生や視聴にはデータ通信を行うため、お客さまにご負担いただく通信費用が発生します。なお、発生したデータ通信費用について当財団は一切責任を負いません。

※講演者や事業者の説明内容・事業内容・経営状況、配布・添付資料、事業者の商品・技術・サービス及び事業者との商談・取引・契約などについて、当財団は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、当財団は一切責任を負いません。

ページの先頭へ戻る

視聴・通信に関する注意事項

・高速で安定したインターネット環境下でご視聴ください。ルーターとの間に障害物がある場所、人混みやコンクリートで囲まれた場所などは視聴環境が不安定となる原因となります。お客様において、スムーズにインターネットを使用できる環境のご用意をお願いいたします。
・インターネット接続要件
最も低画質であるSD 360pを視聴するのに1 Mbps以上の安定した通信スピードが必要です。帯幅域は予期せず変動することがあるため、高画質の動画をストリームするには5 Mbps以上の高速専用インターネットプランの使用を推奨しています。イーサネット経由の配線接続が最も適していますが、WiFiを使用したい場合はお使いのルーターが正しく構成されており、ネットワークが他のデバイスと共有していないこと (ISPに支払う開始スピードを制限します) をご確認ください。
・視聴に関わるインターネット通信費用はお客様のご負担となります。データ通信料が多くなることが想定されるため、使用制限のないWi-Fiプランのご利用などを推奨いたします。
・Skypeなど別のアプリが起動している場合、カメラ・マイクなどがそちらで使用されてしまいWebexで不調となる場合があります。お手数ですが同様のアプリは一旦閉じてからお試し下さい。
・視聴にあたっての技術的なお問合せにつきましては、当財団はご回答いたしかねます。
・インターネット回線や動画配信システムの状況、視聴者のデバイス環境等により、映像が途切れる、停止する等正常に視聴できないことが想定されますが、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害について、当財団は一切責任を負いません。

ページの先頭へ戻る

その他注意事項・免責事項

・本動画配信にかかる映像、画像、資料又は音声をコピー、公衆送信、伝達、譲渡、頒布、貸与等、改変、翻案等すること(ダウンロード可能な資料を除く、静止画によるキャプチャを含みます。)は、お断りさせていただきます(本動画を配信する動画配信プラットフォームにおいて特に認められている場合を除く)。

動画配信される映像・画像・資料・音声などにかかる著作権及び著作者人格権は、講演者、公益財団法人大阪産業局(以下「当財団」といいます)等関係者に帰属します。
・本動画配信の情報の全部又は一部を、講演者、当財団等の著作権者、著作者の許諾を得ずに、コピー、配信等に利用することは、著作権、著作者人格権を侵害する行為であり、刑事責任を問われる可能性があります。
また、動画配信にかかる映像の無断利用、無断転載は、講演者等の肖像権などを侵害することにもなります。
・本動画セミナーへの参加及び<その他注意事項・免責事項>に関する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。

ページの先頭へ戻る

次回テーマ

第91回テーマ

「医療と健康におけるプラズマ技術」


2023年1月13日(金)13:30〜17:00
大阪産業創造館5F 研修室AB


第91回では、「医療と健康におけるプラズマ技術」と題して、本学で行っているプラズマ医療に関する研究をご紹介します。特に低温大気圧プラズマの医療応用の全般的な話から癌治療・再生医療・免疫活性など専門分野への応用例を工学と医学の専門分野から4名の講師を招いてご紹介します。
ガス放電プラズマが専門の二人の研究者からはプラズマの基礎から応用までの国内外の研究の流れをご紹介します。医学を背景としている二人の専門医からは、プラズマの実際の使用経験をもとにプラズマの医療応用例をご紹介します。

ページの先頭へ戻る

個人情報の取り扱いについて

本セミナーは大阪産業創造館(公益財団法人大阪産業局)・大阪公立大学の共催となります。
お申込み者様のユーザー情報は大阪産業創造館・大阪公立大学にて共有させていただきます。

下記、利用目的等で使用します。
・本セミナーでの使用
・共催機関からの各種セミナーをご案内

上記ご了承の上、お申込みください。

各機関の個人情報に関するプライバシーポリシーに則り、適切に運用させていただきます。
大阪産業創造館 個人情報保護方針
大阪公立大学 個人情報保護方針

ページの先頭へ戻る

大阪産業創造館の周辺地図



Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになれらましても、申込受付はいたしかねます。ご了承ください。
    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。
    ●お申込みいただくお客様の情報は、共催の大阪市立大学担当者及び発表者にも共有させていただきますので、ご了承の上お申込みください

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 中止や開催方法を変更する場合は、WEBサイトへの掲示およびお申込いただいた皆さまにはメールにてご連絡いたしますので、ご確認をお願いいたします。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

申込む