【経営ゼミ】逆境に強い会社をつくる 『B/S経営』|イベント・セミナー申込画面|大阪産業創造館

中小企業の経営者・起業家の皆様を支援する機関。大阪産業創造館(サンソウカン)

イベントカレンダー > イベントNo.[31626]

このイベントの受付は終了いたしました。

当ページに掲載している情報は、開催当時のものとなり、現在とは内容が異なる場合がございます。ご了承ください。

【経営ゼミ】
逆境に強い会社をつくる 『B/S経営』

No.31626

  • Facebookでシェア

関連するその他のセミナー・イベントはこちら

対象 中小企業経営者・経営幹部

※経営者(決定権のある方)を含め1社2〜3名でのご参加を推奨します。ただし、お一人でのお申し込みを妨げるものではありません。
※対象外の方、士業・経営コンサルタントなど当館が経営の専門家と認める方のお申込・ご参加は、お断りいたします。
開催日時 第1回 : 2021年1月22日(金) 18:30-21:00
第2回 : 2021年2月5日(金) 18:30-21:00
第3回 : 2021年2月18日(木) 18:30-21:00
第4回 : 2021年3月5日(金) 18:30-21:00
第5回 : 2021年3月19日(金) 18:30-21:00
開催場所 大阪産業創造館5F 研修室AB
定員 15名
 ※最少催行人数に満たない場合、開催しない場合があります。※定員を超えるお申込があった場合には、大阪市内中小企業の対象者を優先の上、抽選にて受講者を決定します。
講師 松﨑 光弘 氏
株式会社知識創発研究所 代表取締役
宮城学院女子大学 学長直属特命教授
博士(学術)
申込締切日 2021年1月12日(火) 
料金 20,000円/名 
 消費税込み
 お支払済の受講料は返金できませんのでご了承の上お申込み下さい
※同一企業で2人目以降のご参加者の受講料は15,000円/1名(税込)となります。※1社につき3名まで受講いただけます。※お申込みは企業ごとにお手続きください。
お支払方法 事前お振込み
要事前振込。受講が決定した方にのみ、振込先等をご連絡します。
お問合せ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00‐17:30 (祝日除く)
交通機関:Osaka Metro「堺筋本町駅」下車
「中央線」1号出口「堺筋線」12号出口 各徒歩約5分

ご参加の皆さまへご案内とお願い

新型コロナウイルス感染症等の感染防止のため、
イベント申込および参加時には下記の「イベント・セミナー参加の皆さまへご案内とお願い」
をお読みいただき、ご了承の上、お申込・ご参加ください。


イベント・セミナー参加の皆さまへご案内とお願い

ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

長期的な会社の存続・発展に意識を向けるB/S(貸借対照表)重視の経営とは?


刻々と変化する経営環境。
時には、リーマンショックや新型コロナウイルス感染症拡大のような、それまでのビジネスモデルが崩れ、売り上げの大半が失われる事態を引き起こすこともあります。
しかしながら、このような時にも動じることなく、積極的に展開できる企業も存在します。
それらの企業の共通点の一つが『強固な財務基盤』です。

『強固な財務基盤』を創るには、経営者だけが利益を追求するのではなく、会社全体が利益体質になることが重要です。

本講座では、その変化への第一歩として、
・短期的な利益を追求するP/L(損益計算書)重視の経営から、B/S(貸借対照表)重視の経営に切り替える
・自社のあるべき姿をB/Sで表現し、追求すべき目標を明確にし、効果的なマネジメントを行う
・時にはビジネスモデルの変革もためらわず、新たな価値を生み出すイノベーションを起こす

ことができる会社をめざす『B/S経営』の考え方や手法を学びます。

今こそ「B/S経営」で、逆境を跳ね返す強い会社づくりに取り組みませんか?

カリキュラム

【第1回】P/L経営からB/S経営へ思想の転換
・財務的に安定し社員の自発性が高まるB/S経営とは
・経営者目線で見る決算書の意味
・P/L重視の経営とB/S重視の経営の違い

ページの先頭へ戻る

【第2回】理想のB/Sを創る
・強くてよい会社のB/Sとは
・B/Sの形を整えるプロセスとすべきことの考察
・ビジョンが実現した時のB/Sを描く

【第3回】B/S経営人材の育成
・社員が経営者の視点とスキルに近づくためのオープンブック・マネジメント
・社員の成長レベルに応じた権限委譲とマネジメントの手法
【第4回】新たな事業を創る
・収益性向上のためのビジネスモデルの変換ポイント
・新たな価値を生み出すイノベーションのプロセス

【第5回】BSビジョン実現に向けて

・BSビジョン実現の道筋の整理
・「BS経営塾ビジョン実現シート」の作成

講師プロフィール

松﨑 光弘(まつざき みつひろ)氏
株式会社知識創発研究所 代表取締役
宮城学院女子大学 学長直属特命教授
博士(学術)


1965年大阪生まれ。

34歳で国内最年少クラスの経営学部教授になり41歳で退職。

経産省、内閣府、中小企業庁、外資系企業等のプロジェクトで経営革新と組織開発/人材開発のカリキュラム開発およびコーディネーター養成を担当。

また、大手外資系企業による全国の中小企業経営革新プログラムや、宮城県の産官学連携プロジェクト(文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」)に取り組む。
複雑適応系理論を核に、学習理論や管理会計を織り込んだプログラムを企業だけでなく自治体や大学にも提供。
セミナーや研修は年間数十本。

学習理論に基づいて講義とワークを効果的に組み合わせることで、「いつの間にか真剣に考えてしまう」内容になっている。

ページの先頭へ戻る

注意事項

※注意事項※

    ●お申込はお一人様につき一件のみ承っています。
    お連れ様がいらっしゃる場合は別途ユーザー登録の上、お申込をお願いいたします。下記アンケート回答欄に、お連れ様の出席希望をお書きになれらましても、申込受付はいたしかねます。ご了承ください。
    --------------------------------------------------------
    ●報道関係者などの事前承認を受けた方を除き、当館が主催するセミナー・イベントの無断録音・撮影は禁止されています。

キャンセルについて

  • セミナーなどお席に限りがある催事について、ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセル処理をしていただきますようお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

  • 諸般の事情により、このセミナー(イベント)をやむを得ず変更又は中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 申込状況や会場の都合により、受入定員を変更することがあります。
  • 本イベントへの参加、出展者並びに参加者の責に帰す本イベント会場内での事故、出展事業者の説明内容・事業内容・経営状況、出展事業者の商品・技術・サービス及び出展事業者との商談・取引・契約などについて、公益財団法人大阪産業局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、一切責任を負いません。

関連サービス(イベント・セミナー・商談会など)